【誤解があるかも?】ミニマリストとシンプリストの違いや特徴【自分に向いているのはどっち?】

【誤解があるかも?】ミニマリストとシンプリストの違いや特徴【自分に向いているのはどっち?】

 

nike(ニケ)
いつもご覧いただきありがとうございます!
ミニマリストブロガーのnike(ニケ)です。

 

ミニマリストやらシンプリストやら、似たような個人の属性を表現する言葉が増えましたね(笑)

今回は一見分かりづらい「ミニマリストとシンプリストの違い」についてなんですが、この記事を書こうと思ったのはネット上でまとめられている記事がほとんど誤解されていたから。。

 

別に誤解されているからといって何か致命的な影響があるわけではないですが、一応それぞれの本質というか、何者なのかということは把握したほうがいいかなと思っています。

もしイマイチ違いがわかりづらく、どっちのスタンスが自分に合うのか迷っている方がいらっしゃれば参考にしてみてください。

 

 

【結論】ミニマリストとシンプリストの違い

 

「ミニマリストはとにかくモノを減らして最小限、シンプリストはそこまで減らすことに執着がなくスッキリしていればOK!」

こんな感じの説明がよくネットでされている誤解の典型です。。

イメージとして間違ってはいないのですが、本質がズレている。

 

あくまで僕の認識ですが、腑に落ちているのは「思想か嗜好か」という違い。

超わかりづらいまとめだと思いますので、それぞれ詳しくみていきましょう!

 

ミニマリスト=「思想」「考え方」

よくミニマリストは「減らす人」だとイメージされがちですが、正しくは「残す人」です。

「一緒でしょ!」と言われてしまうかもしれませんが、ここが重要。

目的が違います。

 

自分の時間やお金など限られたものを一部のものに集中させるために、「自分にとって不要なモノ」を減らしていく考え方です。

あくまで目的は大事なものを残すことであり、減らすのはそのための手段でしかありません。

 

そしてもう1つ大事なのは、人によって最適な最小限は異なるということです。

洗濯機や冷蔵庫まで捨てたほうが快適なミニマリストもいれば、絶対あったほうがいいという人ももちろんいます。

今世の中で目立っているミニマリストが仙人のようなミニマリストなだけであって、ミニマリストだからこうでなければいけないということは一切ありません。

 

シンプリスト=「趣味」「嗜好」

一方シンプリストは、思想ではなく好みの範疇。

 

無印良品に代表されるような、ロゴさえもないシンプルなデザインのものが好き

インテリアやファッションなど統一感のある色味や雰囲気でスッキリと見せたい

モノがごちゃごちゃしているのは嫌

 

具体的にはこういった特徴や好みの方が、シンプリストと呼ばれていますね。

 

【注意】ミニマリストかシンプリストかの2択ではない!

 

ミニマリストとシンプリストは並列で考えられることが多いですが、これも違います。

理由は、「思想と嗜好」だから。

 

ミニマリストの考え方を持ちながら、好みはシンプリストというパターンもありますね。

というか、個人的には多くの方がこのパターンだと思っています(笑)

ただ難しいですね、世の中的には両方の肩書を名乗るのは違和感なので。。

 

大切なのは、あまりどっちにしようかと重たく考える必要はないということかなと思います。

 

ミニマリストとシンプリストの違いや特徴|自分に合っているのは?

 

1つ前に書いたとおり、ミニマリストとシンプリストはどちらかを選ぶものではありません。

とはいえ、やっぱり肩書としてはどちらかになることが多いと思いますし、おそらく自分としても1つのほうがラクですよね!

 

ミニマリストは思想なので、よくも悪くも自分の暮らし方と向き合うことが多いです。

「これって本当に必要なの?」

「自分が残すべきものって何だろう?」

 

いちいちこういうことを考えるのが逆にストレスになるかも。

インテリアやファッションなど目に見えるところがスッキリとしていれば良い!

という方は、ミニマリストではなくシンプリストが合うのではないでしょうか?

 

今回は、ミニマリストとシンプリストの違いや特徴についてまとめました。

少しでも参考になれば嬉しいです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

 

Sponsored Links