【ソロキャン初心者の装備】バックパックでソロキャンプに憧れすぎたブロガーが始めに揃えたギアを公開!

【ソロキャン初心者の装備】バックパックでソロキャンプに憧れすぎたブロガーが始めに揃えたギアを公開!

 

nike(ニケ)
いつもご覧いただきありがとうございます!
すっかりキャンプにハマったnike(ニケ)です。

 

ソロキャンプに憧れてアウトドアを始めると決めてから、急激に熱が加速…!

はじめは少しずつ道具を揃えながらレンタルも併用してやっていく予定でしたが、調べまくっているうちについ欲しくなってしまい、結果ひととおり揃えることに(笑)

もちろん最初からハイクオリティなものばかりを買うことはできませんが、すぐに買い換えてしまうものも嫌なので、メルカリで軍資金も調達しながら購入しました。

 

  • 何を購入するべきか?
  • どの優先順位で買ったらいいのか?

キャンプ初心者あるあるとして、このあたりでかなり迷って考えさせられました。

 

今回は、ネットやYoutubeで先輩キャンパーのアドバイスもさまざま参考にさせていただきながら、実際に僕がどのような流れでキャンプの装備を揃えたのか、まとめていきたいと思います。

 

Youtubeでもひととおり動画でご紹介しています👇

 

ソロキャン初心者の装備|はじめに揃えたギア一覧はこれ!

購入した順の装備一覧はこちら

重要度 ジャンル 購入したギア
バックパック MYSTERY RANCH クーリー40
チェア Helinox チェアワン
マグ snowpeak スタッキングマグ 雪峰
テーブル Moon Lence アルミキャンプテーブル
クッカー Coleman ソロクッカーセット
シェラカップ CAPTAIN STAG チタン製 320ml
ナイフ モーラナイフ
※◎
アルコールストーブセット
ファイヤースターター Bush Craft ファイヤースチール2.0
カトラリー Boundless Voyage チタン5点セット
焚き火台 RSR Naturestove
火吹き棒 Maxboost ポケットふいご
のこぎり BAHCO 396ラップランダー
ランタン キャリーザサン
BRISIE LEDランタン
ヘッドライト GENTOS LEDヘッドライト
ケトル Evernew チタンマグポット500
水筒 NALGENボトル
ウォーターキャリー Evernew ウォーターキャリー2L
浄水器 SAWYER PRODUCTS ミニ浄水器
グローブ ノーブランド 耐熱レザーグローブ
グランドシート オレゴニアンキャンパー
LOCUS GEAR タイベック
クーラーボックス ISUKAフォールドアップクーラーL
テント LOCUS GEAR クフタイベック
シュラフ(寝袋) Hilander ダウンシュラフ400
Naturehike 自動インフレーターピロー
マット SEA TO SUMMIT キャンプマットS.I
圧縮袋 SEA TO SUMMIT ドライザックM
ハンマー WEINAS 真鍮製ヘッド
ペグ Boundless Voyage チタンペグ
ハンガーラック MINIMAL WORKS インディアンハンガーS
※一部収納袋など細かい装備は割愛しているものがあります。

◎:必須
◯:あったほうがいい
△:なくても問題なし

 

僕が初めてキャンプに挑む上で揃えた装備一覧はこんな感じ!

上から順番に購入していきました。

人によってほかにもあったほうが良いものなどあるかと思いますが、必須アイテムなど主な装備は網羅しています。

 

優先順位:最低限デイキャンプができる+どうしても欲しいギア

僕の場合、結果的にわりと一気に揃えることになりましたが、流れとしてはデイキャンプが最低限できる(テント+宿泊系ギア以外)道具から順に揃えていきました。

必須ギアの次に、どうしても欲しいギアです。

 

チェアやファイヤースターターなどがそうですね!

本当に最低限のものだけだと、いまいちモチベーションが上がらなかったり快適さが損なわれてしまうので、バランスが大切だと思います。

マグやチェアなどは家でもすぐに使えるので、こういったアイテムから揃えるのがおすすめ!

 

バックパックでソロキャンプ|主な愛用ギアをご紹介!

バックパック:MYSTERY RANCH クーリー40

【スペック】

・サイズ:約72.4cm×40.6cm×32cm
・容量:40L
・重量:1.7kg

 

クーリー40の特徴
  • 内部にアクセスしやすい3ジップデザイン
  • 「フューチュラヨークシステム」で身体にしっかりフィット&負担軽減
  • 素材に330デニールロービックナイロンを採用することで十分な強度ながら重量は抑えめに
  • クッション性&サポート力抜群のウエストベルトはジッパーポケット付き
  • ストレッチ素材と組み合わせることで収納力を高めた外部ポケット
  • ハイドレーションシステム対応
  • ジップ+ループで必要十分な盗難対策に

 

僕がバックパッキングスタイルのソロキャンプをする上で、ザックに求めたのは

・ほどよくコンパクトな大きさ
・パッキングのしやすさ、外部の拡張性
・背負っているときの快適さ、負担の少なさ
・耐久性、強度

これらの条件を完璧に満たしてくれるのが、クーリー40というモデルでした。

 

 

 

40Lというサイズ感は、テント泊をするには「大きい」部類ではありません。

コンパクト目に荷物を抑える必要が出てきます。

 

ただ、50Lや60Lのものだと背中にとんでもない荷物を抱えているかのようなゴツさが出てしまいます。

そして、キャンプでの快適さも損なうことなく、ある程度コンパクトに過ごすスタイルのキャンプが自分にはしっくり来るなと思ったので40Lがベスト。

 

さすが「バックパックの神様」と呼ばれる方が作り上げたブランドのギア。

使ってみて「長くお世話になるな」ということがすぐに実感できました。

 

 

チェア:Helinox チェアワン

【バックパックでソロキャンプ】愛用ギア|Helinox チェアワン

 

【スペック】

・サイズ:35×10×12cm
・重量:890g(スタッフバッグ含めると960g)
・耐荷重:145kg

 

チェアワンの特徴
  • ポールが連結していて組み立てが簡単
  • スタッフバッグは脚に取り付けて収納スペースに
  • バックパッキングも難なくこなせるコンパクト&軽量さ
  • テントポールで有名な企業のブランドでつくりも安心
  • インドアでもアウトドアでも使えてカラーも豊富

 

唯一価格だけ1万を超えてしまうという難点はあるものの、携帯性と快適さのバランスが非常に良いHelinox チェアワン

軽さだけで比較すると、さらに軽量を極めたチェアゼロもありますが、素材がポリエステルになり座り心地が劣ってしまったのでチェアワンを選びました。

 

アウトドアだけでなく、インドアでも使いたくなるほどの心地よさにハマってしまいました(笑)

 

 

クッカーセット:EVERNEW+Coleman

【バックパックでソロキャンプ】愛用ギア|クッカーセット EVERNEW+Coleman

 

バックパッキングスタイルなので、クッカーセットはとにかく軽量でコンパクトに収まることを重視しています。

1番外側が、Colemanのソロクッカーセット

ゆるキャン△アニメ内で使われているそうで、人気のアイテム。

 

それが理由で選んだわけではないですが、900mlというサイズが炊飯にもラーメンにも料理にも使いやすくとにかく万能。

さらに、注ぎ口がついていてコーヒードリップにも使えたり、コーティングにより汚れが付きづらかったりと利便性も高いです。

 

 

【バックパックでソロキャンプ】愛用ギア|クッカーセット EVERNEW+Coleman

 

湯沸かしセットはEVERNEWを中心にまとめています。

 

蓋が完全に閉まらなくなりますが、マグカップまで逆さ向きに収めることができかなり気に入っています。

アルコールまで入れることができるので、すぐにお湯を沸かすことが可能!

 

もとはColemanのクッカーで湯沸かしもしていましたが、さすがに調理器具が埋まってしまうので湯沸かし専用のマグを購入しました。

EVERNEWのチタンマグ500はサイズ感と軽さで間違いなくベストバイ!

 

在庫切れのことが多い商品ですが、なんとか購入することができました。

 

 

 

テント:LOCUS GEAR クフタイベック

【スペック】

・サイズ:長さ265cm x 幅146cm x 高さ130cm
・重量:440g

クフタイベックの特徴
  • ワンポールテントで設営が簡単(非自立式)
  • 440gと圧倒的軽量!
  • インナーは別売りのシェルター
  • タイベックの和模様が夜ランタンに映える

 

僕がこのテントを選んだ理由として、まずカッコよさ。

ワンポールのティピーの中でも、圧倒的にフォルムがかっこいいと思いました。

 

そして、1kg〜2kg程度のバックパッカー向けテントが多い中で、別売りのインナーを含めても1kgを切る軽さ。

「初心者向け」出なかったことも重要なポイントの1つ。

 

自分の気質的にも、初心者向けを買ってしまうとすぐに買い替えて使わなくなるので実際に中級者以上でも使い続けられている評価のあるものを選択しました。

 

 

焚き火台:RSR Naturestove

【スペック】

・サイズ:22cm x 22cm x 14cm
・重量:164g

Naturestoveの特徴
  • A5サイズ、164gの軽量コンパクトさ(凄い…!)
  • 設置が超簡単
  • チタン製で熱変形しない&チタン焼けが綺麗
  • 上昇気流と輻射熱による燃焼効率の良さ
  • 風防もセットになっていて使いやすい
  • ステンレスメッシュなのでお手入れがラク

 

キャンプと言えば焚き火!というくらい重要度が高いので、焚き火台選びは相当苦労しました…!

「コンパクトでありながらも、しっかりと焚き火をしている感覚は欲しくて料理もできる」

そしてなんとかピコグリル以外にしたい(笑)

結果行き着いたのが、RSRというガレージブランドのNaturestove。

 

価格は上がってしまうものの、「できればチタン製」という理想も叶えてくれた最高の焚き火台です。

とりあえずソロ用として焚き火台を買い換えることはないでしょう。

 

 

さいごに|僕が始めのキャンプギア選びで気をつけたこと

【バックパックでソロキャンプ】僕が始めのキャンプギア選びで気をつけたこと

 

  1. 妥協せず愛着を持てるギアと、価格を抑えてコスパ重視で選ぶギアを分ける
  2. すぐに買い替えるようなただ安いものは買わない
  3. 自分がどんなキャンプスタイルが好きそうかしっかり考える

     

    僕が意識したのはこの3つ。

    まずキャンプスタイルとして、たくさんギアを並べて快適さを突き詰めるよりも、身軽にバックパック1つで行けるスタイルが好みでした。(車を持っていないのもありますが…笑)

    とはいっても、極限のULではなく快適さもできる範囲で整えます。

     

    そしてギア選びの選択について、実際に重視したのは

    ・バックパック
    ・テント
    ・チェア
    ・焚き火台
    ・マット

    このあたり。

    シュラフよりもマットのほうが寝心地に直結するのと、シュラフは一気に価格が跳ね上がるわりにそれなりのものがリーズナブルに買えるので手頃なもので手を打ちました。

    始めから自分に合ったものを選ぶのも難しいですしね!

     

    さいごに、僕はバックパックでキャンプをするスタイルでいこうと思いますが、自転車キャンプというスタイルも挑戦してみたいと思っています。

    共通点としては、どちらもコンパクトな荷物で「身軽な旅」がメインです。

     

    まだまだ始めたばかりですが、ブログやYoutubeで本格的に旅やアウトドアの発信をしていきますので、ぜひ見ていただけると嬉しいです!

    最後までご覧いただきありがとうございました!!

     

     

    Sponsored Links