【即決】ZHIYUN SMOOTH Q2 / Osmo Mobile 3を買う前に検討必須!

いつもご覧いただきありがとうございます!

「ついに決着がつきました…!」 

タイトルでおわかりかと思いますが、そうです!
ようやくジンバルを購入しました!!(クラウドファンディングのkickstarterにて)

実は個人的にずっと悩んでいたんですね… 最近少しずつ写真だけでなく動画も撮るようになってきて。

というのも、国内外の様々な動画クリエイターの方の作品を見るたびに自分もやってみたいと、そんなことを考えていました。

現在は、いつも写真で愛用しているsony α7RⅢでちょこちょこ動画を撮っています。

 

全く性能面では不満ないというか最高すぎる画が撮れるのですが、もっともっと気軽に撮影したいなと思うようになりました。

そこでずっと迷っていたのが、osmo pocketやosmo action、Go Proといった動画専用機を持つべきか 、あるいはosmo mobile3のように携帯用のモバイルジンバルにしてお金も節約しつつ動画を楽しむか?

結果はこの記事のとおりです!

前置きが長くなってしまいましたが、今回購入した

ZHIYUN SMOOTH Q2

こちらについて、自分がモバイルジンバルを選んだ理由もあわせてご紹介します!  

そもそもジンバルって?モバイルジンバルを選んだ理由

ここについては、手短に!

ジンバルとは、ブレなく動画を撮影するための便利アイテムです!

その他にも、タイムラプスだったり、対象物を追従したり、360度回転しながら撮影したりと少し特殊な撮影ができるのも特徴です。

わかりやすくこれくらい差があります⇩

 

そして、自分がosmo pocketやosmo action、Go Proといった動画専用機を購入しなかったのが、

・そこまで動画撮影と編集に時間を割けないけど、手軽に動画を撮りたい。
・最近のスマホ動画の質の高さ
・初期投資を抑えたい

この3点を総合的に考えたときに、モバイルジンバルという答えになりました。

動画をスマホでもクオリティ高く撮りたいというのもあって、ちょうどiPhone11proを購入しました!

 

iPhone 11proはバッテリーもかなり強化されたので、多少の動画撮影であればモバイルバッテリーなしでも1日使えます!

そして、この選択に終止符を打ったのが、今回のZHIYUN SMOOTH Q2  

今注目のジンバルブランドZHIYUN

正式にはZhiyun Techという名前で、中国初のジンバルメーカーです。(ちなみに読み方はジウン

中国はじめアメリカなど、海外のプロカメラマンやクリエイターの間で、高品質かつ機能性に長け、ユーザーのこれあったらいいのにというかゆいところに手が届くようなブランドとして人気を高めてきました。

現在では、徐々に国内でもその知名度を高めつつあります。

私もいつも拝見している、Youtuberの方のジンバル比較動画でも、DJIのRoninSCを抑えての堂々の1位

1位になったのがこちら!Zhiyun Weebill lab

便利なアイテムがセットになったクリエイターズパッケージもあります!

 

 ZHIYUN SMOOTH Q2のすごさ!現段階の完成形!?

ようやく今回の本題です!

ここがすごい!
・とにかくコンパクト
・やってみたい撮影機能全部入り
・心配いらずのロングバッテリー

 

DJIのosmo mobile3も折り畳み式でかなりコンパクトでした!

しかしZHIYUNは折りたたまずしてこのサイズ感!!つまり、当然使用時には圧倒的な差が生まれます!

そして地味に嬉しいのが、Stand Alone機能。

これ、自立するんです!(サムネでバレバレ…笑)

機能についてはすべてご紹介しきれませんが、動画の中でも出ていたとおり、

スライドショーには JavaScript が必要です。

  見ているだけで楽しくなりますね!笑 バッテリー含め、他社と比較をしてみるとこれほどまでに差があります!

 

最後にひとこと

私は、Youtubeで偶然この動画を見て、「これだ!」となって即決してしまいました!

ぜひ自分と同じように、これから動画を始められたい方、Vlogに興味のある方、何から買おうか迷われている方には注目していただきたいガジェットです!

現在プロジェクトは達成し終了していますが、これだけの人気なのですぐに一般販売もされると思います!

届き次第またレビュー等あげていきます!

最後までご覧いただきありがとうございました!!

Sponsored Links