夢と現実の区別がつかなくなる日は近い!夢をコントロールする「InstaDreamer」

今回は衝撃の一品をご紹介します!
夢をコントロールすることができる「InstaDreamer」という製品です。

皆さんは夢を見ることはありますか?もしくは夢を覚えていますか?
筆者はわりと夢を見ることが多く、そしてなんの夢だったのかも覚えていることが多いです。
しかし、覚えているといっても抜け落ちていることも多いですし、なんとなく朝のうちしか覚えていないということも多々、、、

この「InstaDreamer」はそんな状態をコントロールすることができるのです。
まず寝ている人の睡眠状態をモニタリングし、、夢を見ていることを感知するのです。
そして、夢を見ている状態のベストタイミングで、より夢の感覚を神経に伝えるために緩やかな刺激を与えることで、夢の中の意識が神経とマッチしより強固になります。

腕に着用するタイプのガジェットですが、違和感にならないように睡眠の邪魔をしない設計になっています。睡眠系の機器というと頭に着用したりするイメージが強いですが、頭だと邪魔ですし、研究にはいいかもしれませんが、日常生活においてはあまり現実的ではありません。

夢についてはまだまだわかっていないことも多いようですが、寝ている人が夢をみているかどうかということに関しては、脳波から科学的にわかっているようです。

もちろんスマホとの連携も可能となっています。
スタンドアローンで起動するので、寝ている間はbluethoothやwi-fiと繋いでいなくても自動的に端末にデータを蓄積しておき、繋いだときにまとめてデータを送信するという仕組みになっています。基本的に電波は体にあまり良くないので、この設計もとても考えられているなと思います。



もしかしたら、「悪い夢だったら覚えてたくないし、現実的になるのも困る、、」と心配している方もいらっしゃるかもしれませんが、ここにこのデバイスの凄さがあります。

なんと、体温や脈拍、動きを検知して睡眠の周期に合わせて、寝ている人にとっていい夢が見られるように誘導してくれるというのです。

ライターからひとこと

現代のテクノロジーもついにここまで来たかという感じです。
筆者は高校時代に、「より楽に知識が身につくように、寝ている間に夢の中で勉強して起きたら不思議とレベルアップしていたらいいのにね」と友人と冗談半分で話していましたが、このデバイスを知ったときはそれが現実になるのも近いのではないかと鳥肌が立ちました。

クラウドファンディングのKICKSTARTERでぜひチェックしてみてください!!
最後までご覧いただきありがとうございました。

Source:KICKSTARTER

Sponsored Links