【2020年最新】iPadの失敗しない選び方! 種類別の違いやおすすめモデルは?

nike(ニケ)
いつもご覧いただきありがとうございます!nikeです。
今回はiPadの選び方について。
「iPadに興味はあるけれど、いまいちどれを選んでいいかわからない…」

iPad ProやiPad mini、何もついてないただのiPadなど、違いが分かりづらくなっています。

僕もはじめはよくわからないながら、iPad miniやiPad Proを合わせて3年以上使用してきて、今ではなくてはならないアイテムとなりました!

現在はiPad Pro11インチを1年半以上愛用しています。

ただ、選び方を間違えてしまうと、
「いまいち使ってないな。。」
「値段は高かったのでもったいない。」
という損をした気持ちになってしまうこともあるので、今の自分にふさわしいiPadがいったいどれなのか、各モデルの違いや用途別のおすすめを解説していきます。

今購入できるiPad一覧と用途別のおすすめ

モデル おすすめの使用用途
iPad Pro 12.9インチ ☑大きな画面と高音質なスピーカーで動画を楽しみたい
☑イラストや動画編集などクリエイティブな用途で使うことが多い
☑どちらかというと、持ち運ぶことは少ない
☑PCに近い感じで使いたい[/box]
iPad Pro 11インチ ☑画質や音質にこだわりたい
☑写真・動画の編集やイラストなどの趣味がある/やってみたい
☑家でも外出時にも万能に使いたい
☑Apple Pencilは第2世代がいい!
iPad Air 10.5インチ ☑コスパよくiPadを楽しみたい
☑写真の編集もスマホより大きな画面で!
☑ノートなどApple Pencilを活用したい
☑サクッと持ち運びたい
iPad 10.2インチ(第7世代) ☑動画視聴や雑誌閲覧がメイン
☑iPhoneで撮った写真を大画面で見たい
☑スペックよりも値段が最優先
☑持ち運んで使うことが多い
iPad mini(第5世代) ☑iPhoneだと画面が小さくて物足りない
☑読書端末としてのiPad
☑外部キーボードで外出時にも執筆
☑軽さと携帯性が最重要!

 

公式にて現在購入できる端末はこちらの5機種。

それぞれ用途別におすすめをまとめました。

いまいち自分にどれがいいか、はっきりわかりづらい!という方は、ここからより細かく違いや特徴について、比較していますので、ぜひ参考にしてみてください。

iPadの主なスペックや対応機器、価格を一気に比較

iPad Pro 12.9
インチ
iPad Pro 11
インチ
iPad Air 10.5
インチ
iPad 10.2インチ(第7世代) iPad mini
(第5世代)
容量 64/256/512/1TB 64/256/512/1TB 64/256 32/128 64/256
重さ 633 g 468 g 456 g 483 g 298 g
Apple Pencil 第2世代 第2世代 第1世代 第1世代 第1世代
キーボード スマートキーボードフォリオ スマートキーボードフォリオ スマートキーボード スマートキーボード ※Bluetoothのみ
CPU A12X A12X A12 A10 A12
認証 Face ID Face ID Touch ID Touch ID Touch ID
お値段 111,800円~ 89,800円~ 54,800円~ 34,800円~ 45,800円~

 

価格をはじめとして、容量や周辺機器など多くの項目で、Proとそれ以外で大きく異なっていることがわかります。

この時点で、Proを選ぶべきかどうかという観点が1つポイントになりそうですね!

ここからより詳細に違いを比べていきます。

 

iPad各モデルの違いを細かく比較!

大きさと重さ

iPad Pro12.9インチとiPad mini以外については、大差がありません。

iPad Pro12.9インチについては、わかりやすくデカくて重いという感覚。

もちろんノートPCと比べると軽いので、持ち運べないことはないです。

ただ、ノートPCと両方持ち出すとなると、かなりの重量になります。

日常でパッと手持ちするときにも、ズシンと重さを感じるので、扱いやすさとしてはPCに近いのかもしれません。

nike(ニケ)
動画視聴がメインで大画面が良い方、デザイン系の作業をされる方は12.9インチがおすすめですよ!

iPad miniについては、なんといっても片手に収まるコンパクトさが魅力的!

書籍など読書など、外出時にも手軽にでき、同時に動画視聴やタブレットとしての機能も欲しいという方はminiサイズがいいかもしれません!

液晶画面の品質の差

さすがAppleという感じで、ディスプレイの質は非常に高いです。

中でも、iPad ProのLiquid Retinaディスプレイは液晶とは思えないほど美しいです。

ただ、驚くべきはiPad AirやiPad mini5にも、Proと変わらない高色域や反射防止コーティングが搭載されていること。

Proと異なるのは、リフレッシュレートと呼ばれる数字が半分の60Hzである点。

リフレッシュレートとは、動きの滑らかさの数字。
一般的なモニターの数字が60だと言われています。

一方で、iPad 10.2インチ(第7世代)はあくまで普通の液晶ディスプレイです。

せっかくタブレットを使うのであれば、少しもったいない気はします。

僕と同じく、写真をiPadで現像される方や、映画などをより高画質で観たいという方は、一度Proにすると戻れなくなると思います。

セキュリティーはFace ID派?Touch ID派?

ホームボタンを廃止してTouch IDをなくすことで、よりベゼルが狭くなりますが、意外とデメリットも多くて。。

スピードとしてはTouch IDのほうが速いです。

そして、Face IDは顔との距離や角度に限界があったり、マスクに対応していなかったりします。

結論として、これは好き嫌いかなというところです。

ただ、仮にProにどちらの選択肢もあったとしたら、僕はより画面がスマートなFace IDを選択すると思います。

コンピュータの性能差(CPUプロセッサ)

Apple A12X BIONIC TIP

チップについて、ベンチマークのスコアとしてはそれなりに差がありますが、実際のところA12XとA12ではほぼ差がありません。

強いて言うと、3Dの処理や動画の書き出しで少し差が出る程度です。

A10を採用しているiPadは、ブラウジングにおいても1テンポ常に遅れるくらい。

スピーカー(=音質)の違いはかなり大きい

スピーカーの差は重要なポイント!!

スピーカーの数がProは4つ、それ以外は2つという違い。

そして搭載されている位置も、Proでは上下ともに配置されています。

それによって、周りを取り囲むようなサラウンドな音の広がりで臨場感がすごい。

僕は音楽をスピーカーなどつながず、基本的にiPadのSpotifyで部屋で流して楽しんでします。

音量を上げていっても割れたりしにくく、迫力サウンドを楽しむことができる。

特に音楽や映画鑑賞で音質を気にされる方は、絶対Proが正解です。

Wi-FiモデルかWi-Fi + Cellularモデルか

この違いは、SIMカードを差せるかどうか?

つまり、iPad単体で通信できたほうがいいかということです。

しかし、セルラーモデルにすると料金が変わるので、それも考慮しなければいけません。

料金差はとしては、だいたい15,000円程度

結論、メールやLINEなど連絡手段も含めて使用される方はセルラーにしたほうがいいと思います。

各キャリアなどで、数百円円追加したりするとSIMだけ追加できたり、スマホの契約とデータをシェアできるようなプランがあるはずです。

連絡手段として使用する場合は、いちいちWiFiにつないだりせず、タイムリーなやりとりが必要になるので、迷われた方はセルラーモデルを選んでおいて間違いないでしょう!

iPadのストレージ容量と価格について【やっぱり高い】

※Wi-Fiモデル iPad Pro iPad Air iPad(第7世代) iPad mini(第5世代)
サイズ 12.9 11 10.5 10.2 7.9
32GB 34,800円
64GB 111,800円 89,800円 54,800円 45,800円
128GB 44,800円
256GB 128,800円 106,800円 71,800円 62,800円
512GB 150,800円 128,800円
1TB 194,800円 172,800円

ストレージと価格だけ抜粋して記載しました。

こうみると、やはりProシリーズが頭抜けて価格が高いです。

1TBのiPad Pro12インチなんて、かなり良いスペックのPC買えますね(笑)

僕は現在iPad Pro11インチ、256GBのモデルを使用しています。

容量に関して、たとえ写真や動画など、重めのファイルを使う予定がなくても、最低の最低で128GBは必須です。

アプリやバックアップで意外と容量を消費しますし、ぎりぎりで使っていると動作が重くなります。

ただ128GBは1種類しかないので、必然的に256GBというのが最も可能性が高くなります。

nike(ニケ)
iPadはあとから増量できないので、迷ったら1つ上の容量を選んだほうが後悔はないはず!

【超重要】周辺機器がiPadの種類によって変わります

Apple Pencil

最新のApple Pencil2を使用できるのは、iPad Proだけです。

1と2の違いは、細かな性能や機能の差もありますが、扱いやすさが最大のポイント!

第2世代のほうは、写真のとおり一部が平面になっており、それをiPadの右側面に張り付けることで充電可能となっています。

これがスマートでとてもラク!

また、平面のおかげで机のうえで転がり続けることもありません。

一方で、第1世代の場合は、ペン上部にライトニング端子があり、それをiPadに突き刺して充電します。

2のようにカバンに入れながら充電しておくことはできませんし、かなりバランスが悪く、端子が折れて詰まってしまったというハプニングも少なくありません。

Apple Pencilも頻繁に使う可能性のある方は、第2世代が使用できるProのほうがベターですね。

ただ、性能的にかなり差があるわけではないので、ここはお財布と相談。。

キーボード

miniを除いて、Proかそうでないかで分かれています。

「スマートキーボードフォリオ」「スマートキーボード」の違いは、

背面までカバーしているかどうか

軽さを重視する人は表面だけのスマートキーボード派の人もいます。

反対に、なんで後ろ守ってくれないの?という人もいるので、これは好き好き。

ちなみに、僕はProと同時にフォリオをはじめに購入しました。

ただ、キーボードの精度としては高かったのですが、長文を打つとなると少ししんどいところもありました。

現在はBluetoothでMagic Keyboardを愛用しています。

iPadでメールなどをされる方は、開いてすぐにタイピングができるスマートキーボードシリーズのほうがいいと思います。

レポートを書いたり、ブログを書いたり、タイピングで使う場面が限定されている場合は、外付けのMagic Keyboardという選択肢もありです。

【結論】iPadはどれを選び方を選ぶのがおすすめ?

iPad Pro 12.9インチがおすすめな人!

iPad Pro12.9インチの適正項目

☑大きな画面と高音質なスピーカーで動画を楽しみたい
☑イラストや動画編集などクリエイティブな用途で使うことが多い
☑どちらかというと、持ち運ぶことは少ない
☑PCに近い感じで使いたい

画面が大きくなると、いろんな作業や楽しみ方に差が出てきます。

映画を観るときの、11インチと12.9インチの差は大きいですし、特にイラストやデザイン系の仕事をiPadでされる方が、特に12.9インチを好んで愛用されています。

170g程度の差なら、大きいほうを優先したい!

という方はiPad Pro12.9インチがおすすめ!!

 

iPad Pro 11インチがおすすめな人!

iPad Pro11インチの適正項目

☑画質や音質にこだわりたい
☑写真・動画の編集やイラストなどの趣味がある/やってみたい
☑家でも外出時にも万能に使いたい
☑Apple Pencilは第2世代がいい!

iPad Pro 11インチは、最高のスペックを持ちながら万能に使うことができるモデルです。

少なくとも、このモデルを選んで後悔するということはほぼないはず!

値段だけが厳しくて下位モデルを検討されている方は、先のことを考えるとこちらのほうがおすすめ!

 

iPad Air 3(10.5インチ)がおすすめな人!

iPad Air3の適正項目

☑コスパよくiPadを楽しみたい
☑写真の編集もスマホより大きな画面で!
☑ノートなどApple Pencilを活用したい
☑サクッと持ち運びたい

iPad Air3は、価格・スペック・周辺機器ともに最もバランスがとれたミドルクラス端末です。

価格も抑えながら、iPadのポテンシャルを一通り楽しめるモデルに仕上がっています。

そこまでプロのような作業はしないけど、多少クリエイティブに楽しみたいという方にはおすすめ!

iPad Proだと確実にオーバースペックという方はこちらが良いと思います!

iPad 10.2(無印iPad)がおすすめな人!

 

iPad10.2インチの適正項目

☑動画視聴や雑誌閲覧がメイン
☑iPhoneで撮った写真を大画面で見たい
☑スペックよりも値段が最優先
☑持ち運んで使うことが多い

iPad10.2インチは、価格をなるべく落としてより多くの人にiPadを使ってもらうための入門機です。

予算的に上位モデルは無理だけど、iPad欲しい!という方にはおすすめ。

ただ、本来のiPadのクリエイティブな楽しみ方がかなり限定されてしまうのも事実です。

なので、動画視聴や雑誌、Apple Pencilと簡単なノートをとる、くらいの作業のみしか考えていない場合は、iPad10.2インチで問題ないと思います!

iPad mini5がおすすめな人!

 

iPad mini5の適正項目

☑iPhoneだと画面が小さくて物足りない
☑読書端末としてのiPad
☑外部キーボードで外出時にも執筆
☑軽さと携帯性が最重要!

iPad mini5は、iPadの機能をコンパクトにギュッと凝縮した1台です。

凄いのが、ただ小さいだけでなく、中身も優秀なんですよね。

よくあるパターンとして、AmazonのKindle Fireだと、読書しかできないので、タブレットとしての機能も兼用で使いたいという読書好きな方が選ばれている印象。

スマートキーボードは使えませんが、Magic Keyboardと持ち運んで、外でもメールやレポートなど文章を手軽にできるというのも魅力的。

iPadの失敗しない選び方まとめ|決めるときの考え方

モデル おすすめの使用用途
iPad Pro 12.9インチ ☑大きな画面と高音質なスピーカーで動画を楽しみたい
☑イラストや動画編集などクリエイティブな用途で使うことが多い
☑どちらかというと、持ち運ぶことは少ない
☑PCに近い感じで使いたい[/box]
iPad Pro 11インチ ☑画質や音質にこだわりたい
☑写真・動画の編集やイラストなどの趣味がある/やってみたい
☑家でも外出時にも万能に使いたい
☑Apple Pencilは第2世代がいい!
iPad Air 10.5インチ ☑コスパよくiPadを楽しみたい
☑写真の編集もスマホより大きな画面で!
☑ノートなどApple Pencilを活用したい
☑サクッと持ち運びたい
iPad 10.2インチ(第7世代) ☑動画視聴や雑誌閲覧がメイン
☑iPhoneで撮った写真を大画面で見たい
☑スペックよりも値段が最優先
☑持ち運んで使うことが多い
iPad mini(第5世代) ☑iPhoneだと画面が小さくて物足りない
☑読書端末としてのiPad
☑外部キーボードで外出時にも執筆
☑軽さと携帯性が最重要!

iPadの購入を考えるうえで、何から考えていいかよくわからないという方は、下記の順番を一例として参考にしてみてください!

▼予算と機能面から、Proを買うべきかどうか

(Proの場合)
▼携帯性を優先するか、大画面を優先するか
・携帯性➡11インチ
・大画面➡12.9インチ

(Proでない場合)
▼値段と機能を両立
➡iPad Air3

▼とにかく最小限の機能で安さ重視
➡iPad10.2インチ

▼コンパクト×高機能
➡iPad mini5

 

nike(ニケ)
自分にぴったりのiPadは見つかりましたか?
僕も数年iPadを愛用する中で、まだまだ知らないアプリや機能が多く、使っていくうちにiPadの魅力の高さに対する感動が増し続けています。
ぜひiPadと一緒に暮らしを楽しくしましょう!

 

Sponsored Links