ノマドワーカーになるためにスキルは必要?向き・不向きの特徴とは?【会社員でもなれる!】

nike(ニケ)
いつもご覧いただきありがとうございます!新卒2年で会社員を退職した端くれノマドワーカーのnikeです。

 

・ノマドワーカーに興味があるけど、特別なスキルって必要なの?

・自分がノマドワーカーに向いているかどうか不安…

こういった疑問をお持ちの方に参考になるようまとめています。

 

ここ数年でネットやSNSで見かけるようになりつつある「ノマドワーカー」という言葉。

特に、会社員で自由な働き方に憧れる方や、学生さんで組織に縛られず暮らすライフスタイルを目指されている方は多いのではないでしょうか?

 

実際に僕もそういった背景でノマドワーカーを目指し始めました!

僕がそうだったんですが、どうしても気になるのが「特別スキルのない自分にできるのか…?」ということ。

 

本記事の結論として

ノマドワーカーになるために、今あなたが特別なスキルを持っていなくてもまったく問題ありません!!

 

今回は、なぜ今スキルがなくても誰でもノマドワーカーになれるのか、どんな人におすすめできる働き方なのか、解説していきたいと思います!

 

「今すぐにノマドワーカーになりたい!」という方はこちら!

 

ノマドワーカーとは?|時間と場所に縛られない働き方

ノマドワーカーとは?|時間と場所に縛られない働き方【MoNomad】

カフェで朝活ノマドワーキング

NOMAD(ノマド)とは、英語で「遊牧民・放浪者」表す言葉。

もともとの意味から派生して「ノマドワーカー」という言葉にもなっているように「時間と場所に縛られない」働き方や暮らし方を指すようになりました。

 

ノマドワーカーとしてよくイメージされるのが、フリーランスのように会社に属さず個人で稼いで暮らしている方々。

もちろん彼らもノマドワーカーですが、一方で会社員でもオフィスに出社する必要がなく、リモートワーカーとして好きな場所で働いている方もノマドワーカーと呼ばれています。

ただし、フリーランスのほうが時間的な制約もないことが多いので、より自由度の高いノマドワーカーと言えますね!

 

ノマドワーカーのメリット・デメリット

デメリットは3つ

ノマドワーカーのデメリット
・社会的信用が低い

・経理など事務作業の負担が増える

・高い自己管理能力が問われる

 

フリーランスとしてノマドワーカーになる場合、会社の後ろ盾がなくなる分、社会的信用は低く、ローンなど審査が通りにくくなります。

これから独立してノマドワーカーになる方は、会社員のうちにクレジットの申し込みやローンの申し込みは前倒しでやっておくのがおすすめ!

 

また、仮に税理士をつけたとしても、会社で経理や総務がやってくれていたようなことを一部自分でやらないといけません。

 

そして、働き方が自由になる分、どれくらいのパフォーマンスで働くかは自分次第。

それがそのまま、収入やキャリアに直結してきます。

 

唯一無二のメリット

ノマドワーカーのメリットは、いろいろなものが挙げられていますが、結局1つに集約されます。

 

誰よりもストレスフリーでお得に人生を生きることができる

 

その理由は、人と逆の行動をとることができるから

デメリットはありますが、どう考えてもノマドは最強の生き方だと思ってます。

 

こちらの記事でメリット・デメリットも含めて詳しくまとめているので、ぜひご覧ください!

 

ノマドワーカーになるために今すぐスキルがいらない理由|競争率の低さ

 

ノマドワーカーになるために、今あなたが特別なスキルを持っていなくてもまったく問題ありません!!

 

その理由は

日本は競争率が高くないから。

 

競争率が高くない原因は以下の3つ。

・昔から変わらない均質化教育
ノマドワーカーに役立つスキルが教育に組み込まれていない

・情報不足
人生の選択肢としてだれもが選べることを知らない

・行動力不足
興味があってもほとんどの人が行動しない

 

原因①:昔から変わらない均質化教育

最も大きな根源的問題が「教育」です。

 

これほどまでに移り変わりが早く、世の中に必要とされるスキルも違う。

今後は、一人ひとり社会に何ができるのか、個人の武器を磨かなければいけない時代にも関わらず、小学校から高校までの義務教育では相変わらず、みんな同じ「前ならえ教育」

 

たとえば、ノマドワーカーの方の職種として

 

・プログラマー

・ライター

・ブロガー

・動画編集者

・Webデザイナー

これらが代表例として挙げられますが、1つも必要なスキルを身につけることはできません。

実用性に欠けています。

 

そのため、中国を筆頭にスキルを持った新卒が1年目から年収1,000万というのが当たり前なのに対し、僕たち日本人は月20万とかそのレベルになってしまうわけですね。

 

競争率が高くない1つ目の理由は、義務教育の中でスキルを身につけられないからです。

 

原因②:情報不足

僕は勝手に人生至高のライフスタイルと断言していますが、ノマドワーカーという働き方・暮らし方があり、それが誰でも実現可能であるということをほとんどの人が知りません。

 

あるいは、そう言われたとしても

「そんなことできるわけない」
「自分には無理」

こういった偏見から、さらに深く調べたり踏み込んだりしません。

 

「情報がない」というよりも、自発的に情報をキャッチしないことによる情報不足」が2つ目の理由です。

 

原因③:行動力不足

3つ目の原因が「行動力不足」

仮に興味があったり、情報を知っていたとしても、そこから行動できるのは本当にごく一部です。

 

たとえば、「ブログ」なら興味があっても始められるのは2割以下、さらにそこから継続できるのは5%以下という数字です。

 

ブログに限らず、わりと大半が地道な継続と少しの工夫でうまくいくにも関わらず、多くの人がそもそもスタートラインにすら立たないという現状です。

逆にそういう状況だからこそ、行動し続けた人がうまくいくという状況とも言えます。

 

「ノマドワーカーになるために何から行動するべき?」という方はこちら!

ノマドワーカーに向いていない人の特徴

「ノマドワーカーが誰にでもなれる」とはいえ、もちろん向き・不向きはあります。

ノマドワーカーに向かないと言われている方々に共通する特徴は以下の4つ。

パソコン・スマホなど機械が圧倒的に苦手

パソコンが得意である必要はまったくないのですが、パソコンやスマホに対して拒否反応を示すくらい苦手だと厳しいです。

 

タイピングは今早く打てなくても大丈夫です!

僕も「e-typing」というサイトで練習しました。

 

指の使い方を覚えてある程度打てるようになれば、あとはブログを書きながらだったりやりながらレベルアップしていくので問題なしです。

 

言われたことを黙々とこなすのが得意

人によっては、自分で考えたりするよりも、与えられた仕事を黙々とこなしていく方がいいという方もいます。

 

ノマドワーカーの場合、どんな仕事をするとしても「自分で考えたり創意工夫をする」ということは必須になるので、そういった特徴が自分に合わないという方には不向きかもしれません。

これはどちらのほうが優れているとかいうものではなくて、あくまでどちらが好きか、得意かという話なので、あとはどちらを選ぶかですね!

 

人と同じことをしていないと不安

ノマドワーカーという働き方は、かなりごく一部の少数派です。

 

そのため、ノマドワーカーとして取り組みを始めると、どうしても周囲から理解を得られなかったり、相談できる人がいなかったりします。

 

人と違うことをしたり、一人で物事を進めていくことに不安を抱えやすいタイプの方は、ストレスの原因になり挫折してしまう可能性が高まります。

自分のスキルアップのために自己投資できない

ノマドワーカーになるために、今すぐスキルが必須ではありませんが、スキルを身につけようとすることに力を使うことは必要です。

もちろん、今は無料でもスキルを身につけるための情報を得ることは可能ですが、どこかで必ず投資をしなければいけない部分があります。

 

たとえばブログなら、書き方や稼ぎ方などは実際に稼いでいるブロガーの方が公開してくれていますが、ブログを立ち上げるところだったり、ブログのネタとして何かを買ったり、どっかに行ったりという自己投資は発生します。

 

プログラミングを始められる方であれば、スキルがないと絶対に仕事にならないですし、完全に独学で学ぶのは相当難しいので、オンラインスクールなどに投資する必要が出てきます。

 

このように、目先お金がかかることに対してどうしても投資ができないと、当然スキルが身につくこともなく、成果もでないのでうまくいきません。

ノマドワーカーに向いている人の特徴

ノマドワーカーに向いていない人の特徴の逆が、向いている人になるのですが、そのほかにもいくつか顕著な特徴があります。

自己責任で行動できる

ノマドワーカーの特徴は「自由」であること。

働く場所も時間も自由ですが、その分どれだけ自分がスキルを高めてキャリアアップしていくかもすべて自分の責任です。

 

会社であればある程度教えてもらえることも、基本的にすべて自分から学んでいかないと誰も教えてくれません。

うまくいくのも、失敗するのも自己責任として行動できる方は、ノマドワーカーに向いています。

 

1人の時間が嫌いじゃない

ノマドワーカーは、自分の好きな場所で好きな時に働くのが旨味なので、基本的に一人で仕事をするのが大半です。

 

自分がやっている仕事関係の人脈や、チーム単位のプロジェクトがあったりもするので、完全に孤独というわけではありませんが、普段の作業は一人なので、みんなで仕事をしたり、だれかと一緒に何かをやらないと作業がはかどらないというタイプの人には向いていません。

 

「学生時代にテスト勉強は友達と一緒じゃないとできなかった…」

という方は厳しめかも。

 

一方で、一人で読書をしたり、旅をしたり、こんな経験のある一人の時間が嫌いじゃない方にはおすすめです!

自分で考えて決断したい

会社などで、上司やほかの人が決めたことをやらされるのに、ストレスを感じたり違和感を覚えたりするタイプの方は、確実にノマドワーカーを目指すべきです。

というのも、僕が極端にそうだったので(笑)

 

「自己責任」が前提にはなりますが、なにをするにも自分で決めて行動していきたい!という方には個人的にも特におすすめしたいです!

 

【超重要】ノマドワーカーになるために「今始める」こと

本記事の結論として

 

ノマドワーカーになるために、今あなたに特別なスキルはなくても問題ありません。

 

「競争率が高くない」ことが理由でした!

 

ノマドワーカーに向いている人の特徴
・自己責任で行動できる

・1人の時間が嫌いじゃない

・自分で考えて決断したい

 

ノマドワーカーは、まだまだ認知度が高くない上に、興味があっても行動をしない人が大半です。

そのため、「まずノマドワーカーになるための行動を始める」ことの重要性が極端に高いです。

 

もちろん、その後の継続や工夫なども大切ですが、それさえ始めなければ考える余地もないです。

 

最後に少しだけネタバレをすると、どんな仕事をやるうえでも「ブログ」は絶対にやるべき項目ですよ!

最後までご覧いただきありがとうございました!

Sponsored Links