【MacBookかiPad Proか】 1台だけ買うとしたらどっち?違いや使い分けを比較!

【MacBookかiPad Proか】 1台だけ買うとしたらどっち?違いや使い分けを比較!
nike(ニケ)
いつもご覧いただきありがとうございます!
Apple製品が毎日欠かせないnike(ニケ)です。

 

MacbookとiPad Proが気になる人
  • MacBookとiPad Proって1台だけ買うとしたらどっちを買えばいいの?
  • MacBookとiPad Proでそれぞれ違いや使い分けが知りたい!
  • 後悔のないように自分にとってベストな機種を選びたい

このような疑問に参考になる記事です。

 

結論として

MacBookのほうがカバーできる範囲は広いものの、むしろiPad Proを選んだほうが実用的で普段使いでは役立つという方も多いです。

とはいえMacBookを選ばないとできないこともあるので、今回はMacBookとiPad Proの違いや使い分けを比較しながら、それぞれどんな人におすすめなのか解説します。

 

この記事では細かなスペックというよりも、実際に使う上でどんな差があるのかという視点で書いています。

これから1台買うとしたらどっちを選べばいいかわかるようにまとめているので、ぜひ自分に当てはめて考えてみてください!

 

▽こちらもおすすめ▽

 

MacBookとiPad Proどっちを買う?|本体サイズと重量で携帯性を比較

【MacBookかiPad Proか】 1台だけ買うとしたらどっち?違いや使い分けを比較!

 

モデル MacBook Pro MacBook Air iPad Pro
画面サイズ 13インチ 16インチ 13インチ 12.9インチ 11インチ
縦幅 21.24 cm 24.59 cm 21.24 cm 28.06 cm 24.76 cm
横幅 30.41 cm 35.79 cm 30.41 cm 21.49 cm 17.85 cm
厚み 1.56 cm 1.62 cm 0.41~1.41 cm 0.59 cm 0.59 cm
重量 1.4 kg 2.00 kg 1.29 kg 643 g 473 g

 

まずはじめに、サイズと重量を見比べてみましょう。

一覧にしてみるとこんな感じです。

 

実際の携帯性としては、やはりiPad Proのほうが優れています。

ただ、iPad Proでスマートキーボードフォリオやケースなどそのほかの周辺機器なども合わせて使うことを前提にすると、1kg近くなるのでとくにMacBook Airとは数字ほど差がないように感じるかもしれません。

 

一方で、MacBook Pro 16インチのみサイズ・重量ともにかなり重くなっているので、動画編集をガッツリされる方や、よほどディスプレイやスペックを求められない限り、それ以外のものがおすすめです。
(ほとんど持ち運ばない方は問題ないです)

 

結論として、大きさやサイズにおいてはMacBookかiPad Proかを選ぶ上で大きな決め手にはならないということです。

 

MacBookとiPad Proどっちを買う?|操作性で比較

 

操作性については、一概にどちらが上とは言いづらいです。

理由は、作業内容によって発揮される強みが変わってくるから。

ただ、総合的に生産性を追求するなら間違いなくMacBookです。

 

ここからは、そのわかりづらい操作性の違いについて詳しくみていきます。

 

通常のネットサーフィンや動画視聴ならそこまで差はなし

 

誰もが使うであろうネット検索や動画視聴という点では、そこまで差はありません。

ただし、iPad ProでスマートキーボードフォリオやMagic Keyboardを使うことが前提。

iPad Proは物理キーボードがないとタイピングが遅いためです。

 

選ぶ画面サイズにもよりますが、MacBookのほうが画面が大きいので調べ物をする際の「見やすさ」はiPad Proよりやや上です。

動画視聴も同じですが、特にYoutubeやNetflixといった動画視聴はタッチが使えるiPad Proのほうが便利ですね。

 

これらを押しなべて考えると、基礎的な使い方においては優劣をつけられません。

 

写真の編集やイラスト制作、読書はiPad Proが直感的でかなり良い

iPad ProとApple Pencilで写真編集

iPad ProとApple Pencilで写真編集

 

写真の編集やイラスト制作などスペック的にもiPad Proでできて、Apple Pencilが使えるクリエイティブな活動ではiPad Proがめちゃくちゃ良い。

より高度な技術を追求しようとすると、もちろんMacBook Proでないとできないこともありますが、特に写真の編集やイラスト、漫画などは仕事にされている方でもiPad Proで行うレベルです。

 

その最大の理由が、Apple Pencilを使うことで直感的な作業が可能になるから。

抽象的な表現になりますが、デジタルでなくアナログに近い感覚で作業できるんですよね。

 

 

読書においてはもはやiPad Pro一択でしょう。

タッチ画面でまるで紙のページをめくるようなジェスチャーでサクサク読めます。

詳しくは次の項目でも取り上げています!

 

複数のアプリやタブを使う作業はMacBookが有利

 

複数のアプリを行き来しながら作業をしたり、同時にいくつものページを開いたりされるかたは、かなり操作性の面で差を感じるはず。

これは、MacBook Proがトラックパッドや追加アプリによってあらゆる時短テクを可能にするから。

1つ1つの細かなことですが、長時間の作業や時間が積み重なると相当な差に繋がります。

 

僕の場合はブログの執筆や動画編集などで使うことが多いので、全然作業時間が違います。

人によっては画像のような感じでMacBookを外部ディスプレイにつなぐことで、さらに操作性を高めることも可能!

 

キーボードは同じMagic KeyboardでもMacBookがやや上

【MacBookかiPad Proか】 1台だけ買うとしたらどっち?違いや使い分けを比較!

 

僕はiPad Proで本体と別のMagic Keyboardを使用しています。

一方で、MacBook ProもAirもキーボードが変更になりMagic Keyboardがそのまま搭載されています。

 

ただ、同じMagic Keyboardではあるんですが、打ち心地では少しMacBookのほうが上なんです。

キーボードの仕組み自体は同じでも、PC本体に搭載されていると、安定感やタイピングの音が変わります。

Macbookのほうが打鍵音が小さく低めで、打ちやすく感じます。

 

僕はわりと気になりましたがそうでない方も多いので、ここについて心配な方は実際にAppleストアにて触ってみたほうが良さそう!

 

MacBookとiPad Proどっちを買う?|使用用途やできることで比較

 

すべてを網羅することはできませんが、なんとなく特徴がご理解いただけるように、主な用途やできることをピックアップします。

MacBookとiPad Proでそれぞれ用途を一覧にしてから、ポイントをまとめていきます。

 

MacBookの用途やできること一覧

主な用途一覧
  • ネットサーフィンや動画視聴
  • マルチタスク(拡張可能)
  • ブログ執筆がサクサク
  • 高度な写真・動画編集や作曲
  • プログラミング
  • CGやアニメーション制作
  • チラシ・ポスター制作
  • オンライン学習系

 

ここまででご紹介してきたように、MacBookはその類まれなる操作性、拡張性の高さによりマルチタスクがかなり得意。

そのおかげでブログを書くのもサクサクです。

 

そして基本的にはスペック次第ですが、本格的な動画編集に作曲、CGやアニメーションといったクリエイティブな作業においては世界中のユーザーからの信頼のとおりで大活躍します。

 

iPad Proの用途やできること一覧

主な用途一覧
  • ネットサーフィンや動画視聴
  • (マルチタスク)
  • そこそこのブログ執筆
  • ある程度の写真・動画編集や作曲
  • チラシ・ポスター制作
  • オンライン学習系
  • ノート
  • 電子書籍での読書

 

iPad OSができて以降、画面分割やウィンドウを重ねるような機能であったり、マウスにちゃんと対応したりとかなりの進化を遂げていますが、それでもマルチタスクと呼べるほどの作業は快適とまでは言えない気がします。

※なのでカッコ書き

 

写真、動画編集や作曲のクオリティは素人目から見ると「え?いいじゃん!」という感じではありますが、高度とは言えません。

ただ、写真の編集は操作性がMacBookより高く、かつクオリティもいいのでおすすめ!

 

超強力なのが下2つ

・ノート
・電子書籍での読書

 

ノートについては、Apple Pencilの魅力を最大限に引き出しているのと、iPadという端末との相性が非常に良い。

iPad Proを使うなら利用しない手はないというくらいの魅力です。

 

同じく必須で使いたいのが電子書籍。

活字もいいですが、最高なのが雑誌です。

1冊ずつ買う必要がないので書店に行くこともないですし持ち運びもラク!

 

それでいて数百冊という雑誌を雑誌1冊買う3分の1で読めるのでコスパが高すぎる!

僕は楽天マガジンを利用しています。

 

 

2つの比較からわかることや感想

 

用途についてまとめておくと

iPad ProでできることのほとんどがMacBookでも可能です。
※完全にではありませんが、置き換わるアプリやサイトがあるため

 

ただしiPad Pro随一のものがあるという点と、内容によってはMacBookを上回る使いやすさがポイント

 

基本的には写真編集やイラスト、ノートや電子書籍などのタッチパネルやApple Pencilを活用した内容が大体それに当たります。

この点がどちらを買うかにおいてはかなり重要なポイントになります。

 

僕もMacBookの前にiPad Proから購入して今でもiPad Proが手放せないのはこれが理由。

 

MacBookとiPad Proどっちを買う?|価格を比較

 

モデル MacBook Pro MacBook Air iPad Pro
画面サイズ 13インチ 16インチ 13インチ 12.9インチ 11インチ
価格 134,800円〜 248,800円〜 104,800円〜 104,800円〜 8,4800円〜

 

 

ネット上でよく見る価格表はこのように最低価格を並べたものだと思います。

ただし要注意!

これはあくまで最低価格であり、スペックを上げたりするので実際の購入価格よりもかなり安めです。

 

僕の場合は、動画編集ができるようにと購入したので、同じMacBook Pro 13インチでも30万円超えです。

少なくともMacBook Proであれば20万ちょっと、MacBook Airであれば15万円程度が最低として考えたほうが良いと思います。

 

 

運営者のMacBookとiPad Proの使い分けや併用しての感想

【MacBookかiPad Proか】 1台だけ買うとしたらどっち?違いや使い分けを比較!

 

MacBook ProiPad Pro
・ネットサーフィン
・映画などYoutube以外の動画視聴
・ブログ執筆
・動画編集
・Youtube視聴
・写真編集
・サムネイル作成
・ノート
・電子書籍(楽天マガジン
・MacBook Proのサブディスプレイ

 

僕はこんな感じの用途によってMacBook ProとiPad Proを使い分けています。

これまでご紹介してきたとおりそれぞれ強みが違うので、どちらも最高で欠かせないアイテムです。

ただ、持ち運びに関しては常に両方というのが重いので、ほとんどどちらか一方で状況によって変えています。

 

特に、ブログ執筆にあたっては活躍しまくっています。

 

 

MacBookとiPad Proどっちを買う?|メリット・デメリットを比較

 

MacBookとiPad Proのメリットを比較

MacBookのメリットiPad Proのメリット
  • マルチタスクにおける操作性の高さ
  • アプリや設定次第で進化するソフト面での拡張性の高さ
  • 高度な作業も行えるスペックの余地
  • タイピングの心地よさ
  • タッチディスプレイとApple Pencilが活躍するシーンでの操作性の高さ
    (写真編集、イラスト、電子書籍、ノートなど)
  • いつでもすぐに立ち上がるタブレットとしての機動性
  • ある程度の動画編集もできてしまうほどのCPU性能
  • 必要なときだけPCのようにも使えるハード面での拡張性

 

ここまで触れていませんでしたが、iPad ProはタブレットなのでPCであるMacBookと決定的に違うポイントが「機動性」

仮にMacBookがスリープモードであっても、流石にiPad Proには敵いません。

すぐに「Youtube見よ!」とか「ノートにメモ!」といったことはタブレットの得意分野です。

 

また、MacBook Proが性能面で非常に優れているのに対し、iPad Proは必要に応じてキーボードをつけられたりと、ハード面での拡張性が高いのも特徴です。

 

MacBookとiPad Proのデメリットを比較

MacBookのデメリットiPad Proのデメリット
  • 携帯性が高くはない(MacBook Pro)
  • 価格が高額になりがち(MacBook Pro)
  • ある程度使いこなせないと高いだけに感じる
  • ドヤラーとディスられがち
  • 価格がMacBookとそこまで変わらない
    =タブレットにしては高い
  • ケースをつけたりするとわりと重め
  • Face IDがやや遅い

 

MacBook Proはポテンシャルは高いんですが、活用しないともったいない感があります。

ただ、見た目やAppleブランドが素晴らしいので、それで満足している方が多いのも事実。

あとディスられがちですね(笑)

ディスる人はMacBookのメリットをわかっていないだけですが…

 

iPad Proはタブレットのみでもまあまあ高い上に、キーボードやApple Pencilなど追加で買うと「あれこんな使うの?」ということもあります。

そのあたりは予算に組み込んでおいたほうが安心です。

 

【まとめ】MacBookとiPad Pro 1台だけ買うとしたらどっち?

 

この記事のはじめに結論を以下のように書きました!

MacBookのほうがカバーできる範囲は広いものの、むしろiPad Proを選んだほうが実用的で普段使いでは役立つという方も多いです。

 

どちらを購入するべきか、それぞれチェック項目をまとめていきますので、ぜひ最後に確認してみてください!

MacBookを買うべき人の特徴

 

MacBookはこんな方におすすめ!
  • まだ自分のPCを持っていなくて、1台あれば安心な機器を探している
  • PCは持っているものの使い物にならなく買い替えを検討しているが、タブレットにしてPCに置き換わるのか不安
  • プログラミングや本格的な動画編集を始める予定、もしくは始めたいと思っている
    →この場合はMacbook Pro一択です!
  • ブログをやっている、本気でやりたいと思っている
  • より効率を重視して作業をしたい
  • 設定やアプリで自分に最適なマシンに進化させたい
  • 長文を打つことが多い

 

PCを選ぶメリットとしては、できることの範囲が広いことと、奥が深いことが最大のポイント!

たしかに内容にもよりますが、1つ1つの作業効率は圧倒的にPCであるMacBookのほうが高いです。

 

これらの条件を見て、iPad Proで不安が出そうだなという方はMacBookにするのがおすすめ!

 

 

iPad Proを買うべき人の特徴

 

iPad Proはこんな方におすすめ!
  • 現在自分のPCを一応持っていて、PCじゃなととできないことには対応可能
  • ガッツリ作業というよりも、手軽に大画面で動画を見たり漫画を読んだりしたい
  • 常に肌見放さず近くに置ける身軽さや機動性がほしい
  • 料理をしながら、なにか作業をしながら使うための端末がほしい
  • ノートやイラストなどApple Pencilを使うことに魅力を感じる
  • PCのような使い方はあくまで補助的な感じでできれば大丈夫

 

iPad ProをPCと比較したときに短くまとめると

完全にPCには置き換わらないけど補助的には浅く広く使えて、タブレットのポテンシャルを最大に活用できる端末。

 

考える上で1つポイントになるのが、今性能に関わらずPCを持っているかどうか?

仮にPCを持っていなくても、「ほとんどパソコンが無くても困っていない!」という方はiPad Proのほうが気軽に使えて便利に感じるはずです。

PCを持っている方で、「今のPCに不満!」「よりハイスペックな端末がほしい」という方は確実にMacBookにするべき!

ただ、「PCを持ってはいるけどなんとなくそろそろ買い替えたいな」という方であれば、用途で見比べて問題なければiPad Proでもいいと思います。

 

 

さいごに:自分に最適なマシンを選んでより快適なAppleライフを!

 

繰り返しにはなりますが、僕個人的にはMacBookとiPad Proがどちらも暮らしに欠かせない超重要アイテムです。

どちらを選んでも大失敗ということはありませんが、ともに高額な買い物になるのでベストな選択をしたいところ!

 

ぜひ今回の内容を少しでも参考にしていただいて、自分にピッタリの端末をGETしてみてください!

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

▽こちらもおすすめ▽

 

Sponsored Links