Apple純製「MagSafeバッテリーパック」は買うな!コスパで選ぶなら絶対こっち。

Apple純製「MagSafeバッテリーパック」は買うな!コスパで選ぶなら絶対こっち。

 

こんにちは!nike(ニケ)です。

突如発表されたAppleの新製品。

MagSafeバッテリーパック

 

ケーブルを必要としないシームレスな充電&純正ということで期待した人も多いと思います。

が、結論から言うと「買うべきではない」ですね…

 

・生粋のガジェット好き
・Appleの売上に貢献したい信者

以外はほとんど選ぶ理由がないです(笑)

 

今回は、MagSafeバッテリーパックがおすすめできない理由と、今選ぶならこっち!という代替アイテムをご紹介していきます。

 

nike(ニケ)
僕もApple製品が暮らしに欠かせないApple好きですが、今回はさすがにスルーです(笑)

 

 

Apple純製 MagSafeバッテリーパック|スペック・特徴まとめ

 

MagSafeバッテリーパックのスペック
  • サイズ:約6.4W × 9.6H ×1.1D (cm)
  • 重量:117g
  • バッテリー容量:1460mAh(11.13Wh)
  • 最大出力
    5W(通常使用時)
    15W(27W以上の充電器使用時)
  • 対応製品:iPhone12〜
  • 機能
    iPhoneを充電状態で装着すると逆充電可能

 

Apple純製 MagSafeバッテリーパック|買うべきでない理由

価格:高すぎる…

まず、純粋に高すぎる(笑)

価格だけみてスルーしてもいいくらい。

高いのがApple製品の共通点とはいえ、モバイルバッテリーでこれは…という感じ。

お財布にゆとりがあっても僕は絶対買いません。

 

機能性:遅いし容量も頼りない

充電速度はワイヤレスなので仕方ありませんが、最大5Wで時間がかかります。

具体的には、iPhone 12miniが3時間弱で7割程度までしか充電できません。

そう、そもそもminiでさえ100%充電はできないわけです。

iPhone12 ProやPro MAXであれば4〜5割

 

そこまでしてMagSafeバッテリーパックにこだわる必要があるでしょうか(いやない)

 

純正であるメリットがそれほどない

 

純正のメリットをあげるならば、「純正を使っている」というメンタルくらい(笑)

iPhoneのウィジェットやApple Watchの表示など、たしかに他社製品に比べて連携はあれど、だから便利になったと言えるほどでもない。

こういった細かいUIがテンション上がるガジェット好きにはいいかもしれません。

 

AppleCare+で大丈夫?Apple製品を賢く守る方法

 

iPhoneやApple Watchを購入する際に、AppleCare+に入っていますか?

Appleユーザー
  • 高いから入っていないけど、万が一のリスクは心配
  • AppleCare+に入っていないアイテムを壊してしまった…
  • できればiPhoneは裸で使いたいけど、落とす危険がなぁ

こういったケースはApple製品あるあるだと思います。

 

AppleCare+は高い上に期限もあるので、正直あまり効果を実感できる人が少ないのも事実。

ただ、AppleCare+以外の選択肢として、モバイル保険というのも候補に入れるべき有力な手段。

 

モバイル保険の特徴
  • 月額700円で好きな端末を3台まで補償
  • 半永久的に補償が続く
  • 端末を乗り換えても登録を切り替えればOK!
  • 全損でも補償あり!

 

 

個人的にはどちらか保険に入るならモバイル保険一択ですが、人によって状況は様々だと思うので、ぜひ比べてどちらがお得か確かめてみてください!

 

 

Apple純製 MagSafeバッテリーパック|代わりに買うならこっち

 

「Apple純正」にさえこだわらなければ、絶対にコスパの高いこちらを選ぶべきというアイテム。

Anker PowerCore Magnetic 5000

 

まず価格。

¥3,990とMagSafeバッテリーパックに比べて約3分の1

そしてバッテリー容量は5,000mAhでiPhone 12miniがちゃんと満充電できる容量。

要するに、MagSafe対応のバッテリーで選ぶならAnkerのほうがコスパで圧勝しているということ。

 

いや、それにしても今回のMagSafeバッテリーパックは信者度合いが試されるアイテムですね。

参考になれば嬉しいです!ではまた!

 

 

Sponsored Links