【ブログオワコン説の嘘】「副業ブログは稼げない」の真実とその理由を解説!

【ブログオワコン説の嘘】「副業ブログは稼げない」の真実とその理由を解説!【MoNomad】

いつもご覧いただきありがとうございます!nikeです。

ネットやSNSで「ブログは稼げない」とか「ブログはオワコン」という情報を見るけど、実際どう?

・2020年からブログを始めても稼げるようになるの?

 

こんな疑問をお持ちの方に、参考になるよう記事にしました!

結論として

 

「ブログオワコン説」「ブログは稼げない」というのは99%「嘘」です!!

(残り1%の詳細は後ほど…!)

 

nike(ニケ)
僕は決してすぐ稼げるようになったわけではありません。
2017年の大学4年でブログを立ち上げて、2019年の夏まではあまり更新もしなければ、やり方も我流で月1,000円ほどしか収益がありませんでした。
そんな僕でも、会社員をしながら半年で月5万弱を稼げるように!

 

まだまだ月数百万と活躍されているブロガーの方々のように稼げているわけではありませんが、冗談抜きで会社員時代の収入を超えるくらいは近いうちに実現できそうですし、100万という大台も見えています。

 

ブログは、無理のない程度に個々人のペースで進められ、将来性のある取り組みだと断言できます。

 

 

すでにブログを始めている方は、ぜひブロガー仲間として一緒に頑張れたらと思いますし、「正直始めるか悩んでいる..」という方は、この記事が少しでもきっかけになれたら嬉しいです!

 

【結論】「ブログオワコン説」「ブログは稼げない」は99%嘘

「ブログは稼げないからやめたほうがいい」と言うのは〇〇と同じ

「ブログはオワコンだ」

「ブログは稼げないからやめたほうがいい」

 

このように言う人は

ディズニーランドは混んでいるから行かないほうがいい

 

こう言っているのとまったく同じことなんですよね。。
(次の項目で詳しく説明します!)

これ聞いたら「いやいやそれは…!」ってなりませんか?

 

具体的に「99%嘘」の真意を解説してみます。

「99%嘘」の真実とは?

はじめに「ブログが稼げない」というのは99%嘘だと言いましたが、残りの1%当てはまる部分も実はあります。

ポイントは

・「誰にとって」稼げないのか

・「稼げる」とはどれくらいの額を指しているのか

 

 

ブログやSNSなど、インターネットの特性は「いつも全国大会」であること。

その分ライバルも増えるというわけです。

確かに5年前、10年前からいち早く取り掛かっていた人と比べるとブログのハードルは上がっています。

さらに、ここ数年で動画の影響力が高まっているのも影響していますね。

 

しかし、「ブログは稼げない」というのが真実になるのは、あくまで「ごく一部の人にとって」です。

それは、もともとブログの全盛期に月数百万、1000万以上と稼いでいた方々。

彼らからすると、すでにブログはある程度稼げていて、これからさらに時間を割くのであれば、たとえばYoutubeなど今波が来ているものを取り組んだほうがおいしいよね!という感覚です。

 

そして、僕をはじめ「これからブログで稼ぎたい」「ブログを始めてみたい」方にとって「稼ぐ」とはどれくらいなのか?

もちろん将来的に1,000万を狙っていきたい方もいらっしゃるかもしれませんが、仮に月10万や20万でも十分稼いでいる領域だと感じられるのではないでしょうか?

 

確かにブログをやる人は以前よりも増えています。

ディズニーランドも休日に行くと混んでいることが大半ですが、楽しめないかというとそうではない。

「ディズニーランドに行くべきではない」というのがあまりにも極端なのと同じで「ブログが稼げない」というのも事実とは異なります。

 

これからブログで月数十万を稼ぎたいと思っている99%の人にとっては、「問題なく稼げます」というのが今の実情です。

実際に今もコツコツと頑張って稼いでいるブロガーの方で、「今から始めて稼げない」と言っている方はいません。

【ブロガーの収益分布】ぶっちゃけみんなどれくらい稼いでるの?

【やっぱり稼げない..?】約半数が月収1,000円以下

アフィリエイト月収 2019年分布
収入0 29.7%
~1,000円未満 15.6%
1,000円~5,000円未満 9.3%
5,000円~1万円未満 6.1%
1万円~3万円未満 9.1%
3万円~5万円未満 3.7%
5万円~10万円未満 5.1%
10万円~20万円未満 4.5%
20万円~50万円未満 6.2%
50万円~100万円未満 4.0%
100万円~ 6.7%

参照:アフィリエイトマーケティング協会 2019年

ブログの収入源はほかにもクリック広告のGoogleアドセンスや、企業からのPR依頼などありますが、実際に稼いでいるブロガーのメイン収入源はほとんどがアフィリエイト。

そのアフィリエイトからの収益分布(2019年)の結果が上の表です。

 

なんと、45.3%のブロガーが月収1,000円以下であるという実態。

平均月収は3,000円ほど。

 

一方、月10万以上稼いでいる人の割合は、全体の21.4%

 

この数字を見て、どんな感想を持たれるでしょうか?

やはり「稼げない!」というイメージが大きいと思います。

このような分布になる理由を解説します!

 

収益分布の理由を解説!1番の要因は継続です。

ブログの成長曲線【MoNomad】

ブログで稼げるようになるまでの成長曲線

手書きで見た目は悪いですが、こちらはブログで稼げるようになるまでの成長曲線を表しています。

 

そして、先ほどのように約半数のブロガーが収益1,000円以下である理由

それは、最も辛い成果が出始めるまでの期間に継続できる人がごく一部だから

 

グラフのオレンジの点までですね!

人によって様々ですが、僕はこの点を「月収1万円」だと考えています。

月1万円を稼ぐまでの道のりが本当に大変で、暗いトンネルを走り続けているような感覚でした。

 

どれくらい時間がかかるかで言うと、

早い方で半年、一般的には10か月~1年くらい。

 

かなり多くの方が、もうすぐブレイクポイントを迎えるかもしれないのに、トンネルを抜ける前に辞めてしまいます。

数字が正確ではありませんが、おおよそ3ヵ月で8割、半年で5割、1年で1割しか残らないと言われています。

種だけまいて、収穫しない農作業状態のような感じですね。。

 

しかし、その長いトンネルを抜けると、それまでが嘘だったかのようなスピードで伸びていくことが多いです。

そのため、収益3万~5万の割合が3.7%と意外に少ない数字になっています。

もちろんブログの書き方や戦略のうまい下手もありますが、最大の要因は「継続できるかどうか」

 

まずブログに興味を持っても、始められるのが2割くらいの人。

ここで8割の人とは差がつきます。

そして、継続できるのはそこから5%以下らしいです。

 

ただ、逆にブログを始め、継続さえできれば、月10万という収益はそれほど難しくないとも言えます。

ブログの特徴は1度収益を作れるようになれば、自分が働いていない間もお金を稼いでくれるものです。

 

nike(ニケ)
「たとえ2年かかろうが、生涯のうちたった2,3年で人生変わるなら、やらない手はない」
そう強く思ったのが、僕がブログを始め、今まで続けられている理由です。

 

まずは自分の愛用しているモノや趣味のコトから紹介してみよう!

ブログオワコン説が流れる中でもやはりまだ稼げる理由

ブログオワコン説が流れる中でもやはりまだ稼げる理由

理由①:Googleで検索しないわけない

「これからは動画だからブログは稼げない!」という方がいますよね。

たしかに、Youtubeやネットフリックスに使う時間が増える分、ブログを読む時間は減るでしょう。

 

しかし、そう言っている方もGoogleを使って何か検索をしますよね?

Googleで検索をするということは、なにかしら悩みがあったり気になることがあるということ。

 

極端に「0-100」の話にはならないので、もちろんハードルが上がっているのは事実ですが、月に数十万円が無理だというレベルでは全くありません。

 

理由②:ネット上の広告費用は伸び続けている

2020年3月に大きなニュースとなりました。

インターネット広告費がテレビメディア業界の広告費を上回ったのです。

時間の問題と言われていましたが、ついにですね。

ちなみに今後の見立てとして、さらにテレビ業界の広告費はネットに移っていき、まだネットにあまり参入していない古い体質の業界も費用を使い始めるので、ますますインターネット広告費は上がっていきます。

全体のパイとして伸びていくトレンドということ。

 

理由③:時代とともにブログの戦い方が変わっていく

読まれる(=Googleから高い評価を受ける)ブログの基準は、時代とともに変わっていきます。

遡って調べてみると

・2015年~2017年:長文SEO時代

いわゆる、ひたすら文字数の多い記事が良い記事だとされ、キーワードを盛り込んだりテクニックが重要視される時代。

 

今はどうなっているかというと

長くなくても「ちゃんと読まれる記事」が良い記事でSNSなどからも読者が入ってくれるとさらに高評価という感じ。

 

つまり、昔ブログで稼いでいた人も、当時のまま戦っていると意外に伸びなかったりするのが特徴です。

裏を返すと、これからブログを始める方でも、やり方によってはいくらでも稼ぐことができるということ!

理由④:続けている人で稼げていない人がいない

先ほど、「継続が稼ぐための1番重要なポイント」と言いました。

繰り返しにはなりますが、本当にそのとおりで200記事、300記事と書き続けているブロガーの方で稼げていないブロガーの方を見たことがありません。

 

「ブログを始める」という行動を起こし、「継続」できれば、「100人に1人の稼げるブロガー」になることができます。

 

理由⑤:始めて1年以内に成果を上げているブロガーも少なくない

ブログで稼ぐハードルが上がっている中でも、驚くようなスピードで成果を上げていく新規ブロガーの方も少なくありません。

僕は2017年に始めて、大して記事も書かず我流だったので月1万稼げるまでに2年かかったカメさんブロガーですが、SNSなどでは、3ヵ月で10万を超えるような凄腕ブロガーもいます。

あえて誰とは言わないので、ぜひTwitterで「ブロガー」と検索してみてくださいね!

 

別に彼らほどのスキルが必要だということではなく、自分のスピードでコツコツ継続していけば、それぞれ成果は出せるということです。

 

まとめ|「ブログオワコン説」「ブログ稼げない」は99%嘘

本記事をまとめると

まず結論として

 

「ブログオワコン説」「ブログは稼げない」というのは99%「嘘」

 

 

そして、残りの1%というのは

あくまでブログ全盛期にトップクラスで稼いでいた人にとって、ブログの旨味が下がっているということであって、これから稼ぎたい方が月数十万を狙うことは問題なくできるというのが実情でした。

 

次にブログが稼げる5つの理由をご紹介しました!

ブログが稼げる5つの理由
①:Googleで検索しないわけない

②:ネット上の広告費用は伸び続けている

③:時代とともにブログの戦い方が変わっていく

④:続けている人で稼げていない人がいない

⑤:始めて1年以内に成果を上げているブロガーも少なくない

 

繰り返しにはなりますが、以前に比べればブログで稼ぐことのハードルは上がっています。

ただし、今後もブロガーは増えていきますしハードルは上がっていくでしょう。

つまり、過去に遡れない以上、最もハードルが低いのは今ということになります。

 

もしブログに少しでも興味をお持ちであれば、まずは行動しない8割ではなく、ブログを始める2割になりましょう!

そして、そこから成果が出るまでは時間がかかるという前提で、コツコツと継続をすることで「100人に1人の稼げるブロガーに」

 

この記事を読んでくださった皆さんと、ぜひブロガー仲間として切磋琢磨できれば嬉しいです!

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

 

 

Sponsored Links