【世界初】純チタン製カトラリー Ensō Edition

クラウドファンディングのmachi-yaにて目標金額を大幅に上回り、製品化が確定した
世界初の純チタン製カトラリー 「Ensō Edition(エンソー・エディション)」

この製品をプロデュースするのは、カナダはトロントに拠点を構える
Thingyfy社のTi22チームで、チタンを加工する特殊な技術を用い、
貴重なチタン製品をリーズナブルな価格で提供しています。

 

シンプルかつモダンなチタン美

チタンは硬度、融点、化学耐性が他の金属より大変高いため、
扱うことがなかなか難しかったものの、逆にチタンだからこそ実現できる
機能性、見た目の美しさはほかの追随を許さない唯一無二のものがあります。

 

チタンの潜在能力の高さ

チタンは空気に触れると、ナノコーティングを生成し、
このチタニア(TiO 2)には、細菌の繁殖を防ぐ強力な抗菌効果があります。
上の写真は、ペトリ皿に一般的なステンレス鋼標本2種類(AとB)とチタニア(TiO2)をコーティングしたステンレス鋼標本を置いて24時間経過した時点での黄色ブドウ球菌と大腸菌コロニーの繁殖状態を示しています。チタンの抗菌力の強さは一目瞭然です。

そして大きな特徴が、圧倒的な耐久性です。

①耐腐食性が高い
チタンの腐食速度は非常に遅く、海水に4000年間漬けていても表面の海水浸透は1㎜未満です。

②耐熱性が高い
アルミニウムの融点が660℃なのに対して、チタンの融点は1668℃なので、チタンは熱に対する耐性も極めて高いことになります。

③熱伝導率が低い
ステンレスや他のカトラリー素材と比べて、チタンは熱伝導率が極めて低く、室温から変化しにくい性質があります。「Ensō Edition」のスプーンなら、熱いスープやコーヒーにしばらく浸していても熱くならないので、手を火傷しそうになることはありません。

④超軽量で硬度が高い
チタンは、すべての金属の中で最も強度対重量比が高いので、一般的な鋼よりもかなり硬くて軽量です。そのため、飛行機のエンジン、ドーム球場の屋根、橋梁、人工関節などに広く用いられています。

 

世界初の純チタン製カトラリー 「Ensō Edition(エンソー・エディション)」
ぜひmachi-yaでチェックしてみてください!

 

Sponsored Links