いつものイヤフォンをワイヤレスに audio-technica ワイヤレスヘッドホンアンプ

audio-technica ワイヤレスヘッドホンアンプ AT-PHA55BT

読者の皆さんは音楽のある生活を楽しんでいますか?
私は音楽がない生活など考えられないほど、生活の一部となっています。

ところで、皆さんは音楽を何で聞いていますか?
ほとんどの方がスマホで聞いているのではないでしょうか。

私は普段galaxy note8で音楽を聞いていますが、音楽を先送りしたり、ボリュームを調整したりするのにいちいちスマホのロックを解除しなければならず、手間だなあと感じていました。

私はなんとかポケットに入れていますが、最近のスマホはディスプレイが大きいものが多く、できればカバンにしまっておきたい人も多いはずです。
そうなると、スマホをいちいち取り出すのはとてもめんどう…

そんなわけで購入を検討しているのが、
audio-technica AT-PHA55BT です。

最初から、ワイヤレスのイヤフォンを買えば良いのでは?と考えられる人もいるかも知れません。確かにそれも1つの手ではありますよね。
しかし、いろいろなものを試しましたが、いまいち音質に納得がいきませんでした。
今使用しているものがとても気に入っており、愛着もあります(笑)

このワイヤレスヘッドホンアンプは、自分のイヤホンやヘッドホンをつなぐことで、スマホなどの端末とBluetoothで接続し、ワイヤレスでいつもの音楽を聞くことができます。

もはやスマホで聞いているという感覚はなくなってしまうと思います。
朝の通勤や通学で満員電車でも、これなら快適にプレーヤーの操作が可能になります。

裏側には、服などに挟むことができるように付属品がついていますので、胸ポケットなどがなくても手軽に装着することができます。

気になる音質ですが、ポータブルアンプはそもそも本体からの出力を増強し、音質を改善するものなのでワイヤレスでも心配はありません。

以下詳細です⇩

  • 鮮明な音像と充分な出力でワイヤレス音質はもっと良くなる。
    DAC、アンプ部には原音に忠実な再現能力で定評のあるHi-FiグレードのESS社製ES9118を実装。ワイヤレス伝送された入力信号側からのクロックを制御し、ジッターを抑制することで透明度の高い澄んだ音質を実現します。また、ボディにはアルミニウムハウジングを採用し不要な共振を抑えます。
  • 50mW+50mW 高出カヘッドホンアンプ。
    接続するヘッドホンのポテンシャルを存分に引き出します。
  • LDAC/aptX/AAC対応。
    高品質なデータ伝送を実現するオーディオコーデックに対応。
  • 出力抵抗値モード切り替えスイッチ。
    ドライバー特性に合わせて出力抵抗を選択できます。
  • 32ステップの多段階デジタルボリューム。
    楽曲ごとにこだわった音量レベルまで繊細に調整可能。
  • 動作状況を表示するLEDインジケーター。
    接続中のコーデックや電池残量などを表示します。
  • 不要共振を抑えるアルミニウムハウジングを採用。
  • 最大8時間の連続再生が可能。

もちろんお手持ちのイヤホンとの相性等はあると思いますので、気になった方はぜひお近くの家電量販店で視聴してみてください!

最後までご覧いただきありがとうございました。

Sponsored Links