ジョブズになれそうなカフェ dotcom space Tokyo

【テクノロジー×デザイン×コーヒー】

2019年3月15日にオープンしたばかりの渋谷区にあるdotcom space Tokyo

見ていただいてわかるとおり、シンプルな構図、モダンなデザイン、そしてとても広々とした空間となっています。

「テクノロジーと暮らしの共生」

最近はAIを始めとするテクノロジーの進化により、楽しく暮らせるようになるというよりは、どちらかというと職が奪われたりというように、テクノロジーに対して恐怖心を煽るようなことが囁かれています。

ただ、本質的にテクノロジーはもっと暮らしをよくしてくれるもの、生活に寄り添ってくれるものだということを、体験や空間デザインと掛け合わせて実現しているのが、中国北京に本社を構えるdotcomです。

世界中のたくさんの人たちに愛される「コーヒー」。デザインやテクノロジーなど様々な点(dot)をコーヒーが繋ぐことによって、異なる分野の人が集まり、繋がって、新しいコミュニケーションやクリエイティビティを生み出し発信する場所になることを目指しています。最初はデザインやテクノロジーなどのdotから始まりますが、お客さま一人一人、そして新たなコンテンツがdotとして次々に加わっていくことで、有機的にかたちを変え、広がっていく場となることを期待しています。

(PR TIMES プレスリリースより引用)

コーヒーを通して点と点をつなぐdotcom space Tokyo

まさにスティーブ・ジョブズが言うところの「Connecting the dots」を体現しています。

スライドショーには JavaScript が必要です。

・ミリ単位でバリスタの腕の動きを忠実に再現するハンドドリップマシーンDrip

バリスタが不要になるかというと、まったくそんなことはありません。
バリスタはよりお客とのコミュニケーションに時間を使うことができ、ほんとうに個に合わせたコーヒーを提案することができます。

・ミルクにも手を抜かない、ミルクディスペンサーDrop

コーヒーを淹れるにも、ミルクを使うのかそうでないのかによって淹れ方は変わってきます。
そうなると出来上がったコーヒーにどれくらいの量を入れるのか、これも重要です。

クリエイティブになれる空間デザイン

ゆったりとした空間にレイアウトされるシンプルなデザインの家具

てがけているのは、KEIJI ASHIZAWA DESIGN

家具は建築家の芦沢啓治氏が2011年に設立した石巻工房より、
定番のものに加え、「東京ブルー」を基調としたオリジナルのものが使われています。

View this post on Instagram

Ishinomaki Laboratoryさん(@ishinomakilab)がシェアした投稿

そんな石巻工房のこだわり家具をいくつかご紹介します。

よりクリエイティブになれるように、テクノロジーを暮らしの中で感じられるようにデザインされたdotcom space Tokyo

とてもすっきりとしたミニマルな空間なので、頭を整理したいとき、いいアイディアがほしいときなど、ノマドワーカーやブロガー、読書好きな人には最適な場所だと思います。

テクノロジー×デザイン×コーヒー
ぜひ体験してみてください!

Instagram