毎月定額で働きながら世界を旅する HafH(ハフ)

毎月定額で世界に住める新しいサブスクリプションサービスHafH

働き方改革が叫ばれる中、実現し拡大したら大きく働き方を変えてしまうようなインパクトあるプロジェクトのスタートが決定しました。
それが今回ご紹介する HafH(ハフ) というサービスです。
長崎のスタートアップ、株式会社KabuK Styleから始まりました。

HafH(ハフ)とは

HafHとは簡単に説明すると、

世界を旅するサブスクリプションモデルの新しいサービスです。

具体的には、
光熱費・ネット費用・敷金・礼金・保証金がオールインワンなって毎月定額で世界中を旅できるのです。
世界中旅すると言ってもずっと遊べるようなお金はないし、、
という方も大丈夫です。

これがこのサービスの肝の部分でもありますが、
なんとこのHafhによって職場がそれぞれ用意されています。
働きながら、居住費などはすべて一律で世界を周ることができるのです。


より楽しく快適に暮らすためのこだわり

こちらは、長崎にオープンする1号店のHafH SAIですが、3階建で1階にカフェ、2階にコワーキングスペースと観光客用ドミトリー、3階にコーリビング用のシェアハウスを設えています。

リノベーションには、若手実力派の百枝優氏を起用。
Casa Brutus12月号にも若手建築家として掲載されていました。

HafH Cafeでは、ブルーボトルコーヒーで初代リードバリスタを務めた、みほし焙煎珈琲製造所の向山岳氏が監修をしております。
陶器にも地元の波佐見焼を使い、オリジナルコーヒーを楽しむことができます。

おすすめの波佐見焼!

コワーキングスペースでは、
アウトドアブランドのスノーピークと提携をし、よりクリエイティブな環境で仕事を進めることができます。

自然の中にいると集中力が高まったり、ストレスが軽減したりすると言われておりますが、 その効果を最大限に引き出すために、自然の音を季節・時間に合わせて届ける「R-LIVE(R-LiVE HP)」と提携し、本当に森の中で仕事をしている感覚で、スノーピークのテントで打ち合わせをする環境が整います。

今後の展開について


先程ご紹介したHafH1号店のSAIは、2019年1月8日にオープン予定となっています。
(とても縁を感じる名前です。。笑)

その後HafH Networkは、福岡、大阪、東京、横浜と国内では4箇所、
海外ではマレーシアのクアラルンプール(Gacktさんが住んでいるところですね)とベトナムはハノイに拡大を予定しているそうです。

ぜひmakuakeでチェックしてみてください!

最後までご覧いただきありがとうございました!!

Instagram