2年に1回の充電でOK! 米で話題のスマートウォッチ「GLIGO」

最近は「ミニマル」ということをテーマに記事を書いておりましたが、ちょうどアメリカのクラウドファンディングで注目されているスマートウォッチがまさにミニマルデザインだったのでご紹介します。

「GLIGO E-Ink Smartwatch」

まず、このスマートウォッチの最大の特徴が、バッテリーの持続時間の長さです。
フルで充電してある状態から、時計機能を使うだけであれば2年もバッテリーが持続します。
後ほど紹介しますが、時計以外の様々な機能を使ったとしても180日程度は持つようです。
他のスマートウォッチと比べると、その持続精度は群を抜いています。

では、機能が少ないのかというとそんなことはありません。
驚くほど多機能というわけではありませんが、必要十分な機能はついていますし、その機能のデザイン性には目を見張るものがあります。
スケジュール管理、心拍数測定、睡眠トラッキング、スマホの着信通知、アラームなど、基本的な機能は漏れなくついています。




その中でも、「おっ!」と惹かれたのがスケジュール管理機能です。
予定が埋まっている時間帯は文字盤に予定があることが表示され、ひと目で把握することができます。

そして、デジタルの弱点でもある、外でのディスプレイの見にくさというところも見事に克服しています。

表示も黒と白があり、切り替えることが可能です。
とても洗練されていると感じます。

もちろん防水機能も備わっていて、水深30mまで使用可能です。

個人的に素直に欲しいと思ってしまいました。
製品化されて日本でも販売された際には、店頭にて要チェックの一品だと思います。
最後までご覧いただきありがとうございました。

Source:indiegogo

Sponsored Links