TIMEMORE(タイムモア)の手挽きコーヒーミルをレビュー!毎日使いたくなる洗練されたデザインと挽き心地

TIMEMOREの手挽きコーヒーミル SLIMをレビュー

 

nike(ニケ)
いつもご覧いただきありがとうございます!nikeです。
今回は最高のコーヒーミルをご紹介します…!

 

TIMEMORE(タイムモア)というメーカーをご存じでしょうか?

コーヒー初心者ではありますが、「せっかくなら長く愛用できる逸品を!」

ということで、探し続けてようやくたどり着いたコーヒーミルです。

 

そのほか僕がはじめに揃えたコーヒーアイテムは以下の記事でまとめています。

 

実際に試しはしませんでしたが、完全に期待値を超えていました!

今回は、そんなTIMEMOREの手挽きコーヒーミルについて、レビューしていきます!

 

「少々高くても質が高くずっと使えるモノを欲しい!」

という方であれば、初心者でも中級以上でも絶対に買って後悔のないミルです!!

 

 

TIMEMORE(タイムモア)中国のコーヒー器具メーカー

TIMEMORE【公式】より

 

TIMEMORE(タイムモア)は2012年に設立した比較的新しいコーヒー器具メーカー。

コーヒーを通じて、「よりゆったりとした時間を過ごせるように」という意味が込められています。

 

「中国のコーヒーメーカーってどうなの??」

と感じられる方も多いかもしれませんが、1つ1つのクオリティは一級品です。

なんとTIMEMOREのコーヒーアイテムは

中国上海にあるスターバックス旗艦店で取り扱っているそう!!

この事実がTIMEMOREの品質の高さを示す、何よりの証拠ですね!

 

 

TIMEMORE 手挽きコーヒーミルを開封!

TIMEMORE手挽きコーヒーミルの梱包

 

外箱の外観は、マットブラックにブランドロゴとミルのシルエットが書かれたミニマルなデザイン。

贈り物としてもかなり喜ばれそうな気がします!

 

TIMEMORE手挽きコーヒーミルを開封

 

開封するして説明書などを取り出すと、この神々しさ。

色はシルバーに見えますがブラックです!

高級な万年筆でも入っているかのような雰囲気が漂っていました。

 

TIMEMORE手挽きコーヒーミルの内容物一覧

 

暗すぎてかなり見づらいですが、こちらが内容物一式です。

布のケースや、清掃用のブラシも付属しています。

※こちらのミルの清掃は水洗いではなくブラシのみです(後ほど詳しく!)

 

TIMEMORE 手挽きコーヒーミルの外観・操作性やお手入れについて

外観と質感

TIMEMORE手挽きコーヒーミルの外観

 

ブラックですが、光でシルバーっぽく反射する色味です。

とにかく見た目が洗練された印象をまず強烈に受けました。

 

素材はアルミ金属を使用してるそうで、ダイヤモンドパターンというデザインのようです。

デザイン性だけでなく、これがエネルギー効率の機能性にもつながっているんだとか!

実際に持ってみると、かなり手触りがいいです。

嫌味な金属感がなく、安心感のある強度!

 

操作性

TIMEMORE手挽きコーヒーミルの刃

 

操作性・機能面に関して

実際に豆を挽いてみてもそうですし、これまで数々のミルを使っている方の評判を見ても、弾き心地のスムーズさは格段に良いです。

 

それを可能にしているのが写真奥に見える刃。

セラミックではなく、より鋭く切れ味の良いステンレスを採用していて、堅牢な作りとなっています。

ある程度柄の部分も長さがあり、本体の安定感も上々なので、毎日快適に豆を挽いています!

 

 

 

粗さの調整は底についているダイヤルから行います。

36段階に調節可能で、時計回りに回すほど細かい豆になっていく仕様。

豆の種類や気分によって細かな調節ができるのでありがたいポイント!

 

お手入れについて

 

清掃については、公式から出ているこちらの動画が参考になります!

注意点としては

水を使わずブラシのみでお手入れをすること!

 

TIMEMORE 手挽きコーヒーミルのメリット・デメリット

メリット / 気に入った点

メリット
・インテリアにもなるデザイン性の高さ
・初心者でも続けられるスムーズな挽き心地
・毎日粗さを調節しながら楽しめる

 

自分だけかもしれませんが、本当にデザインがドストライクです(笑)

高級感あるマットブラックで落ち着いた光り方をするこのミルは、部屋に飾っておいてもインテリアとして最適。

ふだん手の届く場所に置いておいて、毎日TIMEMOREのミルで豆を挽くのがおすすめ!

 

初心者から贅沢すぎると言われてしまうかもしれませんが、それでも豆を挽くスムーズさはレベルを問わず大事なポイントです。

36段階も調節できるので、少しずつミルと対話しながら今日はどうしようかと考えます。

 

デメリット / いまいちな点

デメリット
・粗さがどのくらいか視覚的にわからない
・柄の部分がバラバラになる

 

さすがに36段階なのですべてを可視化するのは難しいですが、今自分がどれくらいの粗さにしているのかどうしても認識できないというのが気がかりなポイントでした!

ただ、わかったのはこれで悩むのははじめだけで「もう少しこうしよう」とか「どれだけ回すとどれくらい変わるのか」などわかってくるので、だんだん気にならなくなりました。

 

柄の部分は取り外して別々になるので、欲を言えば一体化できるといいかなと思いましたが、そうなると逆にミル本体のデザイン性が損なわれるので、これはどちらを優先するかですね。。

 

付属のケースは、収納が2つに分かれているので持ち運びは問題なしです!

ちなみに、少し小さな下記のnanoシリーズでは、柄の部分が下り曲がるようになっています!

 

TIMEMORE 手挽きコーヒーミルのレビューまとめ!

TIMEMORE手挽きコーヒーミルSLIM

 

いかがでしたか?

今回ご紹介したTIMEMORE(タイムモア)手挽きコーヒーミルSLIMは

こんな人におすすめ!
・初心者だけど、少し高くても長く使える質の良いモノが欲しい!

・すでにコーヒーを嗜んでいて、そろそろミルをグレードアップさせたい!

 

こんな方には間違いない逸品です!!

金額も1万円程度なので、正直かなりコスパ高いです。。

 

僕もまだまだ初心者なので、しっかりTIMEMOREのコーヒーミルの良さがわかるように、これから勉強していきます!

どんどん愛着が増していきそう(笑)

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

Sponsored Links