【写真から動画まで】カメラ歴1年!初心者の機材やおすすめアイテムをご紹介します!

カメラ歴1年が経過!写真から動画までいけるおすすめ機材!
nike(ニケ)
いつもご覧いただきありがとうございます!nikeです。
今回は僕のカメラ機材についてご紹介です!

僕は2018年の12月25日に人生初の本格カメラを購入しました!
(自分へのクリスマスプレゼントです笑)

僕がカメラを始めたきっかけについてはこちら!

正確には1年と3ヵ月くらいですが、ようやく写真や動画もひととおりできるものが揃い、Youtubeも始めたりしたので、いったんまとめてみたいと思います!

この記事はこんな人におすすめ!
・これからカメラを始めようと思っているけど、初心者の機材ってどんな感じ?
・カメラを始めたものの、これからどんなものを揃えればいいかわからない
・写真だけじゃなく、Youtubeなど動画もやってみたい!

今僕が実際に使用している機材やアイテムを中心に、これからどんな機材を購入しようと思っているのか、作例とあわせてご紹介していきます!

【初心者のカメラ機材】カメラ本体+レンズ

2020年3月時点で撮影機材として使用しているのは、ミラーレス一眼レフカメラとiPhoneです。

それぞれ見ていきます!

ミラーレス一眼:SONY α7RⅢ

SONY α7RⅢ
α7RⅢの主な特徴
・フルサイズセンサー
・画素数4,240万画素で超高解像度
・連射最高10コマ/秒
・5軸手振れ補正で写真も動画もブレを軽減
・4K対応
・防塵防滴

初心者が始めに買う1台としては、完全にオーバースペックなカメラ(笑)

それでも僕がこのカメラに決めたのは、これから本格的にカメラを始めたかったから。

せっかく買うのなら1年2年で買い替えるようなものではなく、1台を長く使いながらより使いこなせるようにしたかったんですよね。

ちなみにこのα7Ⅲは、あと3~5年は余裕に第一線で戦えるカメラです。もっとかもしれません…

とにかく描写力が素晴らしく、「それまでカメラなんてスマホでいいじゃん」と思っていた僕は雷に打たれたようでした。

後ほど作例でも写真と動画でご紹介しますので、ぜひ見てみてください!

Instagramには、ほぼすべてこのα7RⅢで撮ったものをあげています。

レンズはキットレンズというお手頃なセット商品を未だに使っています。

上級者からみると、「そんなにいいカメラボディを使っているのに、もったいない!!」

と言われてしまうのは確実(笑)

そろそろ新しいレンズを購入するつもりです!

スマホ:iPhone 11Pro

iPhone 11Pro 本体

iPhone 11Proもサブカメラとしてとても活躍しています。

主に使うのは動画

写真ももちろん悪くないというか、画質はとてもきれいなのですが、どうしても色味が気になってしまいます。

人工的に作り出した印象が強いので、なるべく写真は一眼レフ。

動画として活躍するのは、Vlogと呼ばれる日常系の動画を撮影する際に、インカメラで自分を映したり、移動中のワンカットなどわざわざ一眼を構えていられないときです。

機動性という意味では、スマホのほうが圧倒的に扱いやすいですね!

また、手振れ補正が強力なので、手持ちでも移動しながら撮影可能です。

後ほどご紹介するジンバルと併用すると、最強!!

【初心者のカメラ機材】カメラバッグ

カメラバッグは2つを使い分けています。

ある程度荷物を持っていく場合と、カメラと財布や鍵など最小限のもので撮影に行く場合で2パターンです。

メインバックパック:Peak Design(ピークデザイン)Everyday Backpack ZIP 15L

Peak Design(ピークデザイン)Everyday Backpack ZIP 15L
このバックパックを愛用している理由
・ミニマルなデザイン
・堅牢性の高さ
・型崩れしない
・15Lというコンパクトさで、最大限収納できる
・どれだけ詰め込んでもなぜか軽く感じる
・防水素材に止水ファスナー

バックパックのメリットは、上に書いたとおりなのですが、これ本当に凄いんです。。

中の空間を自分でカスタマイズできるようになっているので、そのときの荷物に最適な収納環境を作ることができます。

こちらで詳しくレビューしています!

サブバッグ:Peak Design(ピークデザイン)Everyday Sling 5L

Peak Design(ピークデザイン)Everyday Sling 5L

こちらのEveryday Sling 5Lは、先ほどのバックパックととても似ていて、防水である点や収納がカスタマイズできる点など同じ仕様になっています

だいたいこのかばんで出かけるときは、写真のようなモノを持ち運んで気軽に撮りに行く時が多いです。

ほどよいサイズ感なので、カメラ用途でなくても使えるのと、スーツケースに入れて出張時のサブバックとしても優秀!

現在はEverydayシリーズがリニューアルされて、さまざまな大きさのラインナップが登場しています。

ぜひこちらもチェックしてみてください!

 

【初心者のカメラ機材】マイクや周辺アイテムなど

カメラ初心者の機材 周辺アイテム
周辺機器一覧
・三脚:ゴリラポッド 5K
・三脚:Manfrotto PIXI EVO
・モバイルジンバル:ZHIYUN SMOOTH Q2
・カメラマイク:RODE VideoMicro
・スマホホルダー:Ulanzi
・スマホ用変換ケーブル:AORO 3.5mm パッチケーブル
・Lightning-イヤホンジャック変換ケーブル:エレコム ヘッドフォンアダプター 変換ケーブル

一覧にしてみるとこんな感じ!
(※ジンバルだけ写っていません)

金額としては合計で3万5000円くらいになります。

こちらのアイテムはすべて、なくてはならない必需品ではありません。

用途と合わせてご紹介するので、それぞれ必要そうかどうか参考していただけたらと思います。

三脚

Manfrotto PIXI EVO

三脚は2つ使用しています。

基本的によく使うのが②のマンフロットのもの。

非常にコンパクトで、手持ちで動画を撮影するときにもPIXI EVOを取り付けて撮っています。

支えが効くので、より手振れ補正のないスムーズな動画を撮ることが可能に!

こちらはお値段もそれほど高くないので、すぐに買って正解なアイテム!

 

一方でJOBYのゴリラポッド(一覧写真の左)はどう使うかというと

・Manfrottoでは高さが足りない

・外でパイプや柵に固定して撮影

なんといっても、足の部分にある丸っこいやつ1つずつが動くようになっているので、グニャグニャと動かすことができます。

優先度としてはすぐでなくてもいいと思いますが、1台あるととても便利!

ちなみに、種類がいくつかあるんですが、普通にミラーレス1眼と標準ズームレンズくらいの重さであれば、5Kではなく3Kがおすすめです!

やはり、なるべく小さいほうが扱いやすい!

カメラマイク

SONY α7ⅢとRODE VideoMcro

カメラマイクは、どこの誰に聞いてもはじめの1台はこれだというのがRODE VideoMicro

僕も何も考えずに一択でこれを買いました!

風防がついているので、非常にいかつく見えますが、本体はとてもコンパクト!

カメラから電力を供給するので充電も不要です。

Youtubeにあがっている動画の音声はすべてこのマイクで拾っているので、ぜひ参考にしてみてください!

※Amazonは類似製品にご注意ください!正規品はこちら!

 

モバイルジンバル

ZHIYUN SMOOTH Q2

ジンバルとは、より映像をスムーズにブレなく撮るための機材です。

もちろん、一眼レフ用のジンバルもあり、そちらのほうがよりハイクオリティな映像を撮ることができますが、持ち運びが大変すぎるのと、セッティングなどもいちいちめんどくさいので、正直はじめのうちはあまりお勧めしません!

手軽にできて、かつ映像クオリティもかなり劇的に上げられるという意味で、モバイルジンバルがおすすめです。

スマホ専用のジンバルですね!

僕が使っているZHIYUNのSMOOTH Q2は高級感もあり、とにかくコンパクトなので、カバンの隙間やポケットに入れておくだけでOK!

レビュー記事では、こちらを使ってiPhoneで撮影した映像も公開しています!

そのほかのアイテム

・スマホホルダー:Ulanzi
・スマホ用変換ケーブル:AORO 3.5mm パッチケーブル
・Lightning-イヤホンジャック変換ケーブル:エレコム ヘッドフォンアダプター 変換ケーブル

そのほかご紹介したこちらの商品は、iPhoneでRODEのマイクを使うためのアイテムになります。

iPhoneはマイクも優れているので、単体でも問題ありません。

ただ、風切り音を防ぐためであったり、しっかりと自分の声を集音させるために、どうせマイクがあるなら使えたほうがいいと思いました!

もともとRODEのマイクに付属のケーブルはiPhoneでは使用できないので注意が必要です!

これらのアイテムを一通りそろえると、先ほどの三脚も活用してこのような感じでセッティングが可能です!

【初心者のカメラ機材】動画編集に関して

iPadProの動画編集環境

動画編集については、すべてiPad Proで完結しています。

とくに、Magic keyboardと組み合わせて使うのが最強!

一般的なスペックのWindowsを使うくらいであれば、iPad Proを使ったほうがよっぽどサクサク編集することができます!

フルHDで撮影した一眼レフの動画も問題ありません!

ちなみに、アプリはLumafusionというものを愛用しています。

Adobe Premiereなど本格的なソフトと比べるとできることは限られますが、逆にシンプルで使いやすいので、動画制作のとっかかりとしてはとてもおすすめ!

せっかくカメラを始めるのであれば、写真だけでなく動画も撮ってみましょう!

写真や動画など、カメラで撮るようになると、これまでよりもデータ容量が大きくなり、ネット環境がかなり重要になります!

僕が使っている「どんなときもWiFi」は完全データ使用量無制限なので、自宅でも外出時にもこれ1台でネット環境が整います。

写真や動画を扱う方にはイチ押しのネットサービス!

合わせて読みたい!

・外出時も家でもこれ1台でネットはOK! 容量無制限のどんなときもWiFi

おまけ|写真と動画の作例をご紹介!

これまでに撮影した写真や動画をジャンルに分けて載せてみます!

※撮影した写真はLightroomで編集しています

風景・スナップ

previous arrow
next arrow
Slider

ブツ撮り

previous arrow
next arrow
Slider

動画

最後に|これから購入したいカメラ機材について!

いかがでしたか?

1年ちょっとカメラをやってきて、時間が経てばたつほど、最初にケチらなくてよかった

ということを強く感じるようになりました!

僕もまだまだ初心者なので、これから少しずつカメラ機材を拡充させたいと思います!

今考えているものとしては、まずレンズ

すでに狙っているものはありますが、また購入次第記事にしたいと思います!!

あとは、サブカメラについて。

できればiPhoneでなくコンパクトデジカメがあると理想。。

そして、なんとか今年中には、ドローンも購入したいところ!

この記事を読んでくださった皆様と、健全にカメラ沼に使っていけると嬉しいです(笑)

最後までご覧いただきありがとうございました!

Sponsored Links