ミニマリストにキャンプを強くおすすめしたい5つの理由と選ぶべきキャンプ道具

ミニマリストにキャンプを強くおすすめしたい理由と選ぶべきキャンプ道具

 

nike(ニケ)
いつもご覧いただきありがとうございます!
アウトドア・旅好きブロガーのnike(ニケ)です。

 

今回は、ミニマリストにキャンプをおすすめしたい理由について!

よほど苦手でないのなら、絶対に体験するべきとすら思っています(笑)

 

実はミニマリストとキャンプってびっくりするくらい相性が良いんですよね!

もし今あなたが何か新しいことにチャレンジしたり、没頭できるような趣味を見つけたいなら、ぜひ候補に入れてみてほしいです。

 

僕自身キャンプを始めてみて、自分にとってのミニマリズム(=何を残すか)が明確になり本当に良かったと思っています。

そんな自分の経験も含めてご紹介していきます。

 

 

ミニマリストがなぜキャンプ?|僕がおすすめする5つの理由

① 最高の価値体験・原点回帰

ミニマリストがなぜキャンプ?|僕がおすすめする5つの理由 最高の価値体験・原点回帰

朝の山で光合成の図

 

「ミニマリストはモノではなくコト、体験に投資するべきだ」とよく言われていますが、キャンプは最高の価値体験だと思います。

ちなみに、この格言のような言葉には半分反対。

なぜなら、コトをするためにモノは必要ですからね(笑)

モノなくしてことは成り立ちません。

 

普段自分たちの暮らしがいかに便利(or便利すぎる)か身を持って体験します。

文明の利器に頼らない「ブッシュクラフト」というキャンプスタイルなどであれば、「火のありがたみ」や「食をいただく」という感覚がよくわかるでしょう。

ある意味人類の原点に少しだけ近づいたようにも感じます。

 

② 自分に不要なものの気づき・再確認

毎日毎日暮らしている中で「絶対にもっといらないものがあるはず…!」と思うのですが、いざ減らそうと思ってもなかなか減らないことってよくありますよね!

そんなときは、いったんなくしてみることです。

とはいえ、実際に捨ててしまっては後から後悔する可能性もあります。

 

キャンプでは、普段周りにあるはずのものがだいたいありません(笑)

あえて不便な環境で過ごすわけですが、それによって自宅では気づかない発見があります。

「確かにあると便利だけど、なくても良さそうだな!」

 

逆にやっぱりこれは自分にとって大切だという気づきもあるかもしれません。

このような意味も含めて、キャンプでの時間は特別だと思うのです。

 

③ 日常のノイズ(騒音)から強制的に離れられる

 

ミニマリストであれば、誰しも「暮らしの中で触れたくないもの」があるのではないでしょうか?

いわゆる、自分にとっての騒音ですね。

僕の場合は、他人の愚痴やゴシップ系のネタがそうです。

 

日常生活の中では、自分から避けるようにはしていても一方的に情報が入ってきてしまうこともあります。

キャンプでもスマホは持っていきますが、やるべきことがたくさんあるので触れている時間は圧倒的に少ないです。

自分が嫌だと思うことを強制的に排除できる環境づくり、これがミニマリストにキャンプをおすすめする理由の1つ。

 

④ キャンプギアはミニマリストと相性が良い

 

「キャンプを始めるとなると、モノが増えちゃう…!」と不安に思われるかもしれません。

ただ、ちゃんと選べばキャンプギアはミニマリストにとって超おすすめアイテムなんです!

選び方については後ほどご紹介していきますが、キャンプ以外に自宅やレジャー、旅でも汎用的に使えるものも多いんです。

また、万が一の防災グッズとしても、ひととおりキャンプ用品を持っておくと安心!

 

汎用的で機能的、おまけに丈夫で長く使えるキャンプギアなら、ミニマリストの暮らしの中でもただモノが増えるというわけではなく、しっかり活用できます。

 

以下の記事で、ミニマリストの方が日常生活で使いたいアウトドアアイテムをご紹介しました!

 

⑤ 自分と向き合うことができる(特にソロキャンプ)

キャンプでは焚き火をずっといじりながら炎を眺める時間があったり、普段は考えないようなことを考える時間もあります。

考えないほうが良いこともあるかもしれませんが、よくも悪くも自分と向き合うきっかけになります。

好きか嫌いかではなく、そういった時間が僕にとってはとても大切。

 

ひたすら自然の中でリフレッシュするキャンプもいいですし、たまには場所を変えて考えるきっかけづくりとしてのキャンプもおすすめです。

 

ミニマリストはどんなキャンプを始めるべき?|おすすめはUL

 

実はひとことでキャンプと言っても、人によってスタイルは様々。

ただ、ミニマリストのためにあると言っても過言ではないようなスタイルの人気が高まりつつあります。

それが、「UL(=Ultra Light)キャンプ」「ミニマムキャンプ」と呼ばれるもの。

 

名前のとおり、軽量&コンパクトなキャンプ用品でバックパック1つで行くようなスタイルです。

「必要最小限の道具を厳選する」というコンセプトが、ミニマリストと完全に一致します。

僕もまだまだ減らせる余地はあるものの、断然UL派。

 

ULキャンプについては以下の記事で詳しくまとめましたので、興味がある方は覗いてみてください!

 

ミニマリストが購入するキャンプギア選びのポイント

 

キャンプを始める際には、別の記事で詳しくキャンプ用品の選び方についてご紹介していますので、今回はサラッと頭の片隅に置く程度で大丈夫です!

大雑把に選び方のポイントを把握しておきましょう!

 

以下の記事で、どうすればキャンプに行けるのかが誰でもわかるように詳しくまとめています。

 

軽量&コンパクト

やはりキャンプへ行く際に、荷物が少ない・軽いということはメリットでしかありません。

よくありがちな失敗パターンとして、準備や撤収の作業がめんどくさすぎてキャンプに行かなくなるというのがあります。

 

この記事では「軽量&コンパクト」の定義は省略しますが、購入する前に重量や収納サイズはチェックしておきたいですね!

 

自宅や他のアクティビティでも使える汎用性の高さ

どうしてもキャンプでしか使えないものもありますが、なるべくなら自宅や他のアクティビティ(登山やレジャー)などでも活躍するキャンプ用品を選ぶのがおすすめ!

キャンプ始め方の記事でもご紹介していますが、僕がまず購入したのはチタン製のマグカップやチェア。

自宅でもすぐに使えて、キャンプ感が少し楽しめます(笑)

 

こんな感じで、購入する順番についてもひと工夫すると楽しいですよ!

 

モノが少ないからこそ1点ずつ選ぶ

キャンプ道具もたくさん持っていかないからこそ、1つ1つこだわり抜いて厳選するミニマリスト的な楽しみがあります。

だとすると、安いものや初心者が購入するものをとりあえず購入するのはあまりおすすめしません。

そうは言っても、僕がキャンプを始めたときはお店に行ってもただ種類が多いだけで、どれを選べばいいかわからなかったし意外にもハマるものが見つかりませんでした。

 

実際に購入する際に僕が候補にしていたものを含めて、まさにミニマリストキャンパー向きなキャンプ道具だけを厳選して各アイテムまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

 

 

さいごに|ミニマリストだからキャンプで味わえる魅力が数多

 

僕もそれほどストイックなミニマリストではありませんが、それでもミニマリストの考え方がうまくキャンプにはまって楽しさや魅力を実感できるようになりました。

まだまだこれからキャンプの深みがわかるようになると思うとゾクゾクします(笑)

残念ながらどれだけ文章にしても伝えきれない部分がありすぎるので、ご友人を巻き込んででもぜひ体験してみてください!

 

僕も初めてのキャンプはソロではなく2人で行きました!

もしこの記事が少しでもキャンプを始めるきっかけになりましたら、ぜひYoutubeやInstagramで一言コメントいただけると嬉しいです!

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

 

Sponsored Links