【レビュー】HushTug (ハッシュタグ)のスクエアポーチ 「コンパクトに凝縮された存在感と高級感」

【レビュー】HushTug (ハッシュタグ)のスクエアポーチ 「コンパクトに凝縮された存在感と高級感」

 

nike(ニケ)
いつもご覧いただきありがとうございます!
革製品好きな運営者のnike(ニケ)です。

 

僕はこれまで小物やガジェットを持ち運ぶときに、いつも適当な袋やカバンの中の収納スペースに入れていました。

ただ、入れ替えがめんどくさかったり、持っていくのを忘れてしまうことも多々…

 

頻繁に持ち運ぶものはポーチにまとめておきたいなと前々から思っていたんですが、なかなか自分の条件に見合うものがありませんでした。

そんな中で、僕が愛用しているトートバッグのブランド、HushTug(ハッシュタグ)のスクエアポーチが「まさにコレ!」というアイテムだったんです!

 

購入しようと思ったときは在庫切れで入荷待ちだったんですが、ようやく届いたのでレビューしていきたいと思います!

 

HushTug随一のリーズナブルな価格設計に、日常使いしやすくコンパクトに凝縮された存在感と高級感

自信を持っておすすめできる逸品です!

 

 

愛用しているHushTugのトートバッグはこちら👇

 

HushTug(ハッシュタグ)ってどんなブランド?

ポテンシャルの高いモンゴルレザーを技術やデザインで最高の形にする

 

「HushTug」が使用しているモンゴルレザーはとてもポテンシャルの高い素材です。

その最大の特徴が「革の丈夫さ」

夏は30℃、冬は-40℃という変化の大きい過酷な環境下で育つため、ケアが楽で耐久性に長けた革になります。

 

ドイツの高級車や、ヨーロッパのブティックで使用されるほどのモンゴルレザーですが、モンゴル国内では革の加工やデザイン力が弱点でした。

そこで、日本の技術やデザイン力をモンゴルにも活用してもらいながら、丈夫なモンゴルレザーを使って長く使える高品質な製品を作るブランドとして誕生しました。

 

ものづくりを通じて、モンゴルの社会問題に貢献

 

ブランド誕生の背景には、深刻なモンゴルの社会問題もありました。

僕もモンゴルと言えば、大自然や遊牧民というイメージだったんですが、都市部では外を歩くことができないほどに、大気汚染が進んでいるそう。

電気の使えない人たちはで極寒に耐えるため、プラスチックなど不燃物まで燃やしているのが原因となっています。

 

ただし、この裏にある1番の課題は社会的な格差。

この問題を解決するため、「ものづくりを通じてモンゴルに産業をつくる」というのが「HushTug」の大きな挑戦です。

 

中間業者を通さないから実現できるリーズナブルな価格と透明性

 

商社や卸先の小売店を挟まないことで、中間コストがかからずリーズナブルな価格で高品質な製品を提供できます。

僕が使っているトートバッグも2万円程度で購入することができますが、もし百貨店など店頭で売られていた場合、だいたい4万円にまで価格が上がってしまいます。

僕たちがふだん目にしている多くの商品にこんな感じで価格がつけられていると思うと、もったいない気がしてしまいますよね。。

 

 

「HushTug」では製品を作って販売するまでにいくらかかっているのか、という原価を公開しています。

ブランドが自信をもってものづくりをしているからこそできることですし、購入する立場としても安心できますよね!

 

 

クラウドファンディングでの大成功:目利きの間で話題に

 

「HushTug」の人気に一気に火がついたのはクラウドファンディングがきっかけ。

レザー好きな人や、HushTugの魅力にいち早く気づいた人の間で話題になり、目標金額に対して561%達成の大成功となりました。

 

HushTug (ハッシュタグ)のスクエアポーチ|外観・内観

外観

HushTug (ハッシュタグ)のスクエアポーチ|外観

 

大きさ:縦11.5×横16.5×奥行き6.4(cm)

重さ:108g

 

ポーチとしては決して小さくはないサイズ感。

ただ、男性であればちょうど手の大きさと同じくらいで握り込めるコンパクトさ。

 

HushTug (ハッシュタグ)のスクエアポーチ|外観

 

耐久性に長けたモンゴルレザーの黒を基調に、金色のファスナーが映えます。

HushTugのブランドロゴは控えめの型押しなので、革の魅力に浸れるデザインスクエアポーチ

 

内観

HushTug (ハッシュタグ)のスクエアポーチ|内観

 

内側には、光沢があり強度の高いナイロンが使用されています。

カバンの中で充電機器類が多少ぶつかっても破れるようなことはなさそうです。

 

仕切りなどは一切ないので、持ち運びたいものを気兼ねなくポンポンと収納可能!

 

 

HushTug (ハッシュタグ)のスクエアポーチ|収納例と使用感

収納例

HushTug (ハッシュタグ)のスクエアポーチ|収納例

 

ふだん持ち歩くときは、こんな感じのものを入れています。

ポーチの中身
・モバイルバッテリー 大/小どちらか
・充電器
・USBケーブル×2
・ワイヤレスイヤホン
Airpods Pro/Beoplay E8

 

HushTug (ハッシュタグ)のスクエアポーチ|収納例 HushTug (ハッシュタグ)のスクエアポーチ|収納した状態

 

モバイルバッテリー(大)とその他のアイテムを収納した状態がこちら!

大容量のモバイルバッテリーもちょうど収まるサイズ感なのが嬉しすぎます。

イヤホンはポケットに入れて持ち運ぶことが多いので、まだゆとりがありますね!

 

HushTug (ハッシュタグ)のスクエアポーチ|収納例2 HushTug (ハッシュタグ)のスクエアポーチ|収納した状態

 

こちらはモバイルバッテリー(小)のパターン。

イヤホンを2つ同時に入れるのは稀ですが、両方でも問題なく入りました。

 

僕はガジェット類を主に入れていますが、とてもシンプルで高級感あるデザインなので、化粧品ポーチとしてもバッチリ使えます!

 

使用感

あまり100点をつけることってないんですけど、今回ばかりは冗談抜きで100点です…(笑)

僕がポーチに求めていた要素が全部入りなんですよね!

 

条件を下記のように考えていました。

僕がポーチに求める条件
  • 持っていてテンションが上がる
  • 高級感(できれば本革)
  • ある程度の収納力
  • かさばらないようなコンパクトさ
  • 万が一落としたときのクッション性

 

「欲張り!」と思われてしまいそうですが、スクエアポーチにはこれらがすべて詰まっています。

それを可能にしているのは、絶妙なサイズ設計と素材・デザインの良さ。

 

 

実際に使ってみて、本当にこのサイズ感が素晴らしい!!

大きすぎると中身がぐちゃぐちゃになるし、小さくてもダメ。

持ち歩きたいモノがひととおり収納でき、安定するんですよね。

 

HushTug (ハッシュタグ)のスクエアポーチ|使用感

 

HushTugのモンゴルレザーは生地感がしっかりしていてトラ目(表面に凹凸のある加工)になっているので、中身の保護力はわりと高め。

機器類を入れているので、万が一のときにもリスクを軽減してくれます。

 

内部に仕切りがないのは賛否が別れますが、このコンパクトさで仕切りをつけると大きなモバイルバッテリーなど入らなくなってしまうのも出てくるので個人的にはないほうが良いかなと!

とても使いやすいので、毎回カバンに入れて持ち歩いています!

 

毎日お気に入りを入れて持ち歩く魅力の詰まったポーチ

HushTug (ハッシュタグ)のスクエアポーチ|毎日お気に入りを入れて持ち歩く魅力の詰まったポーチ

 

ポーチはあくまで収納道具ではありますが、今回のHushTug スクエアポーチ単体でも十分存在感と高級感を感じる魅力の詰まったアイテムです。

僕がポーチに求める条件
  • 持っていてテンションが上がる
  • 高級感(できれば本革)
  • ある程度の収納力
  • かさばらないようなコンパクトさ
  • 万が一落としたときのクッション性

これらが全部入りなので、僕と近い条件を求める方であれば間違いなくハマるポーチです!

 

ぜひチェックしてみてください!

最後までご覧いただきありがとうございました!!

 

 

Sponsored Links