【2019年】買ってよかったモノ10選

nike(ニケ)
いつもご覧いただきありがとうございます!nikeです。
今回は2019年買ったモノの総まとめ!

1年の振り返りとして、2019年買ってよかったモノをまとめてみようと思います。

自分自身ブログを本格始動させて、とても変化の大きかった1年でした。

その中で、購入して実際買ってよかったと思えるモノだけをあえて10に絞って厳選してみました。

今回は、僕自身がどのような基準で選んでいるのか、評価軸も公開してまとめていこうと思います。

「買ってよかったモノ10選」の審査基準

「モノマリスト」「ミニマル思考」

このブログの重要なテーマである2つの観点から、3つの軸を設けました。

来年はまた少し変わるかもしれませんが、2019年は下記の3つで進めようと思います!

なお、各項目10点で合計30点満点で点数付けをしていきます。

この点数は、あくまで上位10に選ばれたモノの中で相対的に判断したものです。
この10選に入っているという点で、評価はかなり高いです。
1商品自体を評価するものではないのでご了承ください。

基準①:暮らしに影響を与えた度合い

その「モノ」を購入することで、どれだけ自分の暮らしが変わるか?

モノを買うときにはいつも自問自答しています。

たとえ金額が高くても、僕たちの暮らしが大きく改善されるものであれば、それは投資になるので買うことにしています。

逆に、安いからといってとりあえず買ってしまうと、すぐに使わなくなったりまた新しいものを購入することになるので気を付けています。

基準②:長く愛用できそうかどうか

安いものを何度も買い替えるのではなく、ある程度の質で本当に気に入ったものを長く使う。

「モノマリスト」の中核となる考え方です。

モノによっては、一定期間で買えることを前提として購入する場合もありますが、それはまた別の条件があったりします。

基本は、すぐに壊れないか、すぐに飽きるようなものではないか。

このような点を大切にしています。

基準③:愛着の大きさ

ここでランクインするものは、特に自分が気に入っているものなので150%愛着のあるものばかりです。

ただ、今回はあえて愛着を有限なものと考えて、相対的に評価していきたいと思います。

「買ってよかったモノ10選」:10位~7位

10位:ACQUA DI PARMA(アクアディパルマ)

【16点】
・暮らしに影響を与えた度合い:4
・長く愛用できるかどうか:6
・愛着の大きさ:6

10位は愛用している香水、「ACQUA DI PARMA(アクアディパルマ)」

たまたまネットでこの商品を見つけました。

ブランドストーリーやコンセプトであるイタリアシチリア島のイメージを膨らませながら、期待を込めて購入しましたが、ドストライクでした。

さわやかなマリン系の香りなのですが、チャラい感じやいやらしさのない上質な海です。

アランチャという香りを購入して、その後キノットという別の香りも追加購入しました!

 

 

9位:Peak Design Everyday Sling 5L

【17点】
・暮らしに影響を与えた度合い:5
・長く愛用できるかどうか:6
・愛着の大きさ:6

9位は、Peak Design(ピークデザイン社)のカメラ・ガジェット用バッグ。

仕切りでレイアウトを自由にデザインできるので、その都度持っていくものに応じて無駄のない収納をすることが可能です。

だいたいこのかばんと出かけるときは、写真のような感じで鍵と財布とカメラを入れてます。

シンプルながら機能性に長け、立体的なデザインでとても重宝しています。

なお、このEverydayシリーズがバージョンアップして、種類も増えているのでぜひチェックしてみてください!

詳細なレビューなどはこちらでまとめています!

8位:+CLOTHET/クロスクローゼット Regular T-shirtsスビンプラチナムスムース

【17点】
・暮らしに影響を与えた度合い:4
・長く愛用できるかどうか:5
・愛着の大きさ:8

8位はクロスクローゼットというブランドのTシャツです。

このTシャツを購入してから、もうTシャツはこれだけでいいなと思ってます。

つい先日、在庫切れが復活した連絡があったので、リピ買いで色違いを購入しました。

綿100%なのにシルキーで伸縮性もある。

ほかのTシャツと比べると、選択してもへたったりすることもほとんどないので、かなり長く使えると思います。

ただ、あくまで消耗品ということで、長く愛用できるという項目は5点です。

ローテさせつつ着用すれば、相当長く着られるはず。

7位:Apple Watch Series5

18点】
・暮らしに影響を与えた度合い:7
・長く愛用できるかどうか:5
・愛着の大きさ:6

7位はApple Watch Series5。

毎日着用し、暮らしの中での影響度はかなり大きいです。

主に使用しているのは、音楽視聴時の操作と、睡眠トラッキング、アラーム、録音です。

ただ、端末自体はすごく魅力的なのに、意外と自分が使えていないなという感覚。

2020年はこれも1つ模索していきます。

「買ってよかったモノ10選」:6位~4位

6位:DESCENTE ALLTERRAIN(デサントオルテライン) HARD SHELL JACKT CREAS

【19点】
・暮らしに影響を与えた度合い:6
・長く愛用できるかどうか:7
・愛着の大きさ:6

僕は毎月何着も衣服を購入するタイプではないです。

その代わり、着るものは本当にお気に入りの渾身のモノを選びます。

8位のクロスクローゼットもそのうちの1着ですが、こちらはさらに汎用のモノ。

真夏以外は通年で着ることができ、台風にも耐えうる防水性。

さすがに1着だと汚れや負担が集中してしまうので、今後は同系統のハードシェルジャケットをもう1着購入しようかと考えています。

5位:L’arcobaleno(ラルコバレーノ)二つ折りミニウォレット

【20点】
・暮らしに影響を与えた度合い:5
・長く愛用できるかどうか:8
・愛着の大きさ:7

5位は、L’arcobaleno(ラルコバレーノ)のお財布。

ほとんど現金を使わなくなったというのと、お金周りをいつもスッキリとさせておきたかったので、お財布ごとミニマルなものに変えました。

結果大正解!

現金を使わなくなったため、お財布の出番は少なく暮らしへの影響度は低めになってしまっています。

山羊革(ゴートレザー)で傷がつきにくく、耐久性が高いので、今後しばらくずっと愛用していきます。

4位:Peak Design(ピークデザイン)Everyday ZIP 15L

【20点】
・暮らしに影響を与えた度合い:6
・長く愛用できるかどうか:7
・愛着の大きさ:7

こちらは、12月に購入したPeak Designのバックパック。

新しくリニューアルした、Everydayシリーズの新モデルです。

これ、衝撃の凄さでした。

細かな機能性はもちろん、なによりも「軽い」ということにつきます。

バックパック本体が軽いだけではありません。

どれだけ荷物を詰め込んでも、背負ってみるとあら不思議。

人間工学に沿った曲線の設計と、ショルダーストラップにょって、手で持つと重量を感じるのに、背負ったときに本当にラク。

こればかりは、実際に長時間使ってみないとその威力がわからないので、ぜひお試しください!

詳細なレビューはこちらから!

 

 

「買ってよかったモノ10選」:3位~1位

3位:Apple Airpods Pro

【21点】
・暮らしに影響を与えた度合い:8
・長く愛用できるかどうか:6
・愛着の大きさ:7

トップ3に輝いたのは、Airpods Pro

本当に優秀で、毎日肌身離さず持ち歩いています。

抽象的な表現で恐縮ですが、暮らしへの溶け込み方が尋常じゃないです。

お持ちの方はよくお分かりいただけると思います。

スムーズな連携と、イヤホンをつけているというネガティブな感覚を完全に打破してくれたモノ。

「長く愛用できる」項目については、これ単体だけ見てしまえば絶対に使えると思います。

しかし、今後もこれほどまでに衝撃をもたらすようなアイテムが生み出されるかと思うと、そのときは間違いなく更新すると思います。

伸びしろを信じて6点にさせていただきました。

ワイヤレスイヤホンのフラッグシップたちをまとめて比較レビューした記事はこちら!

2位:金子眼鏡 FACIAL INDEX NEWYORK

【24点】
・暮らしに影響を与えた度合い:9
・長く愛用できるかどうか:7
・愛着の大きさ:8

第2位!2019年の銀メダルは「金子眼鏡 FACIAL INDEX NEWYORK」

コンタクトから眼鏡の生活へ。大きな変化でした。

眼鏡は、どうしても体に馴染まないという偏見があって、ずっとコンタクトの生活を続けていました。

使い捨てのコンタクトにずっとお金を支払い続けるのってどうなのかなとうすうす感じていた時に、縁があって購入しました。

ただ高いだけはいいモノではないというのは重々理解しているのですが、それでもある程度値段がするというのはしかるべき理由があるのだなという学びにもなった買い物でした。

今では完全に馴染み身体の一部となっています。

1位:iPhone 11Pro

【25点】
・暮らしに影響を与えた度合い:10
・長く愛用できるかどうか:7
・愛着の大きさ:8

2019年のトップを飾るのは、iPhone 11Pro

iPad 11Proは昨年購入していて、メインのスマホをiPhoneに変えたことで連携がスムーズになり、Apple Watchの購入にも至りました。

数ある魅力の中でも、バッテリーの持ちキャッシュレス化を推進してくれたことが、生活の大きな支えとなっています。

もともとGalaxy note8という大画面の端末を使用していたので、画面を小さくすることに不安がありました。

実際使い始めてしばらくは、ちょっと物足りない感がありましたが、今では逆にこのコンパクトさがとても気に入っています。

手に収まるミニマルで賢い端末は、僕の生活を激変させました。

まとめ:購入したモノで2019年を総括!

こうして振り返ってみると、どれも決して安いものではありませんが、記事を書きながら改めていいモノに出会ったなと実感します。

日々使っていて、飽きるどころかだんだんと魅力がわかってきたり、事前に理解していたつもりのメリットや特徴が実体験として積み重なってきます。

そして、年の後半ではありましたが、iPhone 11Proの購入がその後の軸を決める大きな転換点です。

iPhoneを買っていなければ、Apple WatchもAirpodsも買っていませんでしたし、さらには財布をミニマルにしていたこともなかったでしょう。

そういった意味では、2019年はApple製品によって生活の基盤を創り上げた年とも言えるかもしれません。

さて、2020年はどんなモノを購入するでしょうか?

大きなモノについては大まかに計画が立っていますが、その中でも驚きと感動のあるモノを見つけられることを自分自身楽しみにしています。

2019年の夏明けより本格始動した当ブログMoNomadですが、ここまでお付き合いくださり誠にありがとうございます。

MoNomadを何度か読んでくださっている方も、この記事が初めて!という方も本当に感謝です!

2020年も、皆様のモノ選びを通じた暮らしに少しでもお役立ちできるよう、頑張っていきますので引き続きよろしくお願いいたします。

ぜひInstagramやTwitterでお気軽にお声がけください!

それではまた!

nike(ニケ)

 

Sponsored Links