【14インチ説再び…!】ミニLED採用のMacbook Pro14.1インチがくるか?気になるスペックや発売日

Macbook Pro14.1インチ説 噂の信憑性は

いつもご覧いただきありがとうございます!nikeです。

個人的にとても嬉しい朗報が…!

Macbook Pro14.1インチがAppleから発表される噂があります!!

この記事の内容
・14.1インチになる噂の信憑性は?
・スペックはどうなる?
・いつ発表&発売されるのか?

これらについて、現行の情報をまとめていきます!

Macbook Pro14.1インチは本当に来るか?その信憑性は?

僕も含め、「14インチが出たらかなり嬉しい!」

という声も多い中で、その信憑性はどうなのでしょうか?

14インチの可能性が完全に消えたと思われた時期も

少し過去の情報から遡ってみると

一時期Macbook Pro14インチは今後出ないという話が上がっていました。

それは、Macbook Pro16インチがこれまでの15インチからそれほど大きくなることなく、狭額ベゼルによって画面占有率を上げにきたからです。

そのため、16インチが発表された後に、次の13インチも同じように14インチになるんじゃないか?

こんな噂が広がりました。

ただその可能性はすぐに消え去りました。

そのきっかけとなったのがこちらの動画!

YouTuberのJonathan Morrison氏がApple幹部のPhil Schiller氏にインタビューした動画です。

14インチMacBook Proの可能性について尋ねています。

動画の中でSchiller氏は、14インチの可能性を完全に否定しています。

ただし同時に、「常にユーザーのフィードバックに耳を傾けている」とも語っているんですね。。

もしかすると、この動画さえもAppleからすると、方針を決めるための判断材料だったのかもしれません(笑)

14インチ説再び!著名なMing-Chi Kuo(ミンチー・クオ)氏の予想!

このような経緯がありながら、再び14インチ説が浮上したのは、業界では著名なApple製品アナリストのMing-Chi Kuo(ミンチー・クオ)氏による予想でした。

彼は毎回Appleの新製品を予想しては、かなりの高確率で的中させています。

たとえば、iPhone11シリーズに関してはこんな感じ!

・より大容量のバッテリー
・3眼カメラが搭載
・Face IDのアップグレード
・ワイドバンドwifi
・引き続きLightningコネクタが採用
・ノッチの大きさは変わらず
・すりガラスが採用
・ワイヤレスで他の機器を充電

凄すぎる。。笑

なぜこれほどまでに精度の高い予想ができるかというと、彼は証券会社に勤めていて、Appleのサプライヤーと関係が深いようでそこからの情報をもとにしているとの一節が。

そんな彼が、投資家向けに送った研究レポートの中で、

ミニLED搭載の14.1インチMacbook Proがリリースされる

という予想を打ち出しました!

過去の予想の精度の高さからも、今回の14.1インチ情報はわりと信用できるとの声が多数上がっています!

Macbook Pro14.1インチの気になるスペックはどうなる?

予想されているスペック情報
・ミニLED搭載
・ベゼルの狭額化
・バタフライからシザー式キーボードに変更
・Core i7-1068NG7 2.3GHz(ターボブースト時4.1GHz)
・2TB SSD
・メモリ32GB
・CPU性能12%向上
・グラフィック性能約28~29%向上

現状で回っている情報としてはこちらです。
※あくまで予想です。

Macbook Pro14.1インチに搭載されるミニLEDとは?

ミニLEDとは

今回のトピックである「ミニLED」

そもそもミニLEDとはどんなものでしょうか?

「ミニLED」を理解するためには

・LCDディスプレイ

・OLEDディスプレイ

これらの違いを知る必要があります。

ミニLEDはこの2つの間くらいの良いとこ取りなイメージ。

LCDディスプレイとは、いわゆる液晶のことで色味を出すためにバックライトでカラーフィルターを通す構造になっています。

細かい部分は詳しくないのですが、大きくはこんな特徴!

対してOLEDでは、有機発光ダイオードと呼ばれ色味を持つそれ自体が発光するので、バックライトが不要です。

これにより、綺麗なコントラスト、画面の応答速度の向上、省電力化、より薄いディスプレイなどが実現可能に!

では、ミニLEDがどんなものかというと、

構造自体はLCDよりなのですが、バックライトそのものに発色するミニLEDを使うという点が特徴です。

詳しくはBable Techのサイトで解説されています!

これにより、OLEDのデメリットだった、画面焼けや白の発色が苦手

といった点が改善されます。

まだ未確定要素が多いスペック詳細

先ほど書いたCPUやグラフィックあたりの情報は、まだ未確定要素が大きい部分です。

参考にしたのは、PC系著名リーカーの@_rogame氏が2月15日にTwitterで発表した内容。

 

ただしこちらは、2月15日にMacbook Pro13インチの情報として出回ったものなので、どのくらい正確なのかは定かではありません。

Macbook Pro14.1インチはいつ発売になる?

コロナの影響もあり、おそらくはかなり遅れが発生しているので、予想が難しい状況ではあります。

ただ、Macbook Pro以外にも、AppleはiMacやiPadをリリース予定で、そちらはiMacは2020年4四半期なので夏頃、iPadは2020年中にとの予想がされています。

あれ?Macbook Proは?

という話なのですが、こちらについてはまだ未定(2020/03/06時点)のようです。

工場とのやり取りの遅延も含めて、もしかすると2021年に持ち越しになる可能性もありそう。。

また情報が変わり次第こちらでも更新していきます!

僕は少し気長に待ちたいなと思います。

 

Sponsored Links