大学生にクレジットカードは必要?メリットデメリットや親を説得する方法を解説!

いつもご覧いただきありがとうございます!nikeです!

暮らしのキャッシュレス化、もう進めていますか?
キャッシュレスの流れと切っても切り離せないのが、クレジットカード。

作ろうか考えているけど扱えるかどうか不安。
親にお金の使い方を心配されて、作りたくても作れない!

特に学生の方は、こんな状況の方も少なくないと思います。

結論としては、
学生もできるだけ早いうちからクレジットカードを持つべきです!

今回は、親ブロックを回避する方法を含めて、クレジットカードを持つべき理由おすすめのクレジットカードについて紹介していきます!

注意点やデメリットをチェック!

クレジットを持つべき!とはいえ、正直リスクもあるものなので当たり前の内容ではありますが、改めてどんなことに注意するべきか見てみましょう!

ハマってしまうと大変ですが、事前に理解して対策することで回避できるので安心してください!

人生の幸福度が激減する負の循環に陥る

クレジットカードの最大の特徴は、
支払いを先延ばしにできる=今すぐお金がなくてもモノを買える

よくあるパターンとして、「来月のバイト代が入るから大丈夫!」と思っていたら、サークルのイベントなどによる急な出費で足りない…

無理やり短期のバイトを増やしたりします。

1番何が問題かというと、お金を稼ぐスタンスです。
このケースでは、支払いを間に合わせるために負債に追われて働いています。

怖いのは働いて無事間に合わせた後です!
働いて頑張ったからという理由から自分にご褒美を与えようとするのです。

何かいいことをした後には、多少リターンを求めて誘惑に弱くなるというモラルライセンシング効果というものが働きます。

そしてまた負債に追われてという循環…
リボ払いだけは底なし沼なので、避けましょう!!

幸福度を上げるスタンスとは、絶対に報酬を先に持ってこないこと。旅行だったりほしいものを手に入れるという自己実現のために働きましょう!

後ほど紹介する本田健さんの『Happy Money』にもありましたが、ポイントはお金を使うときに、衝動的にではなく意識的に消費すること。

将来本当に大きなお金が必要なときに融資してもらえない可能性も

クレジットカードとは、
クレジット(Credit)=信用
によって成り立っている仕組みです。

信用情報というものがコツコツと蓄積されていき、何か審査をされるときには必ずチェックされます。

代表的なのは、家を借りる住宅ローンや、奨学金を申請するとき、クレジットカードを新しく作るときもそうですね!

そのため、若いうちに未払いで滞納してしまったり、クレジットカードを満額まで複数枚使って返済不可になったりすると、いざ人生の節目で必要な時にお金を借りられないということが起こり得ます。

それの1番まずいケースが、闇金を頼ってしまうことですね。
通常の融資期間でお金が借りられない人に対して、超高利子で貸し付けを行います。

 

クレジットカードを学生が持つメリット

ポイントの運用

クレジットカードを利用すると、ご存じのようにポイントが付きます!

たとえば、私も1番使っている楽天カードだと、
カード利用額100円につき楽天スーパーポイントを1ポイント付与されます。

楽天市場を利用されている方は、商品によってポイント5倍、10倍といったものもあるので、かなりお得です!

お金の使い方を学ぶことができる

個人的にはこれが1番のメリットだと思っています。

とにかく今は情報化社会です。クレジット関連の情報もうまく仕入れることでかなり生活の役に立ちます。

今のキャッシュレスの流れを見ればわかる通り、今後現金を扱うことは急激に減って、数字上の架空のものになっていきます。

これがほぼ確実な以上、

いずれは使わなければいけないものを敬遠して避けるのか
取扱額が少ない今のうちから少しずつ勉強するのか?

答えは明確です。
扱う額が大きくなってから失敗をしてしまうと、取り返しのつかないこともあります。

会社でも失敗できるのは新人のうちだけと言われていますね。

今すぐまずは始めてみましょう!

残念なことに、お金のことは絶対に学ばなければいけないのに、日本の教育では教えられません。

先ほど紹介した本田健さんの『Happy Money』
お金の本当の役割や、成功者のお金との向き合い方など、必読です!

現金よりも実は安全

お財布を無くされたことはありますか?

クレジットカードには、紛失や盗難で万が一誰かに不正利用された場合、損害額を全額カード会社が補償するという保険があります。

そう考えると、現金を持ち運ぶよりお財布もすっきりしますし、安全性も高いので選ばない理由はないですね。

使いすぎ注意という点については、アプリを使用することで回避できます!

私が使用しているアプリはこちら!
クレジットと連携して使用するたびに家計簿に自動記載されるので便利です!

Moneytree 家計簿より楽チン

Moneytree 家計簿より楽チン

Moneytree無料posted withアプリーチ

 

おまけ:反対する親を味方につけるには?

さて、これらのメリットデメリットを十分に理解したうえで、あとは実際に作るために親を説得しましょう!

中には未成年でも親の承認なしで作れるものもありますが、どちらにせよ親には報告しておいたほうがいいと思います。

伝え方のポイント

【導入】ちゃんとお金について考えている、勉強しているスタンスで入る。
【警戒心を解く】デメリットをこちらから説明する。
【アピール】メリットを伝聞法で伝える。
【クロージング】親のメリットにもなることを訴求。

まず、始めから作りたいではなく、向き合って考えるスタンスがいいと思います!

そして懸念となるポイントについては、言われる前にこちらから触れましょう!
これ営業の鉄則ですね(笑)

メリットをつたえるときは、自分がこう思うではなく、こうらしいという伝え方をするのがコツです。

そして最後のフェーズでは、相手のメリットにもなることを訴求してゴールインです。
よくクレジット会社では、紹介キャンペーンをやっています。

仮に楽天カードを親が持っていなければ、まず親に作らせるのです。
楽天は入会するだけで5000~8000ポイント程度付与されるので、そのポイントと自分の紹介で1000~2000ポイントさらにつくと。

「今ちなみに1万円弱あったら何ほしい?」

この必殺トークで落としましょう(笑)

すでに楽天カードを持っている場合で、1000円程度のメリットでも金額以上の効果があります!

モノマリストが学生時代から愛用しているおすすめクレジット

ここまで長くなってしまいましたが、下準備が整ったらあとは何を作るかですよね!

今回は、基本的に年会費のかからない、かつメリットの大きなもので学生時代から自分も愛用している、絶対に持っていて損はないものを紹介します!

万能かつ使いやすい楽天カード

楽天カードの特徴
・年会費無料
・楽天市場でのお買い物でポイント3倍以上
・楽天市場以外でも1%以上の高還元率
・使用状況の確認や支払い変更などアプリが使いやすい

私も最も使っているカードが楽天です。
細かい特徴はいくつもあるものの、学生時代最初の1枚として作り、今でも使っている理由はシンプルです。

ポイントによる高還元率
カードアプリの中で圧倒的に見やすく使いやすい
無料で使えるのに入会特典がすごすぎる

クレジットカードのリスクを回避するために、クレジットの状況をしっかり把握しておくのはとても重要です。
そのうえで、楽天カードのアプリはとても心強いです!

楽天カード

楽天カード

RAKUTEN CARD,INC.無料posted withアプリーチ

そしてなんといっても入会特典!!

無料で使えてポイント還元率も高いのに入るだけで楽天ポイントがもらえちゃいます!
私も母を巻き込んで、紹介キャンペーンも併用しながら入りました!

 

学生の交際費にありがたいエポスカード

・年会費無料
収入のあるなしにかかわらず、18歳以上で最短即日発効可能
・カラオケや居酒屋など、全国10,000店舗以上で優待待遇
・招待状で永年無料のゴールドカードに!

収入がなくても、高校生でない18歳以上であればだれでも作ることができるのは大きな特徴です!

特にまだほとんどバイトしていない大学初期でも始めの1枚として作りやすいですね!

ただ、先ほどの楽天よりも審査が厳しく、ほかに何枚も持っていると作れない可能性が高いため、1枚目にエポスカードを作成し、少し後に楽天カードという流れでもいいかもしれません。

また、学生は飲み会だったりカラオケに行く機会も多いと思うのですが、エポスカードで行ったほうが断然お得です。

ルーム料金のケースですが、
たとえば、シダックス、ビッグエコー、カラオケ館、ジャンカラではルーム料金から30%OFFとなります!

結構大きいです。5000円だと1500円程度安くなりますし!

あとは飲食店!あくまで一例です!

店舗 特典
ロイヤルホスト 5%OFF
モンテローザ系列(魚民、山内農場、笑笑) 2.5%ポイント還元
くいものや「わん」 10%OFF
丸山珈琲店系列 10%OFF
スターバックス

カード購入でポイント5倍

また、カードの利用状況がいいと、会社から招待状が届いて、なんとゴールドカードを永年無料で使えてしまいます。

もちろん一定額クレジットカードを使用しないといけないので、学生がすぐには実現しづらいですが、将来そうなったら嬉しいですよね!

最後に

クレジットカードという仕組み自体を否定してしまって、メリットを一切受け取らないのってすごくもったいないなと思います。

特に日本の特性として、お金に対して消極的な面があると思っていて、お金を稼ぐのが悪という偏見だったり、謎の現金主義がはびこっています。

仮にそういう風に言われ続けたとしても、自分はそういう固定概念をなくして実際に扱ってみる。

繰り返しにはなりますが、どのみちキャッシュレス化は進んでいくわけですから、その中でクレジットをもたないというのは無理があります。

お金はずっとついて回るので、自分も現在進行形で勉強中です。

ぜひ初めの1枚を決めるきっかけになると幸いです!

最後に、大学生が気になるWi-Fiや携帯の通信どうする?という問題についてはこちらをご覧ください!

Sponsored Links