DJIのドローン「Mavic Air2」と「Mavic Air」を徹底比較!スペックの違いやおすすめは?

DJIのドローン「Mavic Air2」と「Mavic Air」を徹底比較!スペックの違いやおすすめは?

 

nike(ニケ)
いつもご覧いただきありがとうございます!
カメラやガジェット好きなnike(ニケ)です。

 

2020年の4月28日にDJI社から発表されたMavic Air2

かなり大幅なアップデートがあった一方で、これまでのMavic airとは少し違うラインに乗った気がします。

この記事では、スペックごとに違いをみながら、これから買うなら用途別でどちらがおすすめかわかるようにまとめています!

 

 

 

 

Mavic Air2とMavic Airのスペックを一覧比較

 

Mavic Air2 Mavic Air
価格 ¥105,600 ¥84,700
機体サイズ 折りたたみ:180×97×84(mm)
展開:183×253×77(mm)
折りたたみ:168×83×49(mm)
展開:168×184×64(mm)
重量 570g 430g
飛行性能 最大飛行時間:34分
最大速度:68km/h
最大飛行時間:21分
最大速度:68km/h
センサー 1/2インチCMOS
有効画素数:12 MPと48 MP
1/2.3インチCMOS
有効画素数:12 MP
レンズ 焦点距離:24 mm
絞り:F2.8
焦点距離:24 mm
絞り:F2.8
解像度 ~4K60fps ~4K30fps

 

主要な項目をピックアップして一覧にしました。

コンパクトさを若干代償に、よりパワフルさを増したというのが総じて言える違いですね!

 

DJI【公式】のプロモーションビデオがこちら!

 

特徴がわかりやすく映像になっています!

ここからは、項目別にそれぞれ詳細に見ていきたいと思います!

 

Mavic Air2とMavic Airを「機体サイズ・重量」で比較

 

Mavic Air2 Mavic Air
価格 ¥105,600 ¥84,700
機体サイズ 折りたたみ:180×97×84(mm)
展開:183×253×77(mm)
折りたたみ:168×83×49(mm)
展開:168×184×64(mm)
重量 570g 430g

 

Mavic Airというラインナップは、もともとMavic ProとSparkの間に位置するモデルとして発売されました。

Mavic Air2についても、同様の立ち位置ではありますが、特にサイズが大きくなったのはAirと体感差を感じるポイント。

 

わかりづらいので、2つの機体を照らし合わせて比較してみます。

 

Mavic Air2とMavic Airを「機体サイズ」で比較【MoNomad】

外側の大きいサイズのほうがMavic Air2

実寸の比率に合わせて重ねてみるとこんな感じ。

微妙に誤差があるかもしれませんが、ほぼ同じです。

 

こう見ると、本体の中心部分もそうですし、展開時の大きさにもかなり差があることがわかります。

特に、持ち運び時の収納や荷物の占有率が上がってしまうので、後ほどご紹介するスペックと比較して、どちらを優先するべきか考えたほうが良さそうですね!

 

Mavic Air2とMavic Airを「飛行性能」で比較

最大飛行時間が大きなポイント

 

Mavic Air2は前モデルのAirから最大飛行時間が21分→34分と大幅に伸びました。

注意点として、この数字があくまで「最大」であり、実働時間はもう少し短めになることです。

 

実際には風による抵抗を受けたり、環境次第でバッテリー消耗が異なるためです。

それを考えると、21分は少し物足りない感じがどうしてもしてしまいます。

予備バッテリーを準備しても、どれくらい飛ばし続けられるかは重要な項目。

 

飛ばしている途中で一度機体を呼び戻すのはやはり面倒です。

その点で、この飛行時間の進化は大きなポイントになります。

 

周囲の認識システムはわずかに進化

認識システムは、大きな変化はありませんでしたが、ややスペックが向上しました。

情報をキャッチできるのは、Mavic Airから変わらず前後と下の3方向ですが、上下において測定範囲と、障害物を検知できる距離が10mほど向上しています。

 

これによって、特に高速での撮影を行う人にとってはより安全な飛行が可能になったと言えます。

ただ逆に、ゆったりと空撮する方などは違いを実感しづらい点でもあります。

 

また、安全性という面では、Mavic Air2

にはDJIの中で最高峰であるAPAS 3.0という規格が採用されています。

 

送信機のフォルムが変更に

Mavic Air2のコントローラー

 

 

 

左(スマホの場合上)がMavic Air2、右(下)がMavic Airのコントローラーです。

今回変わったのは、スマホを装着する位置が下側から上側になりました。

 

これで、ニンテンドーDSやゲームボーイのような感じで操作ができるようになったので、操作性は向上しています。

ただ、アンテナは内蔵になっているものの、コントローラー本体のサイズが大きくなっているのがややマイナスポイント。

 

Mavic Air2とMavic Airを「カメラ性能」で比較

センサーが大きくなり、有効画素数が4倍!

Mavic Air2 Mavic Air
センサー 1/2インチCMOS
有効画素数:12 MPと48 MP
1/2.3インチCMOS
有効画素数:12 MP

 

センサーサイズの拡大は、わかりやすく画像、映像のクオリティ向上に直結します。

同じ画質であっても、センサーサイズが大きいほうが光を多く取り込め、ダイナミックレンジが広がるので白とびや黒つぶれしにくく階調豊かな色表現が可能になります。

 

 

また、写真における画素数が4倍に向上しています。

飛行中に撮影した写真の中でより気に入った箇所を拡大したり、切り取ることが精度高くできるようになりました。

 

4K60fpsまでの撮影が可能に!

 

Mavic Air2では、ついに4K60fpsまでの撮影が可能になりました。

※ちなみにAirでは4K30fpsまで

 

これにより、4Kの映像でもあとからスローモーションの編集を綺麗に行うことができます。

また、ふだんFull HDで撮影されている方でも、ドローン撮影時に4Kで撮っておくことで後からクロップ(拡大)してさらにスローモーションという編集もできたりするので、広い画角で撮ることが多いドローンでは4K60fpsの撮影も活躍するシーンがありそうですね!

 

ちなみに、カラープロファイルは変わらずD-Cinelikeとノーマルです。

 

Mavic Air2とMavic Airを「撮影機能」で比較

【新機能】スマートフォト:5つのカテゴリーで自動判別

 

Mavic Air2から新しく搭載された「スマートフォト」はシーンごとに画像のパラメーターを自動調節し、最適化してくれる機能。

 

【5つのカテゴリー】

夕焼け・空・草地・雪・森林

 

撮って出しでも十分なクオリティの写真になるので、これはありがたい機能です。

DNG(RAW)で撮って、あとから編集するまではいかないというときに便利!

 

8Kタイムラプスでより映像表現が豊かに

 

一定間隔で写真を撮り続けて映像のようにつなぐタイムラプスが8Kでだれでも簡単に撮れます。

操作はとてもシンプルで、フリー・サークル・コースロック・ウェイポイントという4つのカメラワークから選んで撮影するだけ。

 

 

【用途別】Mavic Air2とMavic Airはどちらがおすすめ?

 

結論として、Mavic Air2を選ぶべきかというのは

価格と機体サイズの差 < 性能面の差

これが人によってどうなるかだと思います。

 

そのうえで、それぞれどんな人におすすめかまとめてみました!

Mavic Air2がおすすめな人
・今Mavic AirやSparkを使っていて、よりハイクオリティなものにレベルアップしたい

・Mavic Proまでは価格的にも性能的にもいらないけど、今後本格的に映像制作やシネマティックな動画を作っていきたい

・機体サイズの差はたぶん慣れそうだから、性能を重視したい

 

Mavic Airがおすすめな人
・ドローン初心者だけど、ドローンを使った動画制作などもやっていきたい

・そこそこ風の強い場所でもクオリティの高い映像を撮れるくらいの性能で全然いい

・車ではなくバックパックで交通機関を使った移動が多いので、なるべくコンパクトな機体がいい

 

今回Mavic Air2がラインナップに加わったことで、若干選びづらくはなりましたが、より自分に最適なドローンを選択できるようになったと思います。

 

最後にスペックの一覧表を改めてまとめておきます。

この記事を読んでくださった皆さんのドローン選びに役立てれば嬉しいです!

ぜひドローンでクリエイティブに撮影しましょう!

ご覧いただきありがとうございました!

 

Mavic Air2 Mavic Air
価格 ¥105,600 ¥84,700
機体サイズ 折りたたみ:180×97×84(mm)
展開:183×253×77(mm)
折りたたみ:168×83×49(mm)
展開:168×184×64(mm)
重量 570g 430g
飛行性能 最大飛行時間:34分
最大速度:68km/h
最大飛行時間:21分
最大速度:68km/h
センサー 1/2インチCMOS
有効画素数:12 MPと48 MP
1/2.3インチCMOS
有効画素数:12 MP
レンズ 焦点距離:24 mm
絞り:F2.8
焦点距離:24 mm
絞り:F2.8
解像度 ~4K60fps ~4K30fps

 

 

 

 

 

 

Sponsored Links