【RAVPOWER RP-PC133】MacBookユーザーは必携のコンパクト充電器をレビュー!

【RAVPOWER RP-PC133】Macbookユーザーは必携のコンパクト充電器をレビュー!

 

nike(ニケ)
いつもご覧いただきありがとうございます!
ミニマルなモノやガジェット好きなnike(ニケ)です。

 

MacBook純正の充電器ってデカくて重い上に、ポートが1つのみなので正直使い勝手がよくないです。。

特に、持ち運ぶ際はしんどすぎですよね!

 

そんなMacBookユーザーに超おすすめな充電器が「RAVPOWER RP-PC133」

RP-PC133のポイント
  • コンパクト&軽量
  • 最大出力65Wとハイパワー
  • USB-C/USB-Aの2ポートで使いやすい
  • 電力配分の最適化、過充電防止など高機能

今回は、MacBookユーザーが普段使いにも外出用にも1台持っておきたい「RAVPOWER RP-PC133」をレビューしていきます!

 

 

RAVPOWER RP-PC133をレビュー!

ミニマルな外観と基本スペックについて

【RAVPOWER RP-PC133】Macbookユーザーは必携のコンパクト充電器をレビュー!

 

とてもミニマルでかわいい見た目。

正方形で角も曲線になっています。

コンセントプラグは折りたたみ式なので、持ち運びにも便利!

 

「RAVPOWER RP-PC133」の基本スペックは以下

基本スペック一覧
  • サイズ:幅55mm x 高さ55mm x 奥行き31.5mm
  • 重量:約120 g
  • ポート数:2ポート (USB-C×1 / USB-A×1)
  • 出力:USB-Cポート 最大65W / USB-Aポート 最大 18W
  • カラー展開:ブラック/ホワイト

 

【RAVPOWER RP-PC133】Macbookユーザーは必携のコンパクト充電器をレビュー!

 

裏側には、65Wを示す数字が彫られています。

RAVPowerからは、ほかにも90W2ポートのモデルなど、用途に合わせて様々なラインナップが用意されているので、いくつか保有したときにわかりやすくていいなと思いました!

 

 

これ以上求めるものがないほどの機能性の高さ

【RAVPOWER RP-PC133】Macbookユーザーは必携のコンパクト充電器をレビュー!

 

USB-CとUSB-Aのポートがそれぞれ1つずつ搭載されていますが、これが使ってみると絶妙にバランスが良いです。

なるべくすべてUSB-Cで統一はしたいなと思いながらも、まだまだUSB-Aを使うことは多いので、どちらか片方だと困るんですよね、、

でもいくつも持ち運びたくはないので、1つずつあるのがありがたいところ。

 

ちなみに、出力の計算については下記のような仕様になります。

  • USB-Cポートの出力が45W以上の場合
    →60W(USB-C)と5W(USB-A)の計65W
  • USB-Cポートの出力が45W以下の場合
    →45W(USB-C)と18W(USB-A)の計63W

わかりづらいですが、たとえばMacbook ProとiPhone 11Proを充電した場合、

・MacBook Proは最大60W
iPhone 11Proは最大5W

で充電されるということ。

 

 

「RAVPOWER RP-PC133」に使用されているのは、窒化ガリウム(GaN)という次世代の新素材。

これによって、よりコンパクトでハイパワーな設計を実現しています。

 

また、RAVPower特有のPD Pioneer Technologyでは自動で端末に応じて最適な出力を計算してくれるので、無駄なく最短で充電可能!

過電流保護、過熱防止、ショート防止などのマルチ保護システムも搭載されていて、機能的にはこれ以上ないというほどのクオリティです。

 

端末ごとの充電時間目安は下記です。

  • MacBook Pro 15インチ (2018):約2時間8分(20V)
  • iPhone 11:約1時間49分(9V)
  • iPad Pro (2018 / 11インチ):約2時間15分(15V)
  • Galaxy Note 9: 約1時間46分(9V)

 

Apple純正の充電器と比較してみる

【RAVPOWER RP-PC133】Macbookユーザーは必携のコンパクト充電器をレビュー!

 

Apple純正の充電器と比べてみると、その差は明らかです!

2回り以上違いますね。

 

RAVPOWER RP-PC133 Macbook Pro 13インチ 純正
価格 約4,600円 約7,300円
重さ 約120g 約194g
出力 最大65W 最大61W

 

項目別に比べてみても、「RAVPOWER RP-PC133」の圧勝です。

純正の充電器を持ち運び続けるのは、一瞬で諦めました(笑)

 

【RAVPOWER RP-PC133】Macbookユーザーは必携のコンパクト充電器をレビュー!

 

重ねて比較してみるとこんな感じ!

いざ持って比べてみると、実際のサイズの差以上に違いがあるように感じます。

 

RAVPOWER RP-PC133のレビューまとめ!

【RAVPOWER RP-PC133】Macbookユーザーは必携のコンパクト充電器をレビュー!

 

僕は純正の充電器が嫌すぎて、MacBook Proを購入する前から充電器を先に購入していましたが、特に持ち運びの多いMacBookユーザーには強力なアイテムです。

僕は出力と大きさのバランスから「RAVPOWER RP-PC133」が個人的にベストでした!

iPhoneやiPad Proも驚異的なスピードで充電できるので助かっています。

 

もう少し大きくても高出力を優先したい!という方や自宅での利用がメイン!という方には最大出力が90WでUSB-Cが2ポートのRAVPower RP-PC128もあるので、用途に合わせてどちらか選ぶのがおすすめです!

 

 

 

Sponsored Links