アウトドアのお供にも!手軽にできる水出しコーヒーのおすすめ

こんにちは。いつもご覧いただきありがとうございます!

今回のテーマは、

「水出しコーヒー」 です!

夏本番にはぴったりの水出し
自宅で手軽に作ったり、お出かけ先の自然の中で作ったり、
楽しみ方は色々ですが、
簡単な作り方~おすすめアイテムまでまとめて紹介します!

アイスコーヒーと水出しコーヒー

アイスコーヒーと水出しと何が違うの?という話なのですが、
水出しコーヒーもアイスコーヒーです…!

COLD BREW(コールドブリュー)と呼ばれています。

淹れ方が、お湯から抽出するのか、水を使うのかの差でしかなく、
特徴としては、抽出に時間がかかってしまう反面、
お湯で入れるよりも苦みや雑味が出にくいため、
やわらかい口当たりで、優しい味になることがあげられます。

一般的な水出しコーヒーの淹れ方

水出しコーヒーを作る際に最低限必要なものは、

・コーヒー豆
・容器
・水
・(コーヒー豆を詰めるパック)

たったこれだけです。

コーヒー豆について、
ミルなどでお気に入りの豆を挽くのもいいですし、粉末上のものを使うこともできます。

【手順】
①水と粉を準備する(割合は、おおよそ10:1程度が目安です。)

②コーヒーの粉末をお茶屋おだしに使うパックに詰めて、
水に浸し一晩(10~12時間)寝かせる

パックに詰めるのがめんどくさい方は、
水出し専用で売られているものが便利です。

水出しコーヒーパックを一覧で見る

水出しコーヒーをよりおいしく、手軽に楽しめるアイテム

せっかく自宅でコーヒーづくりに手間暇かけるのであれば、
豆にもこだわってお気に入りのものを挽きたてで味わってみたいものです…

そんなときに、大々的な電動のミルではなくても、
簡単に持ち運びもできる手動ミルがおすすめです。

 

細挽きから粗挽きまで粒度を調節可能
セラミック刃を使用しているので金属臭がなく、
各パーツに分解して手入れ可能なため取り扱いもしやすいです。
コンパクトなのでキャンプ等に持ち運びも!

こちらは上のものとほとんど同じなのですが、
1度に挽ける量が30gと先ほどのものより 10g多くなっています。

豆をパックに詰めるのがめんどくさい
でもお気に入りの豆を使いたい
という人におすすめがこのフィルターインボトル
ブルーボトルコーヒーとHARIOのコラボ商品で、
豆がセットになったキット商品もあるのでぜひチェックしてください!

最後に

私もまだまだ勉強中ではありますが、
気分とシーンに合わせて自分だけのコーヒーを淹れられたら
もっと楽しくなるだろうなと思います。

ぜひ皆様もこの夏の1つの楽しみ方として、
水出しコーヒーにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

最後までご覧いただきありがとうございました!!

 

Sponsored Links