【覗き見防止】LOEのMacBook用プライバシーフィルター(保護フィルム)をレビュー!

【覗き見防止】LOEのMacBook用プライバシーフィルター(保護フィルム)をレビュー!

 

nike(ニケ)
いつもご覧いただきありがとうございます!
Apple製品が毎日欠かせないnike(ニケ)です。

 

外でMacBookを使っていて、周りの目が気になったことはありませんか?

Macをディスられるという意味ではなく…覗き見のほうです!笑

 

正直まわりの人も悪意があるわけではないはずですが、やはりちょっと気になったり、視界に入ってしまうことも多いはず。

情報保護という役割ももちろん、外でも気にせず作業を進められるという意味で、覗き見防止の「プライバシー保護フィルター」はMacBookユーザーにオススメです!

反射防止やブルーライトカットなどの効果もあるので、負担の軽減にもなります。

 

今回は僕が愛用しているLOE プライバシー保護フィルターをレビューしていきます!

細部の精度や保護もかなりの品質でマグネットによる着脱式なので、覗き見防止ならこれがおすすめ!

全種類のMacBookに対応したサイズが用意されているので、ぜひチェックしてみてください。

 

 

 

 

運営者のプライバシーフィルターの用途や役割について

【覗き見防止】MacBookのプライバシーフィルター(保護フィルム)をレビュー【これで安心!】

 

僕の場合使い方が少し特徴なので、まずはじめにその前提についてご紹介します。

そもそも、LOE プライバシー保護フィルターの下に貼り付け式の保護フィルムを使っています。

 

それがこちらのフィルム

 

 

常に貼り付けている保護フィルムと、場合によって着脱可能なマグネット式のフィルターを併用しているということになります。

 

  • 常に画面は守っておきたい
  • 覗き見防止は外したいときもあるので着脱式がいい

理由としてはこんな感じ。

 

ただ、ここで注意点があります。

貼り付け式のものをアンチグレア(非光沢)にすると、上から覗き見防止フィルターをつけたときに見づらくなるので、同じように併用することを想定する際は光沢の貼り付けフィルムを選びましょう!

 

僕は写真や動画の編集という用途でもMacBook Proを使っていて、色味が違って見えてしまうことがあるため基本アンチグレアは使いません。

外出時は色味を見たいときだけ、覗き見防止フィルターを外せるので便利!

 

また、夜間でなるべく目の負担を減らしたいときには自宅でもLOE プライバシー保護フィルターを着用しています。

 

LOEのMacBook用プライバシーフィルター|梱包・開封

【覗き見防止】LOEのMacBook用プライバシーフィルター(保護フィルム)をレビュー!

 

パッケージの外観です。

梱包紙もかなりがっちりしていて厚みがあるので安心!

個人的にデザインも好き。

 

【覗き見防止】LOEのMacBook用プライバシーフィルター(保護フィルム)をレビュー!

 

こちらが同梱物一覧。

フィルム本体はサラサラとした袋に包まれていて、とても丁寧な印象を受けました。

 

 

もともと付属のクリーナーのほかに、外付けでちょっと質の良さげなクリーナーとお手紙がついていました。

ありがたい限りです…!

 

ここからはフィルムについて詳しくみていきます。

 

LOEのMacBook用プライバシーフィルターをレビュー!

外観:細部まで丁寧なつくり

【覗き見防止】LOEのMacBook用プライバシーフィルター(保護フィルム)をレビュー!

 

LOE プライバシー保護フィルターを触ってみてすぐに感じたのは、「作りの良さ」

素材はすべて国内のものを使用して作られているということで、納得しました。

 

 

【覗き見防止】LOEのMacBook用プライバシーフィルター(保護フィルム)をレビュー!

 

少し見づらいかもしれませんが、こちらがマグネット部分。

角の丸みやフラットな直線がとてもきれいです。

 

【覗き見防止】LOEのMacBook用プライバシーフィルター(保護フィルム)をレビュー!外観

 

取り付けた状態がこちら。

少し下の方につけて、そこから上にずらしていくとピタッと合います。

 

【覗き見防止】LOEのMacBook用プライバシーフィルター(保護フィルム)をレビュー!

 

画面の隅々まで、とてもかっちりとハマってくれるクオリティの高さ。

とても好印象!

 

 

LOE プライバシー保護フィルターをつけた状態で、MacBook Proを閉じた画像です。

黒のスキンシールも貼っているのでわかりづらいですが、わずかに隙間ができます。

 

ただ、これは僕がはじめにご紹介したように別の保護フィルムと併用しているため。

この状態でも持ち運べるし、スリープも機能するので正直問題なし。

 

ちなみに、スキンシールはwraplusという国内ブランドのものです。

 

覗き見防止の精度をチェック!

 

覗き見防止の性能については、上の画像のように自分の左右30°ずつが保護できます。

実際にどのような見え方になるのか、チェックしてみました!

 

【覗き見防止】LOEのMacBook用プライバシーフィルター(保護フィルム)をレビュー!

 

正面から見た構図

少し斜め上からなので、実際に作業するときの視点はこんな感じだと思います。

※上の「覗き見防止フィルムなし」の画像にも貼り付け式の光沢フィルムを貼ってある状態

 

やや明るさは落ちますが、まずアンチグレアタイプなのでギラツキが軽減され、目の負担もラクに感じます。

正面から作業する分には一切見えづらいようなことはありません。

 

【覗き見防止】LOEのMacBook用プライバシーフィルター(保護フィルム)をレビュー!

 

次に、少し角度をつけて右斜から見た図。

角度としては、右方向に30°を超えたくらいだと思います。

 

自分に近い画面側のディスプレイは若干見えますが、ほとんど何をやっているのかはわからないレベルです。

自分の真隣にゼロ距離で人がくっついた場合、こんな感じで見えます。

そんなことないとは思いますが(笑)

 

【覗き見防止】LOEのMacBook用プライバシーフィルター(保護フィルム)をレビュー!

 

1つ前の構図から更にずらしてみると、一気に何も見えなくなります。

こちらの見え方は、座席間隔が比較的狭いカフェで隣同士に座った場合の視点です。

 

LOEのMacBookのプライバシーフィルター|メリット・デメリット

デメリット

デメリット
  • 価格がお高め
  • 取外して持ち運ぶときはやや注意が必要

 

150%満足していますが、デメリットとしてはまず「価格」が高めであること。

3700円程度ですが、一般的なフィルム比べると高いですよね…

同じ覗き見防止フィルムの中で比べると、ほとんど変わらないか、300円程度高いくらい。

 

そして、どのプライバシーフィルターも同じですが、取り外して持ち運ぶ際は注意が必要です。

ペラペラさせた状態でカバンに入れたりすると、何かがぶつかったタイミングで角が折れる可能性があります。

LOE プライバシー保護フィルターは比較的しなやかで柔軟性に長けているので、折れにくいとは感じました。

 

とはいえ、持ち運び時はできるだけ取り付けた状態のほうが無難でしょう!

 

メリット

メリット
  • 場所を気にせず作業ができるようになる
  • 自分が使いたいタイミングでアンチグレアにできる着脱式
  • フィルムとしてのクオリティの高さ

 

実際に使ってみて、単純な機能以上にメリットが大きいと感じました。

なにか作業をするときに、なるべく空いた場所をがんばって探すこともよくありましたが、今では場所をそこまで気にする必要もありません。

また、少し空いた時間でMacBook Proを開こうと思っても、周囲のひと目が気になって控えたりすることもなくなりました。

 

自宅で作業をするときにも、長時間の作業が続くときは着用してブルーライトをカットできるメリットはありがたいです。

そしてフィルム自体のクオリティは口コミからもわかるとおり折り紙付き。

 

 

さいごに|少し値は張るが自信を持っておすすめできるフィルム

 

LOE プライバシー保護フィルターは外出時にもMacBookを使うことが多い方や、アンチグレアを着脱式で使いたい方にはぜひ使ってみてほしいプライバシーフィルターです。

せっかく持ち運びに適したラップトップを使っているなら、外でもハイパフォーマンスで作業を行いたいですよね!

 

僕と同じように写真や動画の編集をされる方は、貼り付け式の光沢のフィルムと併用するのもおすすめです。

ぜひチェックしてみてください!

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

 

Sponsored Links