【コンパクト・UL】ハンモックでくつろぎたい!ソロキャンプにおすすめなハンモック5選

【コンパクト・UL】ハンモックでくつろぎたい!ソロキャンプにおすすめなハンモック5選

 

nike(ニケ)
いつもご覧いただきありがとうございます!
アウトドア・旅好きブロガーのnike(ニケ)です。

 

  • テントもいいけど、たまにはハンモックと最小限の荷物でキャンプ
  • 気軽にハンモックを持ってハイキングへ
  • キャンプ地でのお昼寝はハンモック

どれも憧れますよね!!贅沢な遊び!

 

ということで、今回はソロキャンプにおすすめなハンモックと選び方についてまとめていきます!

バックパックや自転車キャンプなど、幅広い用途で使えるようなコンパクト・UL系のハンモックを厳選してピックアップ!

この記事では、コンパクトに持ち運べるよう吊り下げ式のものをご紹介しています。

 

しっかりしたモデルでも、テントほど高くないものが多いので意外に始めやすいですよ!

それでは見ていきましょー!

 

 

コンパクト・ULなハンモック|ソロキャンプでの魅力とは?

 

ハンモックはテントに比べ自然に溶け込みやすい特徴があります。

そのため、ナチュラルにアウトドアを楽しめるというか、より自然に近い感覚があると根強いハンモックユーザーが多いですね!

また、ハンモック特有の浮遊感や揺られながら座ったり寝たりという楽しみ方は他にはない最大の魅力。

 

取り憑かれる方が続出するのもそりゃそうだという感じ(笑)

 

ソロキャンプにおすすめなハンモック|選ぶ際のポイント3つ

1. サイズと重量:持ち運びをイメージしておきたい!

バックパッキングやバイクパッキングなどのUL・ミニマム系の用途であれば、特にサイズと重量は気にしたいポイント!

テントの代わりということであれば問題ないかと思いますが、テントもハンモックも持ち運ぶとなると、やはりどんな感じで収納するかイメージしておきたいですね。

 

ソロキャンプで使うコンパクトなハンモックだと、UL系のもので150g〜200gのものはかなり軽量だとされています。

ただ、どうしても寝心地と軽量さは反比例することが多いので次の項目とあわせて考えたいところ!

 

2. 素材と寝心地:快適な睡眠は必須条件!

ハンモックによっても、寝心地は全然変わってきます。

ある程度伸縮性が高かったり、幅にゆとりがあって寝苦しくないようなものが理想。

ただ、どうしても軽量さやコンパクトさを重視すると快適さが損なわれがち。

 

特にUL系のハンモックを選ぶ際は、そのモデルの寝心地がどうなのか要チェック!

 

3. ハンモックのデザインや色:見た目は超重要です!

最後どれを選ぶかは結局のところ見た目!笑

でもほんと重要ですよね!

自分のキャンプサイトと雰囲気が合うものだったり、色を統一したり。

 

今回取り上げているハンモックはどれもファンの多い逸品ですので、最後は見た目やカラーバリエーションで選んでみてください!

 

【コンパクト・UL】ソロキャンプにおすすめなハンモック5選!

HENNESSY HAMMOCK ウルトラライトバックパッカー

 

重量 860g(ストラップ、フライシート含む)
サイズ(使用時) 254 × 122cm
サイズ(収納時) φ18 × 28cm
素材 本体:70デニール ナイロンタフタ
フライシート:1.1オンス 30デニール シリコーンナイロン

 

ハンモック界の王者的存在と言えばヘネシーハンモック。

中でもUL向きでフライシートや蚊帳まですべてワンセットになっているのが

HENNESSY HAMMOCK ウルトラライトバックパッカー

 

これさえあれば悪天候のハンモック泊までこなせる万能モデル。

すべて込みで1kgを下回るコンパクトさになっています。

高密度なナイロンで天敵の虫に背面から刺されることもありません。

 

快適さも維持しつつ軽量コンパクトにしているモデルで、大きさ以上に広さを実感できます。

 

 

KAMMOK ルーシングル

 

重量 284g
サイズ(使用時) 254 × 127cm
サイズ(収納時) 12 × 9cm
素材 40Dダイアモンドリップストップナイロン

 

ハンモックブランドとしてトップクラスで有名なKAMMOK(カモック)

さらに軽量さを追求したルーシングルULもありこちらも有力候補ですが、今回はあえて通常のモデルをピックアップ!

 

284gなので一見そこまでコンパクトに見えませんが、40Dのかなり厚手のナイロンを使用しているのが驚き…

しっかりした生地感で、柔らかくシルキーな肌触りなので寝心地も相当良いです。

 

ある程度のコンパクトさと快適さをどちらも妥協したくない方にはおすすめのハンモック!

カラーバリエーションが豊富なのも嬉しいですね!

 

 

eno SUB 6

重量 165g
サイズ(使用時) 267 × 119cm
サイズ(収納時) 表記なし(片手サイズ)
素材 Nylon Taffeta Ripstop , Super Strong Dyneema Line

 

まさにミニマム・ULキャンパー向けのモデルとなっている

eno SUB 6

 

極薄の生地ではありますがサラサラとした肌触りで寝心地も上々。

とにかくコンパクトなので、ソロキャンプやトレッキング、ハイキングなどどんな用途でもとりあえず持っていける気楽さが最大の魅力!

 

 

Hummingbird Hammocks シングルハンモック

 

重量 147g
サイズ(使用時) 264 × 127cm
サイズ(収納時) 15 × 10 × 5cm
素材 カレンダード リップストップ ナイロン

 

1つ前のenoよりもさらに20g弱軽量な

Hummingbird Hammocks シングルハンモック

ズボンのポケットに入るくらいの圧倒的コンパクトさです。

 

伸縮性がそれほど高くなく寝心地は「悪くない」という感じ。

よりコンパクトさを重視する方から選ばれているハンモック!

 

 

DD Hammocks スーパーライトハンモック

重量 270g
サイズ(使用時) 270 × 140cm
サイズ(収納時) 14 × 20 × 9cm
素材 リップストップナイロン

 

ブッシュクラフト好きから信頼の厚いイギリスのDDハンモック。

特有の包み込むような形状でとても安定感が高いのが特徴的!

 

この包まれるような寝心地と快適さが決め手となって使うユーザーが多い印象!

タープが人気ではありますが、ハンモックもかなり優秀ですよ!

 

 

コンパクト・ULなハンモックがあればソロキャンプの楽しみ方も広がる!

 

今回は、ソロキャンプにおすすめなハンモックと選び方についてご紹介しました。

特にコンパクト・UL系のハンモックなら、バックパックにテントとあわせて詰めることもできますし、流行りの自転車キャンプにもいける!

贅沢にくつろぐためだけでも気軽に持っていけますよね!

 

これまでとは違ったスタイルのキャンプも楽しめちゃいます!

1つでも気に入るモデルが見つかれば嬉しいです!

ご覧いただきありがとうございました!!

 

 

 

Sponsored Links