menu
今日お得なAmazonのセールアイテムはこちら!

ソロキャンプにおすすめな焚き火台5選と選び方【軽量&コンパクトなモデルを厳選】

  • URLをコピーしました!
ソロキャンプにおすすめな焚き火台5選と選び方【軽量&コンパクトなモデルを厳選】
  • ミニマム・コンパクトなスタイルのキャンプに最適な焚き火台を探している
  • バックパックに収納して持ち運べる焚き火台が良い
  • コンパクトでもしっかり焚き火できるようなモデルは?

本記事はこのような方におすすめ!

キャンプにおいて1番の醍醐味と言っても過言ではない「焚き火」

ただ、軽量・コンパクトなキャンプギアが求められるバックパックキャンプでは、焚き火台選びがなかなか難しいですよね…!

今回は、軽量・コンパクトでバックパックキャンプにも持ち運べる焚き火台を厳選して紹介します!

nike

軽量さを重視したULモデルから、コンパクトながらガッツリ焚き火感が味わえるものまで、評判の高いギアだけをまとめました!

目次

【軽量&コンパクト】ソロキャンプにおすすめな焚き火台を選ぶコツ

  • 重量・サイズ感
  • 焚き火の事前準備
  • ガッツリとした焚き火感

軽量・コンパクトな焚き火台選びで気にしたいのがこちらの3点。

「すべての条件を満たす」ことは難しく、トレードオフになるので、「何を重視するのか」考えてみるのがコツです!

重量・サイズ感

軽量・コンパクトでバックパックでも持ち運べる焚き火台の重量は重たくても1kg程度まで。

リュックを背負って歩く時間が長くなればなるほど、軽い方がいいでしょう。

軽量さにこだわる「ULキャンパー」であれば、500g以下で考えるのが目安。

「軽さ」と「ダイナミックな焚き火」は両立するのが難しいので、軽量さか、ガンガン燃やす焚き火か、どちらを重視するかが選ぶ際の大きなポイントになります。

焚き火の事前準備

焚き火台の組み立てにかかる手間もそうですが、コンパクトな焚き火台では薪が大きなままだと入らないことも多いです。

事前に薪をコンパクトにする必要があるかどうかも含めて、どれくらい手間がかかるのかを考えるのがおすすめ!

ガッツリの焚き火感をどこまで求めるか

大きな薪をそのまま焚べて、ガンガン燃やす焚き火。

軽量・コンパクトなバックパックキャンプで、こういったロマンをどこまで求めるか。

おおよそ軽さと両立するのは難しくなりますが、それでも携帯できる範囲で楽しめるモデルもいくつか出ているので、考えるポイントにしてみてください!

【軽量&コンパクト】ソロキャンプにおすすめな焚き火台の一覧

おすすめモデルとスペックの早見表

スクロールできます
ブランドMONORALMONORALPICOGRILLRSR
(River Side Rumbler)
PaaGoWORKS
モデルWireflame FeatherWireflame Solid398Naturestoveニンジャファイアースタンド ソロ
重量本体のみ100 g
収納袋含め125 g
1050 g
(本体+メッシュ)
495 g164 g
(フェルト以外の付属品含む)
275 g
(本体のみ)
収納サイズ13×34 cm27×9×7cm33.5cm×23.5cm×1cm22×18 cm
(A5サイズ)
39×6 cm
使用サイズW43.5×D37×H16.5cmW37×D37×H27.5 cmW38.5×D26×H24.5 cmW22×D22×H14 cmW35×D25×H25 cm
耐荷重500 g10 kg7~8 kg
(スピット使用時)
10 kg4 kg
素材本体:ステンレス 、アルミ合金
メッシュ:チタン
本体:アルミ合金
メッシュ:ステンレス
ステンレス鋼本体:チタン
メッシュ:ステンレス
ステンレス
参考価格
(税込)
18,900円22,000円14,000円16,900円10,450円
購入 Amazon
楽天
Amazon
楽天
Amazon
楽天
Yahoo Amazon
楽天
各製品の比較

【軽量&コンパクト】ソロキャンプにおすすめな焚き火台5選

MONORAL / Wireflame Feather

Wireflame Featherのスペック

重量本体のみ100 g
収納袋含め125 g
使用サイズW43.5×D37×H16.5cm
収納サイズ13×34 cm
耐荷重500 g
素材本体:ステンレス 、アルミ合金
メッシュ:チタン
ABOUT / MONORALについて
MONORALとは?

MONORAL / モノラルは2010年にスタートした日本発のアウトドアギアブランドです。

「こんな方法があったか!」と思わせるような、シンプルで効果的な機能を持ち、かつ人力で運べるアイテムにフォーカスして製品開発をしています。

その心は”マイクロキャンピング”。気が向いたらサッと出かけてキャンプを愉しみ、撤収はバックパック一つ、そんな自由なキャンプスタイルを目指しています。

快適性を犠牲にした縦走スタイルでも、重装備になってしまうオートキャンプでもない、自由と開放感を味わえるアウトドアスタイルを提案していきます。

比較的軽量ながら、アウトドアの楽しさやロマンも損なわないギアで人気の高いMONORAL。

全焚き火台の中でもトップクラスに軽量、そして、直火感覚を楽しみやすいモデルが

Wireflame Feather

UL焚き火台ながら、比較的大きな薪までガンガン燃やせるのも特徴的。

Wireflame Featherはこんな人におすすめ!


  • なるべく重量は軽くULな焚き火台重視
  • 薪を割ったりするのは嫌ではないが最低限にしたい
  • 直火感覚で楽しめる焚き火台が欲しい
  • コンパクトでも焚き火のロマンを味わいたい
\最大15%ポイントアップ!/
Amazon
参考動画はこちら

MONORAL / Wireflame Solid

Wireflame Solidのスペック

重量1050 g
(本体+メッシュ)
使用サイズW37×D37×H27.5 cm
収納サイズ27×9×7cm
耐荷重10 kg
素材本体:アルミ合金
メッシュ:ステンレス

引き続きMONORALの焚き火台。

重量は1kgとギリギリ携帯可能な範囲になりますが、使用サイズからは想像できないほどコンパクトに収納でき、ダイナミックな焚き火を楽しめる

Wireflame Solid

片手で握り込めるサイズになるので、焚き火を重視したキャンプでは間違いなく活躍してくれる1台です。(現在愛用中)

Wireflame Solidはこんな人におすすめ!


  • 焚き火はやっぱりガンガンやりたい
  • 薪割りの手間をなくしたい
  • そこまで焚き火台の軽量さに執着しない
  • デザインのカッコいい焚き火台が良い
参考動画はこちら

ピコグリル / 398

ピコグリル398のスペック

重量495 g
使用サイズW38.5×D26×H24.5 cm
収納サイズ33.5cm×23.5cm×1cm
耐荷重7~8 kg
(スピット使用時)
素材ステンレス鋼
ABOUT / picogrillについて
picogrillとは?

ピコグリルとは、スイスのSnowTrekker Company(通称STC社)が手掛ける焚き火台。
「ハイキングでも焚き火を楽しめるように」というコンセプトから開発されたモデルで、今となっては知らないキャンパーがいないほどの人気と知名度を誇る。

もはや軽量焚き火台において殿堂入りしていると言っても過言ではない

ピコグリル398

他社製で真似て作られた焚き火台もいくつもありますが、「やっぱりこれが良い」と使い続けるファンが多いことが、その凄さを物語っています。

画像の通り、大きな薪をそのまま乗せて使用することができ、調理のしやすさも抜群。

500程度の軽量さと機能性、ロマンのバランスに優れた1台。

ピコグリル398はこんな人におすすめ!


  • ある程度の軽量さと焚き火感のバランスを重視したい
  • 名作ピコグリルに憧れる
  • 調理のしやすい焚き火台が良い
PICOGRILL
¥15,000 (2024/07/13 18:04時点 | Amazon調べ)
\最大15%ポイントアップ!/
Amazon
参考動画はこちら

RSR / Naturestove

Naturestoveのスペック

重量164 g
(フェルト以外の付属品含む)
使用サイズW22×D22×H14 cm
収納サイズ22×18 cm
(A5サイズ)
耐荷重10 kg
素材本体:チタン
メッシュ:ステンレス
ABOUT / RSRについて
picogrillとは?

RSR(RiverSideRambler)とは、「源流野営に適した最低限の装備」をコンセプトとした、軽量・コンパクトなULギアを展開する日本のブランド。
知る人ぞ知る、という感じではありますが、ULキャンパーを中心にファンが増え続けています。

渓流釣りをDNAとして、軽量コンパクトなULギアを製造しているRSR。

UL好きの間でジワジワと広まっているのがNaturestove

チタンのコンパクトで美しいデザインかつ、非常によく考えられたつくりから、ユーザーの圧倒的評価を獲得しています。(現在愛用中)

必要に応じて風防を取り付けられたりと、対応力も高い。

なにより100g台の軽さなので、バックパックや自転車キャンプにもバッチリ持ち運べます。

Naturestoveはこんな人におすすめ!


  • 軽量・コンパクトなチタン製焚き火台が良い
  • 周りとあまり被らないモデルを選びたい
  • バックパックキャンプや自転車キャンプなどに携帯したい
リバーサイド・ランブラー
¥13,750 (2023/09/15 14:57時点 | Yahooショッピング調べ)
参考動画はこちら

PaaGoWORKS / ニンジャファイアースタンド ソロ

ニンジャファイアースタンド ソロのスペック

重量275 g
(本体のみ)
使用サイズW35×D25×H25 cm
収納サイズ39×6 cm
耐荷重4 kg
素材ステンレス
ABOUT / PaaGoWORKSについて
PaaGoWORKSとは?

パーゴワークスは2011年にスタートした日本のアウトドアブランド。震災をきっかけに、長年アウトドアのプロダクトデザイナーとして活躍してきた代表がスタート。ブランド名はLet's pack and go!'' を略した造語に由来しており、「これが欲しかった!」とユーザーに刺さる開発力からファンが多い。

軽量・コンパクト好きの間でファンの多いパーゴワークス。

ピコグリル398に近い形状ながら、重量はさらに軽く好む方も多いメッシュ素材になっています。

市販の薪をそのまま乗せることができるので、手間がなく簡単!

そして、機能性に長けた付属品も大きな魅力。

  • 五徳トング
    五徳としてもトングとしても使える
  • 火吹き棒
    角度を選ばないシリコン製火吹き棒

やや組み立てに慣れが必要なのと、耐荷重は4kgですが、新しい定番焚き火台として愛用されている方も多いモデル。

ニンジャファイアースタンド ソロはこんな人におすすめ!


  • 軽量コンパクトさと焚き火感を両立させたい
  • 薪割りの手間を省きたい
  • バックパックキャンプ、自転車キャンプなどで使いたい
  • メッシュタイプの焚き火台が良い
PaaGo WORKS(パーゴワークス)
¥11,000 (2024/07/13 18:04時点 | Amazon調べ)
\最大15%ポイントアップ!/
Amazon
参考動画はこちら

【まとめ】ソロキャンプにおすすめな軽量・コンパクトな焚き火台

いかがでしたでしょうか?

今回は、軽量・コンパクトでバックパックキャンプにも持ち運べる焚き火台を厳選して紹介しました!

nike

1つでも気に留まる軽量・コンパクトな焚き火台が見つかれば嬉しいです!
キャンプの醍醐味である焚き火を最高のギアと楽しみましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

Amazonの買い物にはギフト券を活用!現金チャージがお得


チャージ金額通常会員プライム会員
5,000円〜0.5%1.0%
20,000円〜1.0%1.5%
40,000円〜1.5%2.0%
90,000円〜2.0%2.5%
※クレジットチャージは0.5%になるので注意!

\ 早く始めるほどお得が積み上がる /

詳しい手順はこちら!
  • こちらから買い物前にギフト券を現金でチャージ
  • 購入したいものを買い物かごへ
  • ギフト券で支払いを済ませる
  • 買い物する度に最大2.5%のポイントGET!
目次