Amazon 今日お得なタイムセールはこちら

【まさにオールインワン】HOLICC One バックパックをレビュー!【クラウドファンディングで大反響!】

【まさにオールインワン】HOLICCのバックパックOneをレビュー!【クラウドファンディングで大反響!】

旅や仕事のお供になるバックパックでは

  • 機能性
  • 快適性
  • 耐久性
  • 収納力

どれも欠かせず妥協したくないポイントですよね。

そんな中、バックパックにこだわりたい方必見の「これぞまさにオールインワン!」というモデルが登場!

HOLICC One

バックパックに求める条件全部入り!と言えるほどのパフォーマンスを発揮してくれる仕上がり。

それもそのはず、HOLICC Oneはクラウドファンディングにて圧倒的支援額を集め大反響だったアイテムなんです。
(詳細は後ほど)

普段から圧縮袋を愛用中のHOLICCですが、今回は話題となったバックパックOneの特徴や使用感を詳しくレビューしていきます!

目次

About HOLICC|旅好きによる旅好きのためのブランド

HOLICCは2020年にスタートした「旅しながら働く」ライフスタイルを応援するブランド。

本気で仕事して、本気で旅して、本気で遊ぶ。

夢中になって仕事も旅も全力で楽しむ人のためのブランド。

ブランド名も「中毒」を意味する英語の「holic(ホリック)」から来ています。

社員の半分以上が世界一周を経験し、代表の方は140カ国をも回っているというまさに旅中毒集団(笑)

そんなHOLICCが旅アイテムを通じて掲げるのは

「旅と仕事の境目のない生き方を、普通の選択肢にする。」 ということ。

僕のライフスタイルの核にもなっている、時間や場所に縛られない働き方=ノマド的な考え方でとても共感しました。

旅アイテムを通じて、そういった次世代のライフスタイルを広めていく。

これがブランドのテーマでもあります。

クラウドファンディングでは第1弾のPackbag、第2弾のPackBag+でも多くの支援を集めました。

話題を呼んだ本気の圧縮袋も必見です!

そして、満を持して旅好き集団がこだわり抜いたバックパックOne

旅好きのかゆいところに手が届くような実用性や機能性の高さから、なんと支援額は1000万超え…!

これだけのファンを惹きつけた魅力を1つずつ紐解いていきましょう!

HOLICC バックパックOne|外観・スペック

HOLICC バックパックOne|外観・スペック
前面

Oneの基本スペック

サイズW28 x H46 x D13cm
重量1.4 kg
容量16L + 圧縮部分12L + 拡張メッシュポケット
素材表地:CODURA® Ultralight(シリコンコーティング)
   ポリエステル、ナイロン
裏地:ナイロン ※全て撥水性のある素材を使用
販売サイト公式:https://holicc.jp/products/one

注目すべきは容量。

通常時は16Lと比較的スリムですが、拡張+圧縮の機能を使うことで外観をキープしつつ、実質プラス12L分の収納力を得ることができます。

HOLICC バックパックOne|外観・スペック
背面

HOLICC バックパックOne|特徴と機能

収納力:すべての荷物を最適な場所へ

HOLICC バックパックOne|前面収納
フロントの圧縮機能付きスペース

HOLICC Oneの特徴の中でもポイントになっているのが収納力。

たくさん入るのはもちろん、効率的かつ最適にそれぞれの荷物を整理しながらまとめることができます。

HOLICC バックパックOne|止水ファスナーポケット
止水ファスナーポケット
HOLICC バックパックOne|前面収納
伸縮性のある仕切り

前面の広々したスペースは大きさ関係なく様々なアイテムをパッキングすることができます。

特に衣類を想定したつくりになっていて、濡れたものも気にせず分けられるような止水ファスナーや、仕切りなど細やかな配慮が目立ちます。

HOLICC バックパックOne|サイド外観
HOLICC バックパックOne|コの字型メイン収納
コの字型メイン収納

バックパック中央の収納は2階建て構造になっています。

仕切りがないとどうしても無駄になるデッドスペースが生まれがち。

前面は開放的にしつつ、中央は仕切って効率性を高めるデザインが良いなと思いました。

フルサイズのミラーレス一眼も収納できる程度のサイズになっています。

HOLICC バックパックOne|ボトルストッカー
ボトルストッカー
HOLICC バックパックOne|サイド外観

反対サイドにはボトルをスッキリ内部に入れ込めるスペースも。

内部が撥水性の素材になっているので、ペットボトルなど水気からメイン収納の持ち物を守ります。

ボトル収納は欲しいけれど、横に膨らむのは嫌だったので、まさにというスペース。

もちろんメイン収納と分けたいものであれば幅広いモノを入れられますよ!

HOLICC バックパックOne|PC・タブレット収納
背面のPC・タブレットスペース
HOLICC バックパックOne|小物オーガナイザー
小物類を一気に整理できるオーガナイザー

PC・タブレットスペースには、15〜16インチまでのものが収納可能。

特にソフトケースなどいれることなく、裸のままでもまったく問題ありません。

中央2階は小物類をまとめられるオーガナイザー。

ポーチ要らずでケーブルや充電機器、文房具などを持ち運べます。

HOLICC バックパックOne|拡張メッシュポケット
拡張メッシュポケット
HOLICC バックパックOne|シークレットポケット
シークレットポケット

革新的なのが、「拡張メッシュポケット」

入りきらない荷物はもちろん、汚れたサンダルや濡れた折りたたみ傘、上着などを持ち運ぶのに便利。

かゆいところに手が届くような目からうろこの新機能でした。

背面にはセキュリティ性の高いシークレットポケット。

財布やパスポートなど、海外旅行でも必須になるスペースもばっちり。

機能性:荷物の圧縮機能付きスペース

HOLICC バックパックOne|圧縮機能付き収納

フロント収納の下側にもう1つジップが。

ここに拡張&圧縮機能が備わっています。

圧縮袋から始まったHOLICCというブランドですが、そのDNAがこのバックパックOneにも受け継がれています。

HOLICC 公式より

単純に容量を拡張できるだけのバックパックは多いですが、そこからさらに圧縮してスマートさを維持することができる進化形。

容量としては公式によるとTシャツ17枚分!

冬でも3泊分の荷物を携帯可能とのことでした。

もう少し細かく分けたいという場合は、圧縮袋PackBag+を使用したバッグインバッグ収納もおすすめです!

あわせて読みたい
HOLICC PackBag+ 話題の圧縮袋が進化して登場!もはや暮らしのマストアイテムに… 2021年の買ってよかったモノ年間総合ランキングでも第4位にランクインしたHOLICCのPackBag。 「圧縮袋をこだわり抜くとこんなに便利になるのか…」と感動したアイテムで...

耐久性:本格アウトドア素材を採用

HOLICC バックパックOne|シルナイロンコーデュラ

Oneに採用されているシルナイロンコーデュラは、本格派アウトドア用品(テントなど)や軍用品としても使われるようなハイスペック素材です。

コーデュラファブリックはアメリカのインビスタ社が製造販売している独自素材。
どこの工場でも作れるものではなく、インビスタ社が認めた限られた生地工場、生地パートナーでしか生産できません。

摩擦や引き裂きに強いのが特徴ですが、そこからさらにシリコンコーティングを施すことで、撥水性も高められています。

さらに、肌触りがサラサラとしていて、触れて気持ちのいい素材!

快適性:超低反発フォームで負担を軽減

HOLICC バックパックOne|超低反発フォーム

ショルダーハーネスと背面パッドはうまく負担を軽減する構造になっています。

超低反発フォームが採用され、衝撃吸収性に優れているため、長時間の着用でも負担を最小限に。

背負ってみると心地よさとともにその優秀さが体感できますよ!

HOLICC バックパックOne|使用感

HOLICC バックパックOne|着用感

実際に使っていて、とにかく汎用性の高さを強烈に感じました。

仕事などデイリーユースから、数泊の旅や出張まで万能にこなします。

高い収納力を誇りながらも、圧縮機能も活用すれば外観は常にスマート。

多少無理やり突っ込んでも、頑丈な素材なので安心感があります。

HOLICC バックパックOne|パッキング例

パッキング例としてはこんな感じ。

左3分の2 / 毎日持ち運ぶアイテム
右3分の1 / 旅行や出張時に衣類を持ち運ぶ圧縮袋PackBag+

用途に応じて必要なものを足し引きしながら、幅広いシーンで活用することができます。

HOLICC バックパックOne|小物収納
散らかりがちな充電機器・小物
HOLICC バックパックOne|小物収納
オーガナイザーに収納した状態

写真左の小物類も、オーガナイザーに収納してみればご覧の通り。

「え?これで入れてるの?」ってくらいゆとりがありますよね。

圧倒的収納力!

HOLICC バックパックOne|PackBag+

中央のメイン収納にはPackBag+のSサイズがシンデレラフィットするので、このパッキングがお気に入り!

強いて気になる点があるとすると、この間口が若干窮屈に感じるということでしょうか。

特にフルサイズミラーレス一眼を収納する際、入るけど取り出しづらさがあります。
※小さめのAPS-Cやコンデジであれば問題なさそう

ちなみに、PackBag+のSサイズは衣類以外にも普段使いしやすいので1つ持っておくと便利!

あわせて読みたい
HOLICC PackBag+ 話題の圧縮袋が進化して登場!もはや暮らしのマストアイテムに… 2021年の買ってよかったモノ年間総合ランキングでも第4位にランクインしたHOLICCのPackBag。 「圧縮袋をこだわり抜くとこんなに便利になるのか…」と感動したアイテムで...

HOLICC バックパックOne|購入者の評判

あらゆるニーズに応えるためのさまざまな工夫が組み込まれた、ほぼ完璧なバッグだと思いました。特に狭いスペースを上手に区切って圧縮した衣類とパソコンなどデリケートな荷物を一緒に収納できるのには感動しました。また登山用リュックのように荷物をいろいろ詰めても重く感じないように工夫されているところも素晴らしいです。撥水機能、頑丈さ、高級感が揃っているのでどんな場面でも使うことができそうですし長持ちしそうです。以前購入した圧縮バッグを入れることもできます。

唯一気になったのは、上の中央部分の小物入れの口が狭いので中が見にくいところでしょうか。中を濡らしてしまったり汚してしまうと面倒な事になるなと思いました。そうならないように丁寧に使うようにします。

公式サイトより

思った通りの機能で、大変満足しています。大々的に謳っていない機能でも、例えば、オーガナイザーの中のキーホルダーなど、ここにあったらなあ、と思ってジッパーを開けると本当にあり、感動しました。これからも良い商品を期待しています。

公式サイトより

現在、Oneを使って4泊の旅行中。大量の服や着替えが入るので大満足。メインの収納が上と下に分かれているのも、普段使いには便利です。希望をあえていうと、完全止水ジップにしてもらえると安心なのと、下か横に三脚を留めれるようなベルトがあると活用の範囲が広まると思います。

公式サイトより

\ クラウドファンディングで大反響 /

HOLICC バックパックOne|まさに「オールインワン」

HOLICC バックパックOne|オールインワン

バックパックにおける「オールインワン」ってこういうことだよね!

Oneはそう感じさせてくれるバックパックでした。

一度も試したことのない人たちがクラウドファンディングでポチってしまうのも納得の逸品。

「これさえあれば!」というバックパックを求めるユーザーにとって、間違いなく候補に入るモデルでしょう!

ぜひチェックしてみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!


Amazonの買い物にはギフト券を活用!現金チャージがお得


チャージ金額通常会員プライム会員
5,000円〜0.5%1.0%
20,000円〜1.0%1.5%
40,000円〜1.5%2.0%
90,000円〜2.0%2.5%
※クレジットチャージは0.5%になるので注意!

\ 早く始めるほどお得が積み上がる /

目次
閉じる