【Bio:nomad(ビオノマド)】平凡な社会人の退職からノマドライフまでの実録、始めます。【0:ゼロ】

nike(ニケ)
いつもご覧いただきありがとうございます!nikeです。
今回は手短に今後の取り組みについてご報告を。

タイトルにあるとおり、僕は2020年3月をもって、新卒で入社した会社を退職します。

このブログの名前「MoNomad(モノマド)」という言葉の由来にもなっているノマド」という暮らし方。

この記事の内容
・僕が目指す暮らし方「ノマド」とは何か?
・「Bio:nomad」とは?始めるきっかけ
・「Bio:nomad」の今後の取り組み

この記事では、今後MoNomadのメイントピックとして取り上げていく「Bio:nomad」(ビオノマド)について

始めるきっかけや取り組み内容についてご紹介できればと思います!

すべてノンフィクションでリアルをお届けするので、お付き合いくださると嬉しいです!

Bio:nomadの記事一覧を見る

NOMAD(ノマド)とは?僕が目指す暮らし方

ノマドとは?遊牧民のような生き方

NOMAD(ノマド)とは、英語で「遊牧民・放浪者」表す言葉。

近年はもともとの意味から派生をして、「ノマドワーカー」という言葉にもなっているように「時間と場所にとらわれず働く暮らし方」という意味に変わりつつあります。

僕が目指すのはもちろんこちら!遊牧民になるつもりはありません(笑)

ただし、ノマドワーカーと言っても人によってかなり差があります。

中には、完全に住居、家も持たずして、バックパックと最小限の荷物だけで世界を飛び回るような人もいます。

僕が今考えている「ノマド」的な生き方は、そこまでではありません。

住居はもちろん持ちます。

最も大きな要素が、「経済的自立」という点。

会社や組織に頼らずとも、自分で生きていけるような個人のスキルを高めていくことですね。

「そんなことができれば理想的だな…」と思ってはみるものの、なかなかできないというのも実情です。

ですが、ここまでネットが普及して、環境も整っている日本にいる僕たちは、自分次第でそれができると信じています

Bio:nomad(ビオノマド)とは?始めるきっかけ

ビオノマドとは

Bio:nomad(ビオノマド)名前の由来について

僕は今回の取り組みに「Bio:nomad」(ビオノマド)という名前をつけました。

「nomad」は先ほどの意味のとおり。

「Bio」とは、フランス語でビオロジック(biologique)の略。

「有機」を意味しており、英語のオーガニックと同じ意味になります。

つまり、サスティナブル(持続可能)なノマド。

抽象的になりますが、僕なりの有機的な暮らし方、生き方を発信していければと思います。

Bio:nomad(ビオノマド)を始めるきっかけ

「たった1度きりの人生、もっといろんな世界を自分の目で見て肌で感じたい」

こんな心の声が次第に強くなっていくとともに、「毎日通勤して会社で働いて、お金をもらうため、生活をするために自分の人生の大部分の時間を捧げる」

今後長い人生このままでいいのだろうかと危機感が募ったのも正直なところです。

会社で働くこと自体を否定するつもりは全くありません。

本気で自分の人生をかけて作り上げたいもの、実現したいことを仲間とともにやっていく生き方は最高にかっこいいです。

僕は結婚もしたいですし、子供も欲しいです。

でも、家族ができて責任ある立場になったら、なかなかリスクをとって挑戦することができなくなってしまう…

「何か大きなチャレンジができるとすると、今しかない!」

今後どんな方向に進むにしても、経済的に独立する基盤をつくっておきたいと思っています。

Bio:nomad(ビオノマド)の今後の取り組み

Bio:nomadではこのブログMoNomadを軸に自分の取り組みや考え方を綴っていきます。

そして、今後はYoutubeチャンネルでも動画を通じて発信していきます!!

今後の発信内容
・社会人になり退職するまでの経緯
・このブログを始めたきっかけや副業について
・働き方暮らし方に関する自分の考え
・どうやってノマドな暮らしを実現するのか

合わせて、TwitterInstagramも力を入れていきますので、ぜひフォローしていただけると嬉しいです!!

今後ともBio:nomadと当ブログMoNomadをよろしくお願いします!!

Sponsored Links