iPhoneやiPadにAppleCare+の保険は必要?本当にお得か料金や修理費用を徹底解説!

iPhoneやiPadにAppleCare+の保険は必要?本当にお得か料金や修理費用を徹底解説!【MoNomad】

 

nike(ニケ)
いつもご覧いただきありがとうございます!
Apple製品が生活のインフラになっているnike(ニケ)です。
AppleCare+に入るか迷う人
・iPhoneやiPadを買うときにAppleCare+に入ろうか迷う
・AppleCare+に入ってもいいけど、本当にお得なの?
・iPhoneはAppleCare+に入ったけど、iPadも必要?

このような疑問をお持ちの方に参考になるようまとめています。

iPhoneやiPadなどApple製品を購入するときに迷うのが

AppleCare+の保険に入るかどうか?

正直値段もかなり高めですし、1台ごとに入らないといけないのでとにかく費用がかかる!

 

【結論】

AppleCare+は

・Appleにお金を払いたい瀬戸弘司さんのような方
・どうしてもApple純正のサービスにこだわりのある方

上記以外の方は入らなくてOKです。

「修理代が高いから万が一の時に困る!」

という方はAppleCare+ではなく「モバイル保険」という保険に入ったほうが確実にお得です。

 

本記事の内容
・AppleCare+の保証内容
・実際に壊すと修理費がいくらかかる?
・保険に入っていた場合となしの場合で修理費を比較

結論を言ってしまいましたが、AppleCare+には入る前に必ず考えておくべき注意点もあるので、「絶対に入る!」という方も一読いただけると嬉しいです。

 

 

AppleCare+(iPhone/iPad)の保証内容を再確認!

まずはAppleCare+について、どんな保証なのか改めて確認しておきましょう!

 

AppleCare+に入らなくてもついてくる保証とは?

・購入後1年間のハードウェア製品限定保証
・購入後90日間の無償電話サポート

iPhoneやiPadを購入すると、何もしなくてもこれら2つははじめからついていきます。

 

ただし、ハードウェア製品限定保証はあくまで不具合による自然故障のみが対象となり、落下や水没などの個人の過失は対象外なので注意が必要!

AppleCare+の特徴

AppleCare+に入るとこうなる
・ハードウェア製品限定保証の保証期間が1年→2年に
・無償電話サポートが90日→2年に
・過失や事故による破損時に大幅な減額サポート(2回まで)
→画面のみ破損:3,400円
→画面とその他の損傷:11,800円
※iPadは一律4,400円
・バッテリーの無償交換(80%未満に劣化時のみ)
・プラス2000円で盗難、紛失にも対応のオプション(iPhoneのみ)
・Apple専任スペシャリストへチャットや電話可
・エクスプレス交換サービスで新品と交換できる(iPhoneのみ)

 

AppleCare+に入った際に受けられるサービスを一覧にしました。

ポイントとなる項目を1つずつみていきます!

 

製品限定保証と電話サポートがそれぞれ2年に延長

先ほどの、もともとついていた保証が2年に延長されます。

iPhone本体ではなく付属のイヤホンやLightningケーブルで不具合がでることもあるそうですが、実はこれらの周辺機器も保証対象となっています。

よくあるパターンとして、「付属のLightningケーブルを使っていたら断線して使えなくなってしまった」

こんなときはAppleに連絡すれば無料で交換してもらえます。
(多くの人がめんどくさいので買い替えますが…)

 

保証期間が2年に延長されることで影響を受けるのが、「バッテリー交換」です。

1年以内でバッテリーが80%以下にへたることはありませんが、2年だったらあり得ます。

ただ、今のバッテリーはかなり質が向上しているので、正直2年使って80%以下に劣化する人は少ないです。

 

万が一のときの修理が格安に

 

AppleCare+に入る方の最大の理由は、万が一落としてしまったり、自分の過失で壊してしまったときに修理費用が格安で済むから。

逆に、AppleCare+に入っていないと買い替えたほうがいいくらい高額な修理費がかかります。

下記の表はAppleCare+に入っていなかった場合にかかる修理費の一覧です。

 

iPhone各モデル 画面の修理費 画面とその他の修理費
iPhone 11 Pro Max 35,800 円 64,800 円
iPhone 11 Pro 30,400 円 59,800 円
iPhone 11 21,800 円 43,800 円
iPhone XS Max 35,800 円 64,800 円
iPhone XS 30,400 円 59,800 円
iPhone XR 21,800 円 43,800 円
iPhone X 30,400 円 59,800 円

 

 

iPadについてもみてみましょう!

iPadでは、修理費が分かれていなく、「保証外修理」という項目に統一されています。

保証外修理…自然故障以外の個人の過失による修理

 

iPad各モデル 保証外修理
iPad Pro 12.9 (第3世代) 72,800 円
iPad Pro 12.9 (第1世代・第2世代) 66,800 円
iPad Pro 11 56,800 円
iPad (第5世代 / 第6世代 / 第7世代) 29,800 円
iPad Air 3 43,800 円
iPad mini 5 34,800 円

 

さて、ずらっと数字を並べてみましたが、共通して言えることは、「高すぎる」

これだけです。

新品の半額以上するものが多いので、わざわざ修理する必要あるのかっている感じですよね…

 

次に、AppleCare+に入っているとどうなるのでしょうか?

AppleCare+に入っていた場合の修理費用(過失)
【iPhone】
・画面のみの修理:3,400円(税別)※2回まで
・画面とその他の修理:11,800円(税別)※2回まで

【iPad】
・保証外修理:一律4,400円
※キーボードやApple Pencilも3,400円で修理可能

AppleCare+に入っていない場合の修理費と比べると、圧倒的に格安で済みます。

ただし、2年以内で2回までという条件付きであることと、AppleCare+加入にわりとお金がかかることも要チェックです。

エクスプレス交換サービスで新品と交換できるかも!

こちらはiPhoneのみとなりますが、

・画面とその他の修理:11,800円(税別)※2回まで

 

こちらの修理を受けた際に、新品か新品同様品と追加料金なしで交換できるサービスです。

実際に壊れた場所だけでなく、細かな傷などもすべてリセットされるので、条件に当てはまる場合は遠慮なく使いたいサービスです。

Appleとしても、重症のiPhoneを修理するのは時間も手間もかかるので、こちらのほうがラクということでしょう。

 

AppleCare+のあり・なしで料金をシミュレーション

AppleCare+の料金設定

iPhone/iPad AppleCare+の料金
iPhone 11Pro/11Pro Max
X,XS/XS Max
22,800 円
iPhone 11,XR 16,800 円
iPad Pro 11/12.9 14,800 円
iPad /iPad Air/mini 8,400 円

 

「え?古い端末と最新機種が同じ金額なの?」と疑問に思いますよね!

これは、新しいかどうかではなく、使われているディスプレイの質が有機ELか液晶かで主に決められています。

なかなか高いですよね…

 

nike(ニケ)
ここから実際に壊してしまったパターンを想定して、料金を比較していきます!

AppleCare+の料金には、追加2,000円での盗難紛失プランには入らないともったいないので、iPhoneではそちらを込みにした料金で考えてみます。
※盗難紛失対応はiPhoneのみ追加でつけられます。

ケース①:画面を1回割った場合

iPhone/iPad各モデル 修理費
(AppleCare+なし)
AppleCare+料金
と修理費の合計
差額
iPhone 11 Pro Max 35,800 円 28,200 円 7,600 円
iPhone 11 Pro 30,400 円 28,200 円 2,200 円
iPhone 11 21,800 円 22,200 円 -400 円
iPhone XS Max 35,800 円 28,200 円 7,600 円
iPhone XS 30,400 円 28,200 円 2,200 円
iPhone XR 21,800 円 22,200 円 -400 円
iPhone X 30,400 円 28,200 円 2,200 円
iPad Pro 12.9 (第3世代) 72,800 円 19,200 円 53,600 円
iPad Pro 12.9 (第1,2世代) 66,800 円 19,200 円 47,600 円
iPad Pro 11 56,800 円 19,200 円 37,600 円
iPad (第5~7世代) 29,800 円 12,800 円 17,000 円
iPad Air 3 43,800 円 12,800 円 31,000 円
iPad mini 5 34,800 円 12,800 円 22,000 円

※iPhoneのAppleCare+には追加2,000円の盗難紛失プランを込みにした料金で考えています。

 

元が取れるかどうかでいくと、1回画面を割ってしまった場合はほとんどの機種でお得になります。

特にiPadに関しては、画面割れでも修理費が高額になってしまうので、恩恵を受けやすいですね!

ただし、iPhoneについては意外に差額がないのも事実…!

ケース②:画面以外にも壊した場合

iPhone/iPad各モデル 修理費
(AppleCare+なし)
AppleCare+料金
と修理費の合計
差額
iPhone 11 Pro Max 64,800 円 36.600 円 28,200 円
iPhone 11 Pro 59,800 円 36,600 円 23,200 円
iPhone 11 56,800 円 30,600 円 26,200
iPhone XS Max 64,800 円 36,600 円 28,200 円
iPhone XS 59,800 円 36,600 円 23,200 円
iPhone XR 43,800 円 30,600 円 13,200 円
iPhone X 59,800 円 36,600 円 23,200 円
iPad Pro 12.9 (第3世代) 72,800 円 19,200 円 53,600 円
iPad Pro 12.9 (第1,2世代) 66,800 円 19,200 円 47,600 円
iPad Pro 11 56,800 円 19,200 円 37,600 円
iPad (第5~7世代) 29,800 円 12,800 円 17,000 円
iPad Air 3 43,800 円 12,800 円 31,000 円
iPad mini 5 34,800 円 12,800 円 22,000 円

表面的な画面割れ以外にも故障してしまった場合は、明らかにAppleCare+に入っていたほうがお得な料金であることがわかります。

あとは、2年以内にここまでやらかしてしまう可能性がどれくらいあるかですが、「リスクと価格」という点では、冒頭ご紹介した「モバイル保険」がベストですよ。

 

AppleCare+の注意点|本当にお得なのか考察

ここまでの情報をもとに、AppleCare+がどんな保険なのか改めて整理するとともに、本当にお得なのかを考察したいと思います。

料金的にはない状態で壊してしまうと高額になる、特に比較的新しい機種

壊してしまうことを考えると金額的には絶対に入るべき

「AppleCare+がお得」というよりも、通常の修理費用が高すぎます。

画面割れでも3万、本体も含めると5~6万かかってしまいます。

 

なので、壊してしまう不安のある方は金額だけ見ると入るべきという結論になります。

ただし、このように金額が単純計算できない理由もあります。

それが次の2つ。

AppleCare+は1台ごとに加入する保険

 

AppleCare+の保証期間が2年であることを考える必要があります。

たとえ加入をしても、壊れたタイミングが1日でも期間を過ぎてしまえば、加入するために支払った2万程度のお金はただ払っただけになってしまいます。

さらに、僕のようにiPhoneやiPad、AppleWatchなど複数の端末を持っている人からすると、壊さない自信はないのですが「どれを壊すか」はわかりませんよね。

 

「iPhoneはAppleCare+に入っていたけど、iPadは入っていなかった」

この場合はもちろんAppleCare+の恩恵を受けることはできません。

なので、リスクを避けたいという意味で保険に入るわけなので、入るならどれも入らないとあまり意味がなくなってしまいます。

※もちろんiPadはあまり持ち運ばなくてリスクが低いので入らないという選択もあり!

 

いずれにしても、AppleCare+は1台ごとの保険なので、複数端末入ると3~4万の費用がかかることになります。

 

2年ごとの買い替えとAppleCare+にお世話になる確率

わりと多くの人が、2年程度使って支払いが終わったら新しい機種に買い替えますよね!

その際に、またAppleCare+に入るかどうか選択を迫られるわけです(笑)

 

「この2年は故障がなかったけど、新しいiPhoneをすぐ壊したら嫌だしな…」

こうして、またAppleCare+に加入します。

もちろんそこで「加入しない」という選択をとることもできますが、意外に入っている人は半永久的に入り続けるというのがAppleCare+の特徴。

 

AppleCare+の恩恵を受ける確率ってどれくらいになるでしょうか?

たとえば、iPhoneをそのまま裸で使っている人は確かにリスクが高そうです。

2年で2回くらいは想定できそうですよね。

ただ、ケースや保護ガラスをつけて使用している人が、大やらかし」をしてしまう確率って、2年に1回よりも少なくて、3,4年に1回の稀な状況の方が多い気がします。

 

そうなると、事実上AppleCare+にかかる費用は2倍なので、損得を判断するのも変わってきます。

先ほど検証した差額を見てみると、

ケース②の場合は差額が2万以上あるので、4年に1度壊すくらいでも損にはならなさそう。

 

どうやら、AppleCare+がお得なのかどうか判断するには、自分に当てはめてこれらを考えてみる必要がありそうです。

 

【結論】AppleCare+(iPhone/iPad)は必要か?まとめ

AppleCare+に入るか悩んだ時に考えるべきこと

AppleCare+に関する重要項目
・何も保険に入らないと壊した際の修理代が半端ない
・2年ごとの買い替えも含めると、結構費用がかかる
・4年に1回程度、画面と本体を壊してしまうなら損はしない

 

あとは、自分のiPhoneの使い方とリスクを比べてみましょう!

・ケースやフィルムをつけているか

・自分は落としたり壊しやすいタイプか?

・画面バキバキのまま使えるタイプか?

 

iPhoneやiPadなど複数台持っている方は、

「よく持ち歩いて壊してしまう可能性の高いiPhoneだけ入る」

「自分は仕事やプライベートでもiPadを持ち歩くし、iPadのほうが壊した時に高いからiPadだけ入る」

 

このような選択をするのもおすすめです!

 

AppleCare+も悪くないけど、答えは「不必要」でした。

 

壊してしまうリスクをケアしたい人にとって、AppleCare+はそんなに悪くないということは数字からも明確になりました。

しかし僕の結論としては

不安な方でもわざわざAppleCare+を選ぶ必要はない

ということ。

 

やはりどうしても、「リスクと価格のバランス」が悪すぎるんです。

2年で保証は切れてしまって、買い替えたらまた入り直しという連続。

 

僕もかなり過保護に扱ってはいますが、万が一には備えたいタイプ。

そんな人にも低コストでしっかりApple製品を低コストで守ることができる保険が別でありました。

AppleCare+に変わる新しい選択「モバイル保険」とは?

 

「モバイル保険」は、月額700円で好きな端末を3台まで同時に保証の対象にすることができる、次世代の保険サービスです。

モバイル保険の特徴
・月額700円で3台まで保証
・購入後1年以内ならいつでも入ることが可能
・保証期間は加入中なら半永久的に継続
・年間10万以内であれば回数無制限で保証
・3台の保証端末はいつでも変更可能

 

AppleCare+を考えるうえで難しいポイント

それは、いつ壊すか?どれを壊すか?わからないこと

 

「モバイル保険」は買い替えも含めてすべての問題を解決してくれる新しい選択だと断言できます。

最終的にAppleCare+を選ぶとしても、絶対に候補には検討するべきサービスです。

 

Sponsored Links